終末のワルキューレ

【終末のワルキューレ】44話のネタバレ【七福神の真の姿「零福」降臨】

終末のワルキューレ44話のネタバレを掲載しています。44話では、釈迦が人類側で闘うことが認められ、釈迦の対戦相手が七福神に決まる。そして、七福神たちが合体し、真の姿である零福となっていく。終末のワルキューレ44話の内容を知りたい方はご覧ください。

終末のワルキューレ44話のネタバレ

神嫌い

釈迦が人類側についたことで、会場は唖然・呆然・驚愕・愕然としていた。

主神たちでさえも動揺を隠せずにいた。

が、ただ一人ワルキューレだけが動じずにいた。

ゲルが「まさか、これもお姉さまの策なんスか?」と聞くと、ワルキューレは「天上天下唯我独尊」「残念ながらあの御方は、他人の意思で動くようなタマではありませんよ」と言い放つ。

第6回戦試合開始直前、「ブーちゃんって〜、涙似合わないよね〜」と釈迦がワルキューレの元にやって来る。

釈迦が「てかさ、それ何の涙?」と聞くと、ワルキューレは「無論、消え去りし者たちを悼む涙ですよ」と答えていく。

ワルキューレが「それより何か御用でしょうか?釈迦様」と聞くと、釈迦は「ゼウスちゃんに第6回戦往けって言われたんだけどさぁ〜、オレ人類側から出るから」と伝えていく。

ワルキューレが「承知いたしました」と返すと、釈迦は「リアクション薄っ」「つか、ここまでブーちゃんの思惑通り?」と聞く。ワルキューレが「何のことでしょうか?」と返すと、釈迦は「だってオレに一蓮托生のこと教わりに来たのって、ラグナロクの開催が決まるあの会議よりも前だったし、ずっと前から準備してたわけでしょ?」「もしかしてさぁ、あん時から俺を神と闘わせるつもりだったのかな?って」と言う。ワルキューレが「まさか、そのような畏れ多い」「ただ、ここヴァルハラで、仏陀さまほどの神嫌いはおりませんから」と返すと、釈迦は大笑いしながら「いいねいいねいいね〜、その煩悩まみれの目」「目的を果たすためなら善も悪もないって感じで」「まぁ、それもいいや」「ただ覚えておいてよ」「オレそういうの、放っておけないんだわ」と伝えていく。





零福

ヘイムダルが「イヤイヤイヤ、ちょっとちょっと」「ダメですよ、ダメ」「もう13人と13柱の登録メンバーは決まってるんですから、人類側から出るなんてそんな無茶な」と言うが、ゼウスが「こちらは構わんぞい」と言い放つ。

ゼウスは「神・人類それぞれが13の闘志を出し、先に7つ取れば勝利」「それだけがヴァルハラ憲法62条15項で決まっておるルールだ」「それに、これほど熱い展開はそうそうあるまい?」「本当は、わしがまたやりたいくらいじゃ」と伝えていき、釈迦は「ありがと」「てかオレは、ゼウスちゃんと闘っても構わないけど?」と返していく。

オーディンが「問おう」「釈迦よ、我らすべての神を敵に回す」、その覚悟があってのことか?」と聞くと、釈迦は「はぁ、しつこいな〜」「だからさっき言っただろ?」「敵とか味方とか、善人、悪人、神、人間、全部関係ない」「この宇宙でオレはただ、釈迦だから」と返していく。

釈迦が「で、誰が闘うの?」と問うと、ゼウスは「第6回戦はもう決めてある」と答え、空から船がやって来る。

船に乗っていたのは七福神だった。

ヘイムダルが「だ、第6回戦、神側出場者は毘沙門天」「って、あの、出場者の毘沙門天さん以外は、出て行ってもらえますか?」と言うが、七福神は動く気配はなかったのでヘイムダルが「あの、ですから、七神じゃ闘えませんって、ダメなんです」と伝えていくが、毘沙門天は「われらは七神にあらず、もとより一神」と言い放つ。

毘沙門天が装備を粉砕していく。

「七難即滅」と言うと、恵比寿が毘沙門天に飛び込んでいき、毘沙門恵比寿となっていく。

さらに、布袋尊も合体していく。

他の七福神も合体していき、毘沙門恵比寿布袋弁財天寿老人福禄寿大黒天となっていく。

七福神。世界の福を司りし七柱の神。だが、七福神にはもう一柱が存在する。世に言う「八福神伝説」。

事実、その伝承は世界各地に残る。印度では、女神ラクシュミー。日本では達磨を加え八柱とする寺社もあり、中国では源流とされ伝わる存在「八仙」が祀られている。では、七福神に八柱目は実在するのか?否、否、否、もとより七福神は七柱にあらず。ただ一柱也。其の神地に降臨せし時、天絶え、福消え、大いなる災いをもたらさん。曰く、零福。

零福が「あ〜、反吐が出る」「殺戮してえ」と言い放つ。

<<前の話 44話 次の話>>

【終末のワルキューレ】全話ネタバレ一覧終末のワルキューレのネタバレ記事をこちらにまとめています。終末のワルキューレの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 終...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

POSTED COMMENT

  1. より:

    お互い“一人”同士の対決か。
    ところで、釈迦が入ったことで人類側は14人になってしまったけれど、人類側に裏切り者なしだとしたら確実に一人は引き分けにならないと数が合わないですよね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。