終末のワルキューレ

【終末のワルキューレ】33話のネタバレ【雷電為右衛門が百閉を解き初めて本気状態となる】

終末のワルキューレ33話のネタバレを掲載しています。33話では、雷電為右衛門が生まれつき百閉で抑えていた筋肉を解放し、初めて本気モードとなる。ロキは釈迦に神を裏切ったという疑惑を持ち、釈迦との場外乱闘に突入していく!?終末のワルキューレ33話の内容を知りたい方はご覧ください。

終末のワルキューレ33話のネタバレ

百閉

一七六七年一月某日。信濃国に人ならざるもの生まれ墜つ。

大石村の百姓・半右衛門と妻・けんがそれに気付いたのは、太郎吉が2歳8ヶ月のときであった。

半右衛門が「3歳になるっちゅうのにまだ立たんずら」「普通なら1歳やそこらで立つだに」「どうすりゃいいかのう?」と悩んでいると、けんが「太郎吉、どうか無事に育ってくんろ」と太郎吉の頭をなでていく。

しかし、その一週間後。両親が家に帰ると太郎吉は立つことができていた。

太郎吉は母親の元に駆け寄ろうとするが、突如全身に衝撃が走る。

生まれて初めて立ち上がった太郎吉は両脚と両腕、あばらを骨折。骨が弱い?否。強すぎる筋肉の圧が骨を粉砕したのだ。

このままでは自らの筋肉に圧し殺される。だが、そんな太郎吉の運命を変えたのもまた筋肉。

いつしか太郎吉の肉体は暴れる筋肉を抑え込む。まさに殻とも言える新たな筋肉を作り出した。曰く、百閉。

雷電が「あけるぜ?」と百閉を解放し膨張していく。

雷電が「スルーズ」と叫び、ブリュンヒルデは「そう、あれこそが己の命すら壊さんとする暴走筋肉の完全制御」「史上最強力士の雷電為右衛門の真の力、超筋外骨締廻」と説明していく。

ブリュンヒルデが「雷電は生まれつき筋肉が異常発達する体質」「強大すぎる筋肉を筋肉で抑える百閉によって辛うじて肉体の均衡を保ってきたのです」と伝えると、ゲルは「え、ちょっと待ってくださいッス」「じゃあ、雷電は本来の力を閉じ込めながら史上最強の力士であり続けたってことスか!?」と驚き、ブリュンヒルデは「しかし、今雷電は超筋外骨絞廻によって全ての枷から解放された」「つまり、人類史上最強の筋肉を持つ漢が今、生まれて初めて全力で闘うのです」と百閉を解除した姿を披露する。

雷電が「まぁあれだ、壊れんなよ」と言うと、シヴァは「あ?」とキレていく。





いつでも?

釈迦が「したいの?喧嘩」と言うと、ロキは「ちがうちがう」「その、キミに一つ聞きたいことがあってさ」「ほら、ぼくもワルキューレちゃんたちのヴェルンドって見るの初めてでさ、興奮しすぎちゃってたんだろうね、うん、きっとそうだ」「それでついうっかりしちゃってたんだけど、実は最初からちょっとした違和感あったんだよね」「だってさぁ〜、神の全力を受け止めたり、神を追い詰めたり、そして神を殺したり」「ワルキューレのヴェルンドってそこまでの能力あったっけってね」「どう考えても神がそんなチートをワルキューレに許すわけがないんだよね〜」「で、思い出したんだ、それを唯一可能にする「方法」」「何て言ったかな、釈迦くん、ホラ、そういうのあったよね、仏界にさ」「お互いの生を預け同じ蓮の上に乗せることで全身全霊を引き出させるそういう力」「確かそう、一蓮托生」と話していく。

ロキが「つまり、あのヴェルンドはただの神器錬成ではなく、ワルキューレの命を賭けることで神への対抗を可能にしたもの」「それしかない気がするんだよね〜」「あぁ、長くなってごめんよ」「で、釈迦くんはどう思う?」と問うと、釈迦は「で、って」「聞きたいこと全然ひとつじゃないね」「てか、長すぎて半分以上聞いてなかったわ、一行でヨロ」と返していく。

ロキが「あはは、そっかゴメン」「早く戻りたいから、じゃあ単刀直入に聞くね?」「キミって裏切者?」と聞き、釈迦が「だったら何?」と返すと、ロキは「殺す」と言い放ちものすごいオーラがぶつかり合う。

ロキと釈迦が睨み合っていると、天界処刑人の七福神が現れる。

七福神の恵比寿が「よォ〜、釈迦ァあ、久しぶりやんけぇ?」「待っとったでぇ?われに天誅下せる今日をにゃあ〜」と凄んでいくが、釈迦は「あーあ、やっぱさ〜、飴って最後まで舐めきんないよね〜、いっつもつい噛んじゃう」「で、あんた誰だっけ?」とすっとぼける。キレた恵比寿が襲いかかるが、釈迦は飴の棒を吹き捨て手に突き刺していく。

恵比寿が「なにさらしとんじゃあ、こんガキャあ」「仏っ殺す」と言うと七福神が釈迦を取り囲んでいくが、ロキが「ダメダメ〜」「コレ、ボクの獲物だよ?横取りしないでよ、ね」と圧をかける。

ロキが「なんてね〜」「あれ〜?もしかして庇ってもらったと思った?」と言うと、釈迦は「どうでもいいからさぁ、やんならさっさとやろうよ」と言い放つと、「はぁ、天界ってのは騒がしいとこだねぇ」「大勢でひとりを囲んで吊るし上げか」「ったく、人も神もやるこたぁ変わらんなぁ」「いやしかし、海神はこんなことしそうにないか」「どうも多勢に無勢ってのは好きじゃあなくてね」と佐々木小次郎が釈迦の味方につく。

恵比寿が「助太刀ィ?この数の神サンが目に入っとらんのか、アホが」と言うと、「へ〜、驚いたなぁ」「なんかすごい剣圧がいっぱいだから来てみたら」「神さまがいっぱいだあ」「みんなで遊ぶなら、ボクもまぜてくださいよ」と沖田総司も現れる。

ロキが「やろうか?」と言うと、小次郎と釈迦と沖田が同時に「いつでも?」と返す。

<<前の話 33話 次の話>>

【終末のワルキューレ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】終末のワルキューレのネタバレ記事をこちらにまとめています。終末のワルキューレの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 終...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。