終末のワルキューレ

【終末のワルキューレ】35話のネタバレ【雷電為右衛門のやばすぎる能力が明らかに】

終末のワルキューレ35話のネタバレを掲載しています。35話では、シヴァの腕が破壊された真相が語られる。不利が続くシヴァに神々は「また敗けてしまうかも」と嘆くが、印度の神々たちは一切諦めることはなかった。終末のワルキューレ35話の内容を知りたい方はご覧ください。

終末のワルキューレ35話のネタバレ

おめったいのう

ヘイムダルが「な、なんてことだ」「神界ぶっちぎりの最強破壊神を、人類が、雷電為右衛門がぶっ壊しやがったあああああ」と実況する。

ゼウスが「どういうことじゃ?ヘルメス、何があった?」と聞くと、ヘルメスは「どうも何も」「ただ腕を、握り潰しただけです」と答える。人類が神の腕を潰した。その衝撃は数分ほど遡る。

雷電が「壊れんなよ?」と言うと、シヴァは「ああん?言ってくれるなァ、人類」と返す。雷電は超スピードでシヴァとの間合いを詰め「ワシでさえどうなるかわからないんですね、全力でコイツを使ったら」と思いきり殴りつける。

さらに、雷電がラッシュを仕掛ける。

そして、菊一文字でシヴァが宙で一回転する。

第4代横綱の谷風梶之助が「オレは、オレは、オレはいま、猛烈に感動している」「ついに、全ての枷から解き放たれた雷電をこの目で見られるとは」と感動すると、第5代横綱の小野川喜三郎は「同意ごわす」「雷電の強さは「無形」にあり」「雷電為右衛門に土俵は狭すぎごわした」と語る。

ゲルが「すごい、すごいっス」「ただの大食らいの変態助平男じゃなかったんスね」と喜んでいると、ゲルが「もち」と返し、ゲルは「勝てる、勝てるッス」「人類ついにリードできるッスよ」と目を輝かせる。

シヴァがフラフラになりながら立ち上がると、雷電は「悪いが、もう終わりにするぜ」と「抱き地蔵」という頭突きを放つが、シヴァは自分から向かっていきダメージを抑える。

シヴァが「効くねぇ」「でもなァ、石頭なら負けねぇぞ、コラ」と反撃を浴びせる。

シヴァはさらに「今度はこっちから、行ッぞコラァ!?」と一発一発が大砲のごときラッシュをかける。

あまりの威力に膝をつく雷電だったが、雷電の腕の一本を掴み「まったく、おめったいのう」と思いきり力を入れていき「乱れ牡丹」と腕を破壊していく。

腕を破壊されたシヴァが雷電を蹴飛ばすと、雷電は「無茶しやがる、モゲても知らねえぞ」と言う。

ゲルが「あ、あれが人類最強筋肉の力」と驚くと、ブリュンヒルデは「もちろんそれのみではこれほどの破壊力はありません」「今の雷電は超筋外骨締廻によって、元々制御不能であった暴走筋肉を自由自在に使える」「つまり、雷電は両腕に筋力を「集中」させることで一気にシヴァの腕を握り潰したのです」と説明する。

ゲルが「き、筋肉が移動して戻っていくッス、自由自在すぎ」と驚くと、ブリュンヒルデは「ここから先は誰も、雷電自身も見たことのない、雷電が持つ本当の強さを知る闘いになるでしょう」「ワルキューレ三女スルーズ、その名に宿りし力は」「ワルキューレ三女スルーズ=強き者」と語っていく。



印度の神々

「ま、まさかシヴァ神まで」「こ、ここで敗けたら三連敗だぞ?」「頼む、なんとか踏ん張ってくれ」と観客の神たちが嘆いていた。あってはならない予感に神々が震える中、シヴァを知る印度の神々の見解は違う。インドの神たちは「シヴァさんがあんな小僧に負けるわけがねぇ」「ったりめえだ、あの人の拳には印度1116神の魂が宿ってんだからよ」「シヴァさん、ぶっ飛ばしちゃってください」「あんたはオレたちの天辺なんだからよ」と応援し、シヴァは「背中でわかるぜ、いつもそうだ」「どいつもこいつもオレを真っ直ぐな目で見やがって」と感じていた。

<<前の話 35話 次の話>>

【終末のワルキューレ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】終末のワルキューレのネタバレ記事をこちらにまとめています。終末のワルキューレの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 終...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。