終末のワルキューレ

【終末のワルキューレ】25話のネタバレ【ヘラクレスの腕が切断される】

終末のワルキューレ25話のネタバレを掲載しています。25話では、ジャックが史上最悪の殺人鬼となってしまった悲惨すぎる過去が明かされていく。ヘラクレスの圧倒的強さに追い詰められるジャックだったが、ビッグベンの時計盤を投げ飛ばしヘラクレスの腕を切断していく。終末のワルキューレ25話の内容を知りたい方はご覧ください。

終末のワルキューレ25話のネタバレ

ボクは世界で一番幸せだよ

ヘラクレスが「何を言っている?」と言うと、ジャックは「ああ、早く見てみたい」「貴神が逝く瞬間はどんな色に染まるんでしょうね?」「ゾクゾクします」とテンションを上げる。

ジャックは「ロンドン橋落ちた、落ちた落ちた」「ロンドン橋落ちた」「愛しい人よ」と歌い始める。

19世紀末ロンドン。

華やかな町の裏側はロンドンであってロンドンではない。

少年がゴミ箱を漁っていると、パン屋の店主が「またおまえか〜」「このゴミ箱は俺の店のゴミ箱なんだよ」「残飯だろうが野菜クズだろうが、欲しけりゃ金を払えって」「でなけりゃ、二度と来るなと言っただろ、このドブネズミが」と少年をボコボコにする。

その少年は後のジャック・ザ・リッパーで「ご、ごめんなさい」「もう来ませんから」「今回だけ、今回だけは見逃して下さい」「お願いします」と謝っていく。

糞尿と饐えた汚物の匂いが立ち込める路地裏で漁る日雇い労働者の残飯が少年の糧であった。ジャックは店主の嫌悪・憤怒・嘲笑・侮蔑の感情を色から読み取っていた。

ジャックが「に、二度としませんからどうか」「許して下さい、この通りです」と謝ると、店主の色が優越に変わっていき「ふぅ、もうわかったから離せ」「さっさと消えろ、もう来るなよ」と許されていく。

あまりに過酷な環境を生き抜くためであろう。いつの頃から少年の右目は、人の感情を色として見ることができた。ジャックは「今日は大漁だ、母さん喜ぶぞ」とパンを抱えながら売春宿に向かう。

ジャックの母親のメアリーが「ま、待って下さい」「これじゃ約束と」と言うと、部屋を出る男が「それでも高くつけてやったくらいだ」「身の程を知れ、ババアの売春婦が」と吐き捨て去っていく。

ジャックが「母さん、ぶたれたの?痛くない?」と声をかけると、メアリーは「大丈夫、こんなの何でもないわよ」と返す。メアリーはジャックが怪我をしていることに気づくと「悪化して何かあったらどうするの」と自分の服を破って処置していく。

メアリーが「さっきのお金で傷薬も買えそうだわ、よかった」と言うと、ジャックは「母さん、ありがとう」と返す。メアリーが「あなただけ、あなただけが私の希望よ」と伝えると、ジャックはメアリーの色を見て「母さんはロンドンで、ううん、世界で一番キレイだよ」と伝えていく。

少年は母の感情を見るのが何よりも好きだった。

ジャックがシェイクスピアソネット集を読んでいると、売春婦が「また読書かい?」「あんたも好きだね」「売春婦の息子が学なんてつけたってしょうがないのにさぁ」と声をかけ、ジャックは「アン、お酒の飲みすぎは身体に悪いよ」と伝える。

アンが「お〜お、お賢いことで」「じゃあ、どれだけ悪くなるか確認してやるよ」「ママはお取り込み中かい?」と聞くと、ジャックは「うん」と答えると、アンは「ちぇッ、あんなババアのどこがいいんだか」「物好きな男もいるもんだ」「こんな所に産まれちまって災難だね、あんたもさ」「まったくなんであの女はあんただけ産んじまったのかねぇ?」と言う。少年の母は客との子を5回宿しすべて堕胎。だが、6番目に身ごもった少年だけはなぜか産み自らの手で育てた。

アンが「本当に、可哀想な子だよ」と言うと、ジャックは「可哀想?どうして?」と返す。アンが「どうしてって、ここが世界のドン底だとは思わない?」と言うが、ジャックは「アン、ボクは世界で一番幸せだよ」と満面な笑みで返していく。

母に選ばれた母に愛されている、それだけが少年の誇りであり拠り所だった。そんなある日のこと。



なんて美しい色なんだ

ジャックが「今日は大きいチーズも手に入ったし母さん喜ぶぞ」と嬉しそうに家に戻ると、「いやああああああ」という叫びが聞こえてくる。

中ではメアリーがチラシを見て絶望していた。

ジャックが「どうしたの?」と聞くと、アンが「昔入れ込んでた男が結婚したんだとさ」とチラシを見せてくる。

メアリーが「約束したのに、作家として成功したら迎えに来るって、必ず迎えに来るって約束してくれたのに」と絶望に暮れていると、アンは「そんなの売春宿じゃ常套句だろ?」「13年前だかの約束なんて信じてる方がバカなんだよ」と部屋を去っていく。

ジャックがメアリーに水を持っていくが、メアリーは放心状態だった。

ジャックが「母さん、大丈夫だよ」「ボクがついているから」と触れると、メアリーは「触るなぁあああっ」と鬼の形相でブチギレる。

それでもジャックが「心配ないよ、ボクが母さんを守るから」「だから、二人で」と言うが、メアリーは「ちくしょう」「あんたなんか産まなきゃ良かった」「あの人がいなきゃ、あんたのいる意味なんかないんだよ」「他のと同じだ、胎ん中にいる時に針金で刺し殺しちまえば良かったよ」と本音をぶちまける。

少年は全てを理解した。母の愛情だと思っていた「色」は、自分に向けられたものではなかった。希望は母だけのものだった。少年は男と自分をつなぐ道具に過ぎなかった。ジャックは「ああ、これいつもの「色」だ」「あの色だ、あの色だ、あの色だ」「だめだよ母さん、そんな濁った色は」と感じていく。

ジャックは「母さん、大丈夫だよ」「ボクが、ボクが哀しみから解放してあげる」と首を絞めていく。

ジャックは「この色はなんだろう?」「これは、「恐怖」?」「他の感情を押しのけて、それが全身を支配してゆく」と感じていた。人生で初めて知る感情に染まってゆく母を見て少年は思った。なんて美しい色なんだ。ジャックはメアリーの首にナイフを突き刺し殺害し、「ああ、母さんすごいよ、すごくキレイだよ、母さん」と言い放つ。

ジャックは「うん、うん、うん、母さんボクもだよ」「愛してるよ」と血まみれのメアリーを抱きしめていく。

その夜。ジャックはジャック・スミスの家を訪れていた。

ジャック・スミスが「そ、そうか、き、きみはボクのファンか!?」「あはは、驚いたなぁ〜」「それとも金が欲しいのか!?」「とにかく落ち着きたまえ」「金ならいくらでも、だから命だけは」と言うが、ジャックは「運命とはもっともふさわしい場所へとあなたを運ぶのだ」と言い放つ。スミスが「は?」と言うと、ジャックは「あれ、わかりませんか?シェイクスピアですよ」「あなたが置いていった本に書いてありましたよ、お父さん」とナイフで殺害していく。

少年は父だったかもしれない男を殺すと、ロンドンの雑踏へ消えた。19世紀末、産業革命は世界最大の300万都市にまばゆい光をもたらすと同時に、漆黒の闇を生んだのだ。





愛しい人

ジャックが「愛しい人よ」「生きてる間、人の心には様々な感情が入り乱れます」「ですが死の瞬間、恐怖に支配されるときだけ、100%混じりっけなしの感情に染まる」「実に、実に美しいものですよ」と言い放つと、ヘラクレスは「あいにくだがオレが死んでも恐怖の色とやらには染まってやれん」「オレが恐れるのはただひとつ、正義を失うときだけだからだ」とジャックに向かっていく。ジャックは再び飛び道具で距離を取ろうとするが、ヘラクレスには通用せずあっという間に距離を詰められる。

鐘が鳴るとヘラクレスが「これはお前の弔鐘だ」と言うが、ジャックは再びワイヤーで逃走する。

が、ヘラクレスは「無駄だ」とビッグベンを倒壊させていく。

ヘラクレスは「これで、終わりだ」と第七の御業 クレタの牡牛を放とうとする。

ジャックがやけくそ気味にビッグベンの時計盤を投げていくと、ヘラクレスが「無駄なことを、何度言ってもわからんのか」と腕で防ごうとするが、ヘラクレスの左腕は切断されていく。

ジャックが「何度も聞きました」「で、お味はいかが?愛しい人」と不敵に笑っていく。

<<前の話 25話 次の話>>

【終末のワルキューレ】全話ネタバレ一覧終末のワルキューレのネタバレ記事をこちらにまとめています。終末のワルキューレの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 終...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。