終末のワルキューレ

【終末のワルキューレ】17話のネタバレ【佐々木小次郎の能力が千手無双と明らかに】

終末のワルキューレ17話のネタバレを掲載しています。17話では、佐々木小次郎の能力が、最速の先読み「千手無双」と明らかになる。ポセイドンの動きをすべて見切る小次郎だったが、ポセイドンは小次郎の読みを上回る動きを見せてくる。終末のワルキューレ17話の内容を知りたい方はご覧ください。

終末のワルキューレ17話のネタバレ

千手無双

アレスは「し、信じられん、あのポセイドン殿が」と驚いていた。

武蔵は「佐々木ッ」「またあの痛みを、思い出させおって」と古傷を押さえていく。

1612年4月13日、船島(後の巌流島)にて小次郎と武蔵が対峙していた。

鍛え抜かれた膂力と物干し竿による大鉈のごとき初太刀は防御不能。

辛うじてかわしても死角より初太刀の軌跡をなぞるように神速の第二刀が襲う。防御も回避も不能の斬撃。それが燕返し。

武蔵が「まったく懐かしいな、佐々木」「海の神よ、神仏といえど構えなしで捌けるほど、我らが目指せし天下無双は甘くはないぞ」と言い放つ。

ヴェルンド、フリスト×備前長光三尺余寸。

ついにポセイドンが自ら動き出し、ヘイムダルが「な、なんてこった、信じられねえ」「神の中の神、あのポセイドン様が自ら動いたあああ!?」と実況する。

ポセイドンがアムピトリテを繰り出す。

が、小次郎は怒涛のごときポセイドンの槍の突きをすべてかわしていく。

ゲルが「小次郎にはあのポセイドン様の槍が見えてるんスね!?」「アダムなみに目が良いってことっスか?」と言うと、ブリュンヒルデは「見えているのではありません、すでに経験しているのです」と答える。ゲルが「経験?」「どういうことスか、初対戦っスよね!?」と言うと、ブリュンヒルデは「闘わずとも経験できるのです」「それは佐々木小次郎が数多の強者を相手に敗け手も敗けても敗けてもなお、頭の中で闘い続け達した境地」「小次郎はポセイドンが入場する時の歩き方、呼吸やまばたきなど、肉体が発するほんの毛筋ほどのわずかな情報をも読み取り、頭の中でポセイドンの像をイメージ」「そして、自らが生み出したその像と頭の中で何度も闘い、千を超える相手の攻撃パターンを前もって経験する」「アダムが最速のカウンターとするなら、小次郎は最速の先読み」「どんなに速い攻撃でも、どれだけ打ち込まれても、次をシミュレーションし避ける」「相手のあらゆる動きを先読みする、それこそが佐々木小次郎の能力」「千手無双」と語っていく。





雑魚が

小次郎が「知ってる、知ってる、それも、これも、知ってる」とポセイドンの攻撃をすべてかわし切る。小次郎の身のこなしに会場も盛り上げり、アレスが「神の動きすら予測しているというのか」「なんなんだいったい、極地に達した人間というのは」と驚いていた。

ポセイドンは突如口笛を吹き出す。

小次郎が「来る」「次の動きは、コレだ」とポセイドンの動きを予想するが、実際に動きは予想よりも速かった。

この時、神が初めて人間に向け言葉を発した。ポセイドンは「どうした」「余の動きを読んでいるのではなかったのか?」「雑魚が」と言い放つ。

<<前の話 17話 次の話>>

【終末のワルキューレ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】終末のワルキューレのネタバレ記事をこちらにまとめています。終末のワルキューレの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 終...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。