終末のワルキューレ

【終末のワルキューレ】48話のネタバレ【釈迦が零福を撃破!?】

終末のワルキューレ48話のネタバレを掲載しています。48話では、釈迦の言葉を聞いた零福が「釈迦みたいになりたかったんだ」と悟っていく。釈迦との戦いに幸せを見出せた零福は、釈迦と殴り合いの戦いを繰り広げる。終末のワルキューレ48話の内容を知りたい方はご覧ください。

終末のワルキューレ48話のネタバレ

自分を愛すんだよ

零福がブチギレながら斧を振るう。

まったく攻撃が当たらない零福が「なんだよ?」「当たれよ」「当たれ、当たれ、当たれ」と武器を変形させていく。

釈迦が「ん〜、コレじゃ受けきれないか」「廻れ六道」と唱え、六道棍 壱之道 天道如意観音ローカパーラを繰り出す。

釈迦は「やっぱ打ち合いだよ、なァッ」と真っ向から挑んでいく。

ヘイルダムが「ちょ、超接近戦」「釈迦と零福が真正面から削り合う」「ご、互角」「いや、釈迦が未来視によりわずかに上回るかー!?」と実況していく。

零福が「この、卑怯者が」と武器を振るうが、釈迦には当たらずカウンターを食らってしまう。

零福が「なんなんだよ、ほんと」「なんなんだよ、おまえは」「頼むから、この世から、消えてくれ」と斧爻嵐陣を繰り出す。

零福の斧爻が無数の刃となって全方位から釈迦に降り注ぐと、釈迦は「面白すぎんだろ?お前の思春期」「心配すんな、オレがぜんぶ受け止めてやる」と六道棍 弐之道 人間道 不空羂索観音 アクサッヤーを繰り出す。

逃げる釈迦を零福の刃が追いかける。

零福の刃が観客席まで飛び込んでいこうとすると、釈迦が観客を守っていく。

ソクラテスが「観客の心をガッチリ摑んでやがる、相変わらず人たらしだねえ」と言うと、孔子は「徳は孤ならず、です」と言う。

釈迦の凄まじい剣さばきで斧爻の斬り裂いていく。

釈迦が刃の嵐を突破すると、零福は「くそ、なんで」「なんでボクはこいつに勝てないんだ!?」「くそ、みんなこいつのことばっかり見てやがる」「いつも、ずっとそうだ」「いつもいつも釈迦釈迦釈迦釈迦」「なんで、なんで」「みんなボクを見てくれないんだよ!?」と嫉妬を爆発させながら斧爻を変形させ釈迦に攻撃を放つ。

釈迦は「自己こそ己の主である」「零福ちゃん、自分を愛すんだよ」「ちなみにオレは零福ちゃんのこと、けっこう好きだよ?」と言い放つ。





幸せだ

釈迦の神々しい姿を見た零福は「そうか、そうだったのか」「やっと、わかったよ」「ボクはこいつに、釈迦みたいになりたかったんだ」「僕もみんなに、愛されたかったのか」と理解し斧爻が消滅していく。

釈迦が「零福ちゃんさ、いますごくいい顔してるよ」「さあ続き、やろうか?」と武器を捨て構えていく。

零福は「そうだ、そうなんだ」「こいつが、たかが人間のくせに」「ずっと、誰よりもボクを、一番分かってくれてたんだ」「あぁ、ダメだ、ダメだ、ダメだ」「ダメだ、ダメだ」「ダメなのに、ボクはいま最高に幸せだ」と感じながら釈迦と殴り合っていく。

人と神という衣を脱ぎ捨てし裸の喧嘩。この時初めて、零福はすくわれたのだ。そして、釈迦の渾身の右ストレートで零福がダウンしていく。

<<前の話 48話 次の話>>

【終末のワルキューレ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】終末のワルキューレのネタバレ記事をこちらにまとめています。終末のワルキューレの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 終...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。