終末のワルキューレ

【終末のワルキューレ】57話のネタバレ【始皇帝の素顔が明らかに】

終末のワルキューレ57話のネタバレを掲載しています。57話では、始皇帝の過去が明らかになる。ハデスは始皇帝の受け流しを強引に力で破っていった。終末のワルキューレ57話の内容を知りたい方はご覧ください。

終末のワルキューレ57話のネタバレ

王とはなんだ?

蚩尤。それは中国の古代神話や書物に様々な形で登場する山海経では、四目六臂の人身牛頭の妖怪。述異記では、鉄や石を食らう銅頭鉄額の戦闘神。一方で斉国周辺の民衆には弩・剣・戟・矛・鎧の五兵を発明した「戦神」、あるいは「武神」として祀られてきた。

はたしてそれは真実なのか?否。中華において王は王に成るのではない、王であることを許されていた。魔神・蚩尤によって。

史記曰く、始皇二六年(紀元前220年)。秦王天下統一を宣言せし後、東方巡幸を断行。その途上、ひとり秦山に登り天命を受けた帝王のみが行える封禅の儀を執り行い、武神・蚩尤を祀りし也。はたして封禅の儀とはいかなる儀式であったか?泰山の山頂でいったい何があったのか?その真実を知る者は始皇帝ただひとり。

蚩尤が「やっときたか」「貴様が六国を滅ぼした秦王か」「ずいぶん若いな?」と始皇帝を出迎える。

蚩尤が「ふん、胆力はなかなかだな」「今までの王は儂の姿を見ただけで震え上がっておったからな」「まあよい」「生贄を1万人儂に跪け、さすれば中華の皇帝たるを許してやろう」と告げると、始皇帝は「贄ならすでに用意してある」と棺を投げていく。

始皇帝が飛ばした贄をつかんだ蚩尤は「何のつもりだ?この土人形は」と贄が人間でないことに気づく。

始皇帝が「秦の土は美味いぞ?いくらでも喰らうがよい」と言うと、蚩尤は土人形を食らい「まずい」「くくく小僧、まだよく分かっておらぬようだな?」「神たるワシの許しなくして中華は始まらぬのだ」「これまでの中華の王は皆そうしてきた」「貴様もただ従えばよいのだ」と告げると、始皇帝は「不好」「その面、その声、その思いあがり、かような醜悪なものに跪くくらいなら死を選ぶ」と返す。蚩尤が「貴様、神に向かい何を言っておるか分かっているのか?」と返すと、始皇帝は「自らを神などと烏滸がましいぞ、この人食いの化け物が」「今までの王は王に非ず」「おまえを倒し、朕が始まりの王となろう」と言い放ち、蚩尤は「驕るなよ、この痴れ者が」と対峙していった。

始皇帝VS蚩尤。その身を削り合う死闘は丸6日間続いた。そして、魔神・蚩尤敗北。

その瞬間、中華の歴史は人の手に渡った。始皇二八年、秦王泰山にて封禅の儀を執り行い始皇帝と号す。

ゲルが「す、凄い、凄いっスよ」「あのハデス様をふっ飛ばすなんて」「でも何なんスか、さっきの技?」「何がどうなったのか」と混乱していると、ブリュンヒルデが「あれこそ始皇帝が魔神・蚩尤との闘いの最中会得した妙技」「5つの体系からなる究極の武術、その名を蚩尤」と説明する。

アレスが「あ、あのときと一緒だ」「オレも気づいたら投げられていた」「あの人間、ハデス様相手に同じことをやりおった」「それにしてもあのハデス様に一撃を食らわすとはいったいどういう技だ?」と困惑していると、ヘルメスが「見たところ、ハデス様の剛の一撃を受け流しハデス様にそのまま返した」「と、口で言うのは簡単ですがハデス様相手にそんな芸当ができる人間、いえ神でさえわたしは知りません」と説明し、アレスは「つまり、ハデス様が受けたのはハデス様ご自身の剛力」と理解していく。

顔面から血を流しながら立ち上がるハデスが「始皇帝、だったか?」「ひとつ聞かせろ、貴様にとって王とはなんだ?」と問うと、始皇帝は「惑わず、曲げず、頼らず」「常に民の先頭に立ち続ける、それが王である」と答える。

それを聞いたハデスは高笑いし出し、始皇帝もつられてともに大笑いを始める。

始皇帝が「はぁ」「で、何が可笑しいのだ?」と問うと、ハデスは「くっく」「あまりに貴様が余の知り合いと似ていてな」「その者はどんな神よりも気高く、誰よりも真っ直ぐで、そして誰よりも王の称号にふさわしい神であった」「我が弟、海の王ポセイドン」「その名にかけて、兄である余が人の王如きに屈するわけにはゆかぬのだ」と槍を構えていく。





渾身の振り下ろしの一撃

「剛の槍」を身上とするハデス。その異質な構えから放たれる一撃。すなわちそれは、刺突ではなく槍本来の闘い方。冥界の王渾身の振り下ろしの一撃である。ハデスは大地を砕きし者を繰り出した。

始皇帝は「蚩尤 鎧式」と唱え承力天鳳で応じようとする。

アレスが「ま、まずい」「またあの技で返されてしまうぞ」と慌てるが、ヘルメスは「いえ、それはどうでしょう」と見ており、ハデスは「受けきってみよ、人の王よ」と渾身の一撃を繰り出した。

アレスが「だめだ、受け流される」と叫ぶが、ハデスの力の入れ方を見て「下へ潰す力に後へ引く力を加えて強引に受け流させない」と気づいた。

ハデスが「余は冥界の王、ハデス」「圧し、潰れろ」と強引に潰していく。

始皇帝は地面に伏し動けなくなっていたが、血を吐きながらもなんとか立ち上がる。

始皇帝が「ベトベトする、血まみれではないか」「不好」とつぶやくと、ハデスが「まだ闘るか?人の王よ」と言い、始皇帝は「無問題」と返す。

中華の王たちが敬礼をすると、始皇帝が「さて、続きをしようか?冥界の王」と言い放つ。

<<前の話 57話 次の話>>

【終末のワルキューレ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】終末のワルキューレのネタバレ記事をこちらにまとめています。終末のワルキューレの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 終...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。