終末のワルキューレ

【終末のワルキューレ】49話のネタバレ【第六天魔王波旬が降臨|ベルゼブブの姿が明らかに】

終末のワルキューレ49話のネタバレを掲載しています。49話では、零福が冥界の狂戦士、第六天魔王波旬として生まれ変わる。そして、神側闘士のベルゼブブの姿も明らかに。終末のワルキューレ49話の内容を知りたい方はご覧ください。

終末のワルキューレ49話のネタバレ

零福本来の姿

ゲルが「おねえさま、零福が何かおかしいっスよ!?」と言うが、ブリュンヒルデは「いえ、あれこそが零福本来の姿です」と答える。

零福が「ああ、なんてぼくは、幸せなんだ」と感じながら「ぼく、もう一度信じてみるよ」「ボクがやりたかったことを、ボクが幸せにしてあげたかった人たちを」「ボクがボクを、好きになれるように」と笑いながら言うが、零福から取れた角が突如突き刺さり、零福に異変が生じていく。

零福が不可思議な体勢で立ち上がる。

そして、頭から生えてきた角が体内に入っていく。

零福が「や、やだ」「ぼくは、ぼくは、ぼくは」とつぶやいていくが、突如「我」と口調が変わり、体内から二匹の龍が現れる。





第六天魔王 波旬

零福が二頭の龍に囲まれていく。

そして、中から何かが出てくる。

その瞬間、咄嗟に釈迦が飛び退いたのは未来が視えたから。否、何も視えなかったからに他ならない。

神側闘士のベルゼブブが「へぇ、あれがこうなるのか」「興味深い」「「白き光と黒き陰混ざりし時、冥府の角目覚め常しえの闇生まれん」」「冥界伝説の狂戦士」「第六天魔王 波旬」とつぶやいていた。

波旬が「天誅也」と言い放つ。

<<前の話 49話 次の話>>

【終末のワルキューレ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】終末のワルキューレのネタバレ記事をこちらにまとめています。終末のワルキューレの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 終...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。