終末のワルキューレ

【終末のワルキューレ】16話のネタバレ【佐々木小次郎の過去が明らかに】

終末のワルキューレ16話のネタバレを掲載しています。16話では、佐々木小次郎が「史上最強のルーザー」と呼ばれるに至った過去が明かされていく。そして、小次郎は代名詞とも言える燕返しをポセイドンに繰り出す。終末のワルキューレ16話の内容を知りたい方はご覧ください。

終末のワルキューレ16話のネタバレ

ただの一度も勝利したことがなかった

佐々木小次郎はその生涯において、ただの一度も勝利したことがなかった。

戦国末期、越前国一乗谷城下にて。

富田勢源の甥、富田景勝が「きさまらぁ、近頃たるんどるぞ」と門下生たちをシバいていた。

天下に名を轟かす剣豪、富田勢源の道場でその少年は、お荷物と目されていた。

景勝が「また遅刻か、きさま」「大した度胸だな〜」と迫ると、小次郎は「いやぁ、それほどでも」とふざけていく。景勝が「その腐った根性、叩き直してくれる」と木刀で斬りかかると、小次郎は木刀で受けていく。

景勝の激しい打ち込みで小次郎の木刀が吹っ飛ばされると、小次郎は「参りました」とあっさり降参してしまう。

景勝が「きッ、貴様それでも武士かっ!?」「刀を失わば拳で殴れ、拳を失わば歯で喰いかかれ、最後の最後まで足掻かんか」と言い寄るが、富田勢源の実弟にして師範代の富田景政が現れ「よせよせ景勝、言うても無駄じゃ」と言う。

景政が「兄上、小次郎に剣才はない」「これ以上道場に置いても無駄じゃぞ」と言うと、富田流開祖、小太刀無双の富田勢源が「ふぅむ」「小次郎おぬし、なぜすぐ勝負を諦める?」と問いただす。

小次郎は「いやぁ、景勝殿には100回戦っても勝てませぬ」「それなのいま全力で闘って怪我でもしたら小次郎の損でございます故」と答え、景政は「はッ、損じゃと!?」「どうやら商才はたっぷりおありのようじゃ」と皮肉を伝えていく。勢源が「果たして、そちに足りぬのは剣才なのかのう、小次郎」と言うと、小次郎は「いやあ、面目ございません」とおどけて返す。だが。道場の高弟たちや師範代さえも見誤っていた。佐々木小次郎という剣士の本質を。

小次郎は「さて、どうやって勝つかな」「吾が景勝殿に勝つにはまず腕力を鍛えるべきであろうな」「いや、体格差を考えて足さばきの方がもっと大事か」「剣の基本はやはり下半身」といろいろ考えていた。

小次郎は野うさぎの動きを見て「ええのうええのう、これじゃ、この躍動感じゃ」と興奮する。

小次郎は道場ではなく自然の中に師を求めた。小次郎は「道場のアワやヒエだけではまだ足りぬ」「獣肉も食らって身体を作る、これも吾の修行也」「野の獣に戦の呼吸を学ぶ、これも吾の修行也」と山に篭り修行を始めていく。

敗北する度勝利の術を追求し独り学び続ける。それこそが小次郎の才であった。

小次郎が「いやあ、遅くなりました」と道場に帰ってくると、景勝が「小次郎、きさま半年も道場へ顔を見せず何を」と怒鳴るが、まるで別人となった小次郎に驚いていく。

景勝が「面白い、小次郎オレと立ち会え」と言うが、小次郎は「あなたは確かに強かった」「超えるのに頭の中で146回の立会が必要でした」「なので、あなたとはもう結構です」と頭を下げる。景勝が「もう結構だと?超えただと?」「舐めるなぁ」と襲いかかるが、小次郎は木刀で返り討ちにする。

実際は景勝が見たイメージであり、小次郎が「やめときましょう、景勝殿」と言うと、景勝は「ま、参りました」と土下座していく。

そこに勢源が現れると、小次郎は「今日は先生にお願いがあって伺いました」「久々に一手ご指南をお願い致します」とお願いすると、勢源は「よかろう、参れ」と半端ではない殺気を放っていく。

その後、また小次郎はふっつりと道場に姿を見せなくなった。数年後、勢源が「久しいのう、小次郎」と薪割りをする小次郎の前に姿を見せる。

勢源が「お主が顔を見せに来てくれぬので気になってな、会いに来てしもうたわい」と言うと、小次郎は「かようなむさ苦しきところへ恐縮です」「ささ、中へ、何もありませんがせめて茶など」と家に案内していく。この時、小次郎を訪れた勢源は眼病により既に光を失っていた。だが、盲いた勢源の目は一瞬にして看破した。勢源は「ワシの見えぬ目にもハッキリ見えるぞ」「小次郎、そちの凄まじき修練の日々が」と驚愕していた。

小次郎が「いやあ、みなさんを超えるのには4年と9か月もかかってしまいました」と言うと、勢源は「誰に見せるためでもなく、誰と競うでもなく、ただ己を強くするためによくぞひとりでここまで」「おお、小次郎よ」「そちはすでに勢源も超えたか」と言う。

勢源が「小次郎、朝倉家の指南役に推挙致そう」「一国一城の主も夢ではないぞ?」と言うが、小次郎は「先生、せっかくですが吾はそろそろ越前を出ることに致します」「この地にはもう楽しいことがありますぬゆえ」と断っていく。勢源が「ど、どこへ行くつもりじゃ?」と聞くと、小次郎は「さて」「ただ、敗け続ける旅に出ようと思います」と嬉しそうに答える。

富田勢源の道場を出て以降、小次郎の足跡は杏として知れず。確かな史料はほとんど何も残っていない。ただひとつ言えるのは、その後も佐々木小次郎は敗けに敗け続けたという事のみである。小次郎は一刀流開祖、伊藤一刀斎景久に敗れていた。

そして、柳生新陰流、柳生石舟斎宗厳にも敗れる。

新陰流開祖、剣聖の上泉伊勢守信綱にも敗れていた。

水に飢える乾いた大地のごとく、小次郎は己が到底及ばぬ相手を求め敗け続けた。小次郎は「さあて、どう勝つかな?」と嬉しそうにつぶやく。

なぜ歴史上巌流島まで佐々木小次郎が無名のままであったのか。それは、佐々木小次郎が敗け続けたまま最強を目指したからに他ならない。そして、史上最強のルーザーは誕生した。



燕返し

小次郎が「死にたくねぇなあ」「しかし、今回ばかりは「参りました」は通らんだろうな」「一手、ご指南願う」と頭を下げる。

小次郎が「さて、ゆくしかないぞ、小次郎」「ここで、逃げるわけにはいくまい」「吾を強くしてくれた先達に、吾の血肉となってくれた森羅万象に、申し訳が立たぬ」と剣を構えていく。

佐々木小次郎が初手に繰り出せし技は、三尺余の長刀、備前長光、通称物干し竿を上段から全身全霊で振り下ろす渾身の一撃。だが、通常の1.5倍は重い物干し竿は下方へと加速する慣性の法則により剣の急停止はほぼ不可能。

だが、佐々木小次郎の重ねた敗北が絶技を生み出した。それとはすなわち、時速200kmに達する岩燕が翻すがごとく神速の一撃。燕返し。

が、ポセイドンはかわしていく。

ヘルメスは「へえ、驚いたな」「あのポセイドン様が、人間と目を合わせるなんて」と言い放つ。

<<前の話 16話 次の話>>

【終末のワルキューレ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】終末のワルキューレのネタバレ記事をこちらにまとめています。終末のワルキューレの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 終...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。