終末のワルキューレ

【終末のワルキューレ】55話のネタバレ【ラグナロク第7回戦が始皇帝VSハデスに決定】

終末のワルキューレ55話のネタバレを掲載しています。55話では、ブリュンヒルデは7回戦の神側闘士がハデスであることを知る。最強の相手を前に、ブリュンヒルデが選んだ闘士は始皇帝だった。終末のワルキューレ55話の内容を知りたい方はご覧ください。

終末のワルキューレ55話のネタバレ

ジョーカー

ブリュンヒルデは「これで再び3勝3敗」「釈迦様が人類側で勝利したことで神々は動揺している」「一気に畳み掛けるチャンス」とチャンスを感じ取っていた。

ゲルが「でも良かったッスね、釈迦様治療に時間はかかるけど命に別状はなくて」「あんな大怪我なのにすごい生命力ッスよ」と言うと、ブリュンヒルデは「ええ、さすが釈迦様です」と返しながらアカシックレコードルームに入り、すると部屋の中にもう一人のブリュンヒルデを発見する。

ブリュンヒルデが「私の服を勝手に着て、ここで何をしているのですか」「ノストラダムス」と怒りを露わにすると、ノストラダムスが変装を解く。

ノストラダムスが「予言しよう、このラグナロク、勝利するのは神側であると」と言い放つと、ゲルが「じ、人類が負けるってことッスか!?」と驚愕し、ノストラダムスは「ぷっ、クフフフ」「信じた」「そっちの姉ちゃんいまめっちゃ信じていたよね?超ウケる〜」と吹き出していく。

ゲルが「ひ、ヒルデ姉さま、なんなんスかこいつー!?」「なんかめっちゃムカつくッス」と顔を真っ赤にすると、ブリュンヒルデは「見ての通りですよ、ゲル」「今目の前にいるのは人類史上最高に不愉快な漢です」「しかも残念なことにクソ強い」と伝えた。ゲルが「こ、このお姉さまの服を勝手に着ていた変態が強い?マジすか?」と信じられずにいると、ブリュンヒルデは「そう、この変態がです」「ですがあまりおイタがすぎれば、代表から外して冥界に帰ってもらいましょうか」と宣告する。それを聞いたノストラダムスが「ええ、そんなァ」「僕、ヘルヘイムの化物にあんなことやこんなことされて、本当は身も心もボロボロで、せっかくブリュちゃんが人類代表に選んでくれて天界へ来たのに」と悲しむが、ブリュンヒルデは「見え透いたウソはやめなさい」「あなたがその気になればいつでも戻ってこれたはずです、門番を殺してでも」と嘘を見抜き、ノストラダムスは「まあね〜」「なんだかんだであっちもいろいろ結構面白くてさ」と笑ってみせた。

ゲルが「ちょ、ちょっと待ってくださいッス」「こ、この人人間スよね?」「なんでヘルヘイムに?」と疑問を口にすると、ブリュンヒルデは「ノストラダムスは神の禁忌を犯し、人類で唯一冥界に堕とされた人間なのです」と伝える。ゲルが「か、神の禁忌を犯したって何をしたんスか?」と青ざめていると、ブリュンヒルデは「「虹と闇の門」の破壊」と告げた。

天界・冥界・地上界。世界はこの3つの層から成り立っている。そして、神々の住まう世界である天界と冥界を繋ぐ回廊に存在する門。門扉は天界側では闇を映し、冥界側では虹色の光を放つ。それが虹と闇の門。

かつて凄惨な戦争を繰り広げた天界と冥界が互いの侵略を禁じるために門を建設。以来、この門をくぐり冥界に堕ちたものは二度と天界には戻ることを許されず、通行できるのはハデス・ゼウス・オーディンなどの主神級のみ。いわば地獄の釜の蓋である。

ゲルが「び、ビフレストを壊すってな、何でそんなことを?」とドン引きしていると、ノストラダムスは「結局途中で止められちゃったんだけどね〜」「いやぁ、壊したらどうなるのかな〜って」「僕で思い付いたら何でも自分で確かめたくなる性質でさ」と笑顔で語り、ゲルは「さ、最凶の愉快犯キタァアアア」と恐れおののいていた。

ブリュンヒルデが「で、何の用ですか?まだ答えてもらってませんよ?」と尋ねると、ノストラダムスは「ああそうそう、僕の出番まだかなーって思って」と答えるが、ブリュンヒルデは「いえ、出番はまだまだ先です」「あなたは我々のジョーカーですから」と答えていった。





朕の在るところ、これすなわち玉座なり

するとブリュンヒルデの端末に通知が入り、第7戦の神側闘士がハデスであることを知る。

ノストラダムスが「へぇ、冥王様も天界に来てたんだ、神様たちも本気だね、早く見た〜い」とテンションを上げ、ゲルが「釈迦様の代わりってことッすか?ハデス様なんてズルっす」「あの冥界の王相手に勝てる人間なんているわけないっス」とわめき、ブリュンヒルデは二人をはね退けながら「いえ、ひとりだけいます」「目には目を、歯には歯を、そして王には王を」「冥界の王に対抗できるのはすべての始まりの王たるこの漢だけです」と代表者を選んでいった。

ブリュンヒルデが選んだ代表者は壁を突き破りながら「ふむ、ここも違う」「朕の控室はどこだったかな?」「む?おお、ここだ、ここに違いない」とVIP席に入っていった。

VIP席のアレスが「ふう、それにしてもあの冥界の王たるハデス様が直々に出場してくださるとは」「お前の期待にも応えてやりたいところだったがな、ヘルメス」と言うと、ヘルメスは「え?」「ああ、ハイ、まさか本気で出陣なさるつもりでしたか?命びろいしましたね」と返し、アレスじゃ「ええ!?ちょっとォ、やめなさいよ」「そういう所良くないんだからね、お前は」とゾッとしていた。

アレスは「ったくもう」「だが、これで第7戦の勝利は鉄板だな」「しかもどうだ、この闘技場の荘厳さ」と闘技場に目をやった。

ヘルメスが「問題はブリュンヒルデがどう出るか?ですね」と言うと、アレスは「ふん、誰がこようと同じだ」「ハデス様の御前に額をこすりつけ、赦しを乞う様が目に見えるわ」と高笑いをし、すると一人の人間がVIP席に座り「ハオ、良い椅子だ」と言い放った。

アレスが「お、おい、誰だ?」「なんか当然のように座ってるぞ、ハデス様の席なのに」とヘルメスに確認すると、ヘルメスは「さあ、人間のようですが」「迷子ですかね?」と返していった。アレスが「迷子かァ〜?ったく」「おいおまえ、ここは主神VIP席だぞ?」「人類側観客席はあっちだ、ホラ」「オレが連れてってや」と手を伸ばした瞬間、体が宙に浮き地面に叩きつけられた。

ヘルメスが「アレス兄様を軽々と、この人間何者?」と考えていると、人間は「頭が高い」と言い放つ。

さすがのヘルメスも「は?」と困惑していると、始皇帝は「ここが何処であろうと関係ない」「朕の在るところ、これすなわち玉座なり」と言い放った。

<<前の話 55話 次の話>>

【終末のワルキューレ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】終末のワルキューレのネタバレ記事をこちらにまとめています。終末のワルキューレの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 終...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。