終末のワルキューレ

【終末のワルキューレ】47話のネタバレ【釈迦の神器と過去が明らかに】

終末のワルキューレ47話のネタバレを掲載しています。47話では、釈迦の過去が描かれていくことに。釈迦は親しかった親戚の王の言葉がきっかけに悟りに至り、釈迦の生き方が大きく変わっていくことになったことが明らかになる。終末のワルキューレ47話の内容を知りたい方はご覧ください。

終末のワルキューレ47話のネタバレ

神器「六道棍」

零福の天災級の一撃を釈迦が真正面から受け止めていく。

ゲルが「え、いま、何が起こったんすか?」「てか、どっから楯を」と聞くと、ブリュンヒルデは「神器「六道棍」」「衆生が輪廻転成する6つの世界を仏界では六道と呼び、それぞれの道を観音様が守護する」「六道棍はそれら6守護尊の力を宿せし神器」「その形態は釈迦さまの感情に呼応しその姿を変える」「七難即滅の楯」と説明すると、ゲルは「感情に呼応、自分で武器を選べないってことっスか!?」と返していく。

釈迦が「熱すぎんだろ?お前の思春期」「ついビビって楯出ちゃったよ」と零福の斧を押し返していく。

零福は「余裕ぶってんじゃねえ」「潰せねえなら、ヤツ裂きだぁァ、シャキャアア」と斧爻を変形させて襲いかかる。

釈迦は六道棍弐之道畜生馬頭観音 正覚涅槃棒を繰り出す。

釈迦が「おまえか」「突っ込めってことね?」「りょ」と突っ込むと、零福が迎え撃つ。

正面突破かと思いきや釈迦は滑り込み、滑りながらカウンターをお見舞いする。

釈迦の一撃が零福の脇腹にクリーンヒットし、零福は思わず倒れ込んでしまう。

ゲルが「や、やったッス」「けど、六道棍がそんな武器になるってどんな感情なんスか?」と聞くと、ブリュンヒルデは「あのお方っぽいですね」「なにものにも縛られず生きたいように生きる」「釈迦さまこそ史上最強の思春期ですから」と伝えていく。





オレ、至る

その人は生まれながらにしてすべてを持っていた。古代北インド、カピラヴァストゥにて。

後の釈迦であるゴータマ・シッダールタが稽古をしていた。

古代北インドの小国シャカ族の王子として生まれた。「クシャトリヤ」ゴータマ・シッダールタにおよそ無いものはなかった。「最高の身分」「最高の衣」「最高の食事」「最高の住まい」「最高の教育」。

シッダールタの父親であるスッドーダナ王が「立派に成長したものだ」「アシタ仙人の予言通りだな」とシッダールタに声をかける。

アシタ仙人が産まれたばかりのシッダールタを抱えながら「おお、神々のおっしゃる通りだ」「この子は人間のうちで最上の人」「いずれ世界の王となろう」と宣言していた。

神々に約束されし最高の未来。スッドーダナ王が「これが我がシャカ族は安泰だ」「いずれ世界の王になる、それがおまえの運命なのだ」「よいか?シッダールタ」と言うと、シッダールタは「はい、父上」と返していく。

シッダールタは民衆に食事を分け与えていた。

貧しい人間たちが「われわれスードラにまで施しを下さるとは、まさに神のような御方だ」「ありがたや、ありがたや」と感謝すると、シッダールタは「民に民衆を与える」「それが王族のあるべき姿ですから」と声をかける。シッダールタはシャカ族王子としての役割を、そして、天から与えられし運命を受け入れていた。

シッダールタは飛んでいる鳥を見ながら「おまえは、なにものにも、縛られてないのだな」とつぶやくと、そんな鳥が別の鳥に襲われている光景に目を奪われる。

シッダールタが屋上で寝ていると屋敷の人間に「シッダールタ様、こんな所で何をしてらっしゃいます」「王族がそんな格好ではしたない」と注意され、シッダールタは「そうだね、すまない」と謝っていく。

古代北インド 一六大国 マッラ王国にて。

シッダールタが「お久しぶりです、ジャータカ兄」とテンション高く挨拶するが反応が無かったため「いえ、お加減はいかがですか、ジャータカ兄様」と挨拶し直す。

マッラ国王のジャータカは咳き込みながら「シッダールタ、よく来てくれた」と出迎える。

側近の人間が「いけません、ジャータカさま」と言うが、ジャータカは「よい、今日は気分が良いのだ」「シッダールタ、散歩だ、付き合ってくれるか?」と笑顔で言い、シッダールタは「もちろんです」と嬉しそうに返す。

ジャータカが「「兄」は止めておけと言ったろ」と言うと、シッダールタは「ハイ、以前も一度たしなめられましたね」「町で見かけた子供たちのマネでした」「仲の良さそうな兄弟たちがそう呼び合っていて、私も少しうらやましくなったのです」と伝えていく。ジャータカが「王族のすることではない」と言うと、シッダールタが「ハイ」と残念そうに返したので、ジャータカは「私はうれしいがな」とシッダールタの頭をクシャクシャしていく。遠い親戚にあたる5歳ほど年長の王とシッダールタはウマが合った。

ジャータカが「そうか、いよいよ君もシャカ国の王になるか」と言うと、シッダールタは「はい」「王となり皆を幸福にする」「それが私の運命ですから」と答える。ジャータカが黙っているのを見てシッダールタが「ジャ、ジャータカ兄様は、幸せですね」と言うと、ジャータカは「なぜ、そう思う?」と聞く。シッダールタが「マッラ国は豊かな大国」「領民はヴァイシャからスードラに至るまでみな幸せに暮らしています」「王族として、こんな幸せなことはありません」と伝えていくと、ジャータカは「本当にそう思うかい?」「君は本当に私が幸福だと思うのかい?」と意味深に返していく。

ジャータカは「シッダールタ、わたしはもうすぐ病で死ぬ」「わたしは今まで良き王になれるよう、ただ民の幸福を考え生きてきた」「幸い在位中に大きな戦いもなく国は富んだ」「きっと人はそんな私の人生を「幸福な人生だった」と言うだろう」「シッダールタ、私の人生はいったい誰のものだったんだろうね」と吐血しながら伝えていく。

ジャータカは「最高の衣も最高の食事も最高の宮殿も、そして王族の位も」「私が選んだものは何ひとつない、すべて与えられた幸福だ」「民たちが食べるあの炒った豆はどんな味がするのだろう」「あの川はいったいどこに流れ着くのか?」「そして、この空はどこまで広がっているのか?」「わたしは、何ひとつ知らない」「いや、すまない」「カッコ悪いところを、見せてしまったな」「死を前に弱気になったみたいだ、忘れてくれ」と最後は笑顔を見せながらシッダールタに伝えていた。

ジャータカが亡くなってしまい、シッダールタも葬儀に来ていた。

参加者が「しかし、これほど民が悲しむとは、まさしく王の誉れ」「ジャータカ様は本当に幸せな方ですね」と話していたのを聞き、シッダールタはジャータカの「私の人生はいったい誰のものだったんだろうね?」「すべて与えられた幸福だ」という言葉を思い出しながら悟りを開いていた。

従者に「シッダールタさま?どうかされましたか?」と聞かれると、シッダールタは高笑いし出し「オレ、至る」と決めていく。





いまが思春期最高潮

スッドーダナが「シッダールタはまだ見つからんのか?」と聞くと、妻と思われる女が「はい、皆で捜しておりますが走り去ったまま」「余程ジャータカ様の死がお辛かったのでしょう」と答え、スッドーダナは「まだまだ子供か、次期国王が困ったものだの」「しかし、この立派な王族の葬儀を見れば、あやつもまた王としての自覚を改めるだえろう」「これ以上の幸せはないだろう」と語っていた。

すると、花を撒き散らしながらシッダールタが歩いてくる。

「し、シッダールタ様、お控え下さい」「まだ大司祭のご祈祷の途中」と止められるが、シッダールタは「ジャータカ兄、迎えに来たよ」とジャータカが入った棺を持ち上げる。

スッドーダナたちに「シッダールタ、ひかえよ」「王子たる者がなんたる振る舞いを」と言われるが、シッダールタは「五月蝿え」「ジャータカ兄にはあんたらの祈りも神の祝福もいらない」「幸福は、裡にある」と言い放つ。

シッダールタは「ジャータカ兄、自分の目で見てきな?」と棺を川に流していく。

その後、シッダールタは城を、妻子を王の衣を身分を、すべて脱ぎ捨て野に出た。そして、まさに犀の角のごとくただ我が道をひとり歩み始めた。

「行者さま、また空腹で倒れた者が」と言うと、行者は「それも「悟り」に必要な苦しみ」「その苦しみこそが精神を浄化するのじゃ」と返すが、シッダールタが「食わせてやんなよ」と食事を差し出す。

行者が「なんじゃ貴様は、神聖な苦行中にそんなもの貪り食うなぞ」とキレるが、シッダールタは「うるせえ、俺はコイツに食わせてえ」と言い放つ。

シッダールタに付いきた男が「シッダールタ様、本当に良いのでしょうか?」「我々、日がな一日こうして座ってますが、悟りとはもっとこう苦行とか」と聞くが、シッダールタは「うっせえな、いいんだよ座ってたって」と返す。

少女が生贄に捧げられようとしているところにシッダールタが割り込み「何をする!?」「その少女は神々への生贄」「神々への怒りを買い滅せられるぞ!?」と言われるが、シッダールタは「うる、せえ」「ならば神と闘るだけだ」と言い放つ。

なにものかが決めた運命に抗うために。

ブリュンヒルデが「釈迦さまにとって人も神も関係ありません」「裡にある幸福を否定しようとするものたち」「そして、運命を押し付けようとするものたちが、ただただ大嫌いなのです」と伝えると、ゲルは「き、嫌い?」「もしかして、たったそれだけの理由で神と闘ってるんスか!?」と驚くが、ブリュンヒルデは「言ったはずですよ、あの方は最強の思春期」「つまり、いまが思春期最高潮です」と伝えていく。

釈迦は「立てよ、とことんつきあってやる」「おまえの気がすむまでな」と言い放つ。

<<前の話 47話 次の話>>

【終末のワルキューレ】全話ネタバレ一覧終末のワルキューレのネタバレ記事をこちらにまとめています。終末のワルキューレの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 終...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。