終末のワルキューレ

【終末のワルキューレ】3話のネタバレ【呂布の武器がヴェルンドでできたチート武器だと判明】

終末のワルキューレ3話のネタバレを掲載しています。3話では、歴史上呂布が処刑されたその真相が明かされていく。本来、人間の武器では神が使う神器には対抗できないが、呂布が持つ武器は神器にも対抗できるヴェルンドで精製された武器であることが明らかになる。終末のワルキューレ3話の内容を知りたい方はご覧ください。

終末のワルキューレ3話のネタバレ

好敵手

この時、人類最強と最強神は奇しくも同じことを思っていた。もし、生まれた時と場所が、いや、種が同じならば、好敵手と呼べたであろう。

正史三国志に拠れば、呂布奉先は五原群九原県の人とされる。だが、その真偽は定かではない。一つだけ確かなのは、物心ついた頃より最強を求める旅を始めていたこと。

ただ己より強気相手を欲して、広大なユーラシアを前進。立ちはだかる者をただひたすらになぎ倒す。

最強の相手を求めそれを繰り返すうち、呂布奉先の名は中華全土に轟いた。

いつしか呂布の前に立ちはだかる者は消え、その代わり後ろに付き従う者が増えていった。

そして、30余年に及ぶ呂布奉先旅先の果て、ついに気づく。もはやこの天下で、我に敵する者無し。

正史三国志曰く、呂布は曹操との激闘の末に敗北し虜囚となり、処刑を免れようと命乞いをしたという。だが、はたしてそれは真実なのか。否、否、否。呂布が虜囚となった真の理由は、「退屈」。この「天下」において己れの最強を悟ってしまった絶望ゆえであった。

呂布が「さっさと終わらせろ」「退屈で死にそうだ」とつぶやく。

呂布は今、「やっと逢えたぞ、全身全霊で闘える相手と」と喜んでいた。

陳宮も「は、始めて見た」「我が殿が、あの呂布奉先があんなにも楽しそうに笑っておられる」と喜んでいた。



ヴェルンド

ゼウスが「ふぅむ、おかしいのう」とつうびゃくと、オリンポス十二神の一人であるヘルメスが「ゼウス様ッ、何かッ、お気になることでもッ、ありますか!?」と聞いていく。

ゼウスが「ありえぬ事が起きておる」と言うと、ヘルメスが「なぜッ、人間ごときがッ、神とッ、互角に闘れるのかとッ、言う事ですか?」と大声で聞き、ゼウスは「あー、うるさいッ」「耳元で大声を出すな」「ワシャまだ耳は遠くなっとりゃせんわい」「互角もだがもうひとつ、トールのミョルニルと打ち合えば人器など一瞬で打ち砕けるはず」「アレは、アリえんのだ」「神器と打ち合える人器などがあるわけ」「いや、まさか」と呂布の武器が砕けていないことに疑問を感じていた。

ブリュンヒルデが不敵な笑みを見せると、ゼウスは「ふん、なるほどのう、やりおるわい、「戦乙女」の小娘」と笑う。ゲルが「お姉さま、何かゼウス様がこっち見て不気味な笑みを」と怯えると、ブリュンヒルデは「気付かれたようですね」と言う。

ラグナロク開始前。ブリュンヒルデが「安心なさい、ゲル」「人類の先鋒は既に決めています」と言うと、ゲルは「ダメっス、ダメっスよ、お姉さま」「この漢は危険すぎるっス」「山程の命を奪っておいて退屈だとか言い出す奴っスよ」「それにいくら呂布が三国志最強の武人と言っても、神とのタイマンに勝てる可能性があるんスか?」「しかも、相手はあのトール様っスよ」と問い詰め、ブリュンヒルデは「むろん、不可能です」とあっさり返していく。ブリュンヒルデが「神々の絶対的強さの根源は、天界で錬成された武器、神器にあります」「人間が鍛えた武器、人器など神器の前では玩具も同然」「一撃で砕け散ってしまうでしょう」「ゲル、人間が神器を持った神に勝つなんて無理無理ですよ」と説明すると、ゲルは「むりむり、負け戦だー」と泣き出していく。

ブリュンヒルデが「フフフ、そうですねぇ、負け戦負け戦」「では逆に、人間が神器を持てば?」「そう、「神器」に対抗できるのは「神器」のみです」と伝えていくと、「御召でしょうか、お姉さま」「長姉ブリュンヒルデの命により我らワルキューレ11名ここに集いました」とワルキューレたちが現れる。

ゲルが「私たち13姉妹が一堂に会するなんて初めてですよ!?一体何が」と言うと、ブリュンヒルデが「ランドグリーズ、これへ」と言い、ワルキューレ四女のランドグリーズが前に出る。

ブリュンヒルデが「ランドグリーズ、トール様の神器は知っていますね」と聞くと、ランドグリーズは「えぇ、勿論」「ありとあらゆる攻撃を受け止められる「ヤールングレイブル」」「そして、何よりヨトゥン殲滅でその名を馳せた「ミョルニル」ですわ」と答える。

ブリュンヒルデが「それらトール様が持つ2つは、天界屈指の「神器」」「トール様に勝つためにはまず、それらを攻略する必要があります、ランドグリーズ」「身を捧げて貰えますか?」と聞くと、ランドグリーズは「ええ、お姉さま、喜んで」と告げる。

呂布の方天戟が突如光を放ち出す。

ブリュンヒルデは「あれこそが我ら姉妹ワルキューレの秘められた能力」「あちらの神器に対抗できるこちら側の超越行為」と考えていた。ワルキューレの肉体が人間の武器に姿を変えしとき、人類は神器を手にする。その能力とは、ヴェルンド。

呂布は「壊れない敵に壊れない武器」「天上ってのは、最高だな」とトールに攻撃を仕掛ける。

神器錬成された武器には、ワルキューレ十三姉妹それぞれの持つ特性が宿る。ワルキューレ四女の神名はランドグリーズ。その名が意味するのは、盾を壊す者。トールのヤールングレイブルが破壊されていく。

<<前の話 3話 次の話>>

【終末のワルキューレ】全話ネタバレ一覧終末のワルキューレのネタバレ記事をこちらにまとめています。終末のワルキューレの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 終...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。