終末のワルキューレ

【終末のワルキューレ】40話のネタバレ【シヴァが真の姿「ターンダヴァ・カルマ」を発動】

終末のワルキューレ40話のネタバレを掲載しています。40話では、雷電の八咫烏で二本の腕を吹っ飛ばされたシヴァが、「ターンダヴァ・カルマ」を発動し真の姿となっていく。雷電とシヴァは奇しくも同じ想いを抱きながらぶつかっていく。終末のワルキューレ40話の内容を知りたい方はご覧ください。

終末のワルキューレ40話のネタバレ

ターンダヴァ・カルマ

雷電の八咫烏によって吹っ飛ばされたシヴァは二本の腕も吹っ飛ばされていた。

「勝った」と観客たちが喜ぶ中、シヴァは立ち上がる。

アレスが「な、なんだ今の技は」「シヴァの腕がちぎれ飛んだ、だと?」と驚くと、ゼウスは「もしシヴァがガードしていなければ確実に頭が砕け散っていたじゃろうな〜」「なにせヤツの掌底はその凄まじい衝撃はで、音まで呑み込みおった」と解説する。

アレスが「に、人間にそんな技が出せるのか」と驚くと、ヘルメスは「シヴァだから死ななかったと言えますが、受けたダメージは大きいようです」と語り、シヴァは「クソッ、グラつきやがる」と感じていた。

突如雷電の体から血が噴き出していく。

ゲルが「なんか雷電の様子がおかしいスよ?」と言うと、ブリュンヒルデは「反動です」「筋肉を超速移動させるあの技は、通常ではあり得ない負荷が全身にかかる」「それに耐えきれず、雷電の肉体が壊れ始めているのです」「スルーズの超筋外骨締廻でかろうじて体の形を保っている状態」「雷電はいま立っているのが不思議なくらいです」と説明する。

スルーズが「あ、あんた大丈夫かい!?」と心配すると、雷電は「やっぱり相撲って最高だな」「スルーズ、もっとだ、もっと筋肉を動かし続けてくれ、おまえならできるはずだ」と返す。スルーズが「な、何言ってんだい!?」「そんなことしたら、あんたの肉も臓物も何もかもぐちゃぐちゃに壊れちまうよ」と警告するが、雷電は「わかってるさ、スルーズ」「でも、足りねぇんだ」「もっと、もっとだ」「やっと、やっとなんだよ」「裏切り続けてきた大好きな相撲をガチンコで取れるんだ」「頼む、ワシの体を、いや、命も全部この一番に懸けたい」「なにせよワシァ、力士だからな」と笑い、スルーズは「バカ、あんたほんとにバカだね」「でも、それでこそあたいの惚れた漢だよ」「とことん、行くよ?」と雷電の想いに応えていく。

シヴァが「へぇ、いいもん背負ってんじゃねぇか」と言うと、ルドラが来ていることに気づく。

シヴァは「俺も、お前と一緒だ」「こんなバカでいい加減な破壊神を信じてくれた1116柱のために、敗けられねぇんだ」「なんつったってよ、オレは印度神界の天辺だからな」「限界の向こう側まで、アゲるぜ?」と自分の体に指を突き立てる。

シヴァが「どうなっちまうんだろうな、オレもこいつは初めてだからよっ」と心臓を直接刺激して強制的に心拍を上げていく。ヴェーダは言う。時至ればシヴァ神。ターンダヴァを踊り世界を破壊す。だが、ヴェーダには先がある。然してシヴァ自らの肉体を焼き尽くし、その灰燼により世界を再創造せん。曰く、ターンダヴァ・カルマ。





とても似ていますね

シヴァが「踊ろうぜ、燃え尽きるまで」と言うと、雷電は「へ、あんたっちゅう漢はほんとに、おめったいのう」と構えを取る。

史上最強の力士雷電為右衛門、印度神界最強の破壊神シヴァ。ブリュンヒルデは「雷電とシヴァ、とても似ていますね」「あの二人は、誰かの想いを背負えば背負うほど強くなる」と感じていた。

奇しくもこの時、かつて頂に立った人と神は同時に己の武の深奥に到達していた。

<<前の話 40話 次の話>>

【終末のワルキューレ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】終末のワルキューレのネタバレ記事をこちらにまとめています。終末のワルキューレの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 終...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。