終末のワルキューレ

【終末のワルキューレ】61話のネタバレ【ハデスのバイデントが最終形態に!!!】

終末のワルキューレ61話の要約と注目ポイントをまとめています。61話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、はじめの一歩の内容を振り返りたい方はご活用ください。

終末のワルキューレ61話のネタバレ

ベルゼブブが実験を行っていた。

実験体がカプセルを破りベルゼブブに襲いかかるが腕が切り落とされ、ベルゼブブに「脆弱いな、また廃棄か」と言われてしまう。

実験体が逃げ出すと、謎の男に止められ始末されてしまう。

謎の男の正体はアダマスだった。アダマスはベルゼブブの装置のおかげで生き延びていたのであった。

アダマスが「波旬のような伝説の怪物まで作っていったい何がしたいんだ?」と聞くと、 ベルゼブブは「この僕を殺してくれるものを作りたいだけだよ」と言い放つ。

アダマスベルゼブブの表情に恐ろしさを感じながらも「試合見ねえのか?」と聞くと、ベルゼブブは「意味ないよ、だってハデスさんが負けるところなんて想像つかないから」と答え、アダマスもベルゼブブの意見に同意だった。

始皇帝の強さに人類たちは湧き、春燕も試合を観ていた。

ハデスは始皇帝の強さを認め「余も冥界の王として応えよう」とバイデントで自らの体を斬り血が噴き出ていく。

ハデスは「あやつほど頼りになる神をわしは知らん」「勝つためならどんな犠牲をも厭わない、それが冥王ハデスじゃ」とハデスの勝利を信じきっていた。

ハデスがポセイドンと同じく歌を唄っていく。そして、同じように血で髪をかき上げていった。

ハデスが始皇帝の空気弾を喰らうが、気の流れを動かしていく。

ハデスは「当たっていることが分かれば所詮は空気」「気の流れを乱されぬよう対処してしまえばどうということはない」と始皇帝の空気弾を攻略していったのである。

アレスがハデスが始皇帝の波流亀を視認するために全身を血で塗ったのかと理解すると、ヘルメスはハデス様の血はそれだけではないと伝えた。ハデスの血がバイデントに集まっていく。

ハデスの血通称プルートイーコールはその血が流れ込んだ神器はハデスの生命エネルギーを宿し、さらに強力な神器となる。ただ、強力な反面生命エネルギーが枯れたらハデスは死んでしまうというリスクも含んでいた。ハデスがイーコール・デスモスを完成させる。

そして、イーコール・エーオースを放った。

承力天鳳で防ごうとするが、防ぐことはできず喰らってしまう。

ハデスはあやつ達の兄として「余は負けられぬのだ」と言い放つ。

<<前の話 61話 次の話>>

【終末のワルキューレ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】終末のワルキューレのネタバレ記事をこちらにまとめています。終末のワルキューレの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 終...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    是非、『終末のワルキューレ異聞 呂布奉先飛将伝』をネタバレして欲しい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。