終末のワルキューレ

【終末のワルキューレ】15話のネタバレ【ポセイドンが兄のアダマスを殺害していこと判明】

終末のワルキューレ15話のネタバレを掲載しています。15話では、オリンポス12神は本来13神で、かつてポセイドンによって殺害され存在が抹消されていたことが判明する。圧倒的強さを誇るポセイドンを前に、小次郎は闘う前からお手上げ状態で座り込んでしまう。終末のワルキューレ15話の内容を知りたい方はご覧ください。

終末のワルキューレ15話のネタバレ

既に18回殺されていた

一、二回戦と違い、第三回戦は水を打ったような静寂から始まった。

アレスが「ううむ、一歩踏み込めば互いの間合い」「どちらも後の先を狙っているというところか」と言うが、ヘルメスは「プフッ」と吹き出し「ポセイドン様は何も狙ってなどいませんよ」「間合いに入ってくる虫を叩き殺す、ただそれだけです」と伝えていく。

小次郎がポセイドンの間合いに入ると槍で串刺しにされる。

が、それは実際の出来事ではなく小次郎のイメージだった。

観客が「構えてるだけで汗だくじゃないか」「あんなんで勝負になんのかよ」とザワついていると、伊織が「ふん、たかが間合いの攻防で疲れ果てるとは」「佐々木小次郎、いよいよもって情けないヤツじゃ」と言い放つ。ヘルメスが「なるほど、あの人間幾度もポセイドン様に仕掛けてはいる様子」「頭の中で、ですよ」「あれ?気付きませんでした?」と説明すると、アレスは「あ、あた?」「いや、そ、そ、そんなこと最初から分かっておるわ」「そうそうそれ、頭の中でな」と焦りながら返していく。

佐々木小次郎は試合が始まりわずかの間に既に18回殺されていた。

小次郎は「全くこりゃ、どう攻めたって死ぬじゃねえか」と絶望していた。





13神

ゲルが「うう〜、小次郎さんが攻めかねてるっスね」「さすが「オリンポス12神」の最恐神ポセイドン様っス」と言うと、ブリュンヒルデは「「12神」ですか」「この機会にゲル、あなたに教えておきましょう」「かつてオリンポスの神々は我らワルキューレと同じく「13神」であったことを」と語っていく。ゲルが「え、13神だった!?どういうことスか?」と聞くと、ブリュンヒルデは「オリンポス13神のうち1神は、ポセイドン様に殺されたのです」と答える。ゲルが驚きながら「え、ええ!?神が神を殺した!?」「は、初耳っス、いったい誰を」と聞くと、ブリュンヒルデは「その神の名は「アダマス」」「今では誰も恐ろしくてその名を口にできない」「かつて全宇宙を統べたクロノスの血を受け継ぐ神のひとり」「アダマスはゼウス、ポセイドンの兄です」と説明する。

オリンポス13神征服神のアダマスが「あのゼウスが最高神だと?」「末弟の分際で認めねぇ、俺は絶対認めねえぞ」と苛立っていた。

ゼウスらオリンポスの神々がティターン神族を打倒したギガントマキア後、末弟ゼウスが最高神位を継承することに不満を抱き、アダマス叛逆。

死と闇の奈落に封じ込められたティターン神族やギガンテスらを解放。展開最凶の怪物と言われたテュポンをも屈服させ、それらを従え進軍した。

ポセイドンの居城大広間にて。

アダマスが「時は満ちた」「すでに、天空の神49神がオレに付いた」「それだけじゃねえ、ヘルメスをはじめオリンポス13神のうち数名がこちら側に寝返ると約束した」「あとはポセイドン、お前さえ味方になってくれればゼウスの首は奪れる」「弟の下に立つ兄などいない、なぁそうだろ」「お前はオレに力を貸してくれるよな、ポセイドン?」と迫るが、ポセイドンは「これが我が兄とは情けない」と言い放つ。アダマスが「わりぃな、ちょっと遠いんだわポセイドン」「今なんつったぁ!?」とブチギレテーブルを蹴り上げ「なんつったか、聞き違いかもしれねえからな」「もう一度ハッキリ言ってみろ」と迫るが、ポセイドンは無視するように返事をしなかった。

ポセイドンが「ゼウスもゼウスだが、てめえもだ」「愚弟の分際で兄を何とも思ってねえ」「俺の目を見ろ」「俺はお前の兄だぞ、敬意を払え」とキレるが、ポセイドンは立ち上がり「神は群れぬ、神は謀らぬ、神は頼らぬ」「それこそが神、はじめから完璧な存在なのだ」「だが、おまえはその全てを侵している」と言い放つ。

アダマスが「きさま、兄である俺を愚弄するか」と怒りが頂点に達し「昔っからだ、昔っからてめぇはそうだった」「一度も、今までたった一度もオレと目を合わせやがらなかった」と振り返りながらポセイドンに襲いかかるが、生涯で唯一ポセイドンがアダマスと目を合わせた瞬間、アダマスの生涯は終わった。

ポセイドンはアダマスを瞬殺していく。

ポセイドンが「13神の中に、神ではない者が混ざっていた」「な、ヘルメス」と言うと、柱に潜んでいたヘルメスが「御意」と跪き、その日より神の歴史は、オリンポスの神々はもとより12神であったと改められた。

アレスが「お、思い出した」「あの時たしか我ら12神の中にもガチの裏切り者がいたという噂」とつぶやくと、ヘルメスが「あ、それ私です」と素直に答える。

アレスが「お、おま、なんてことを」「天界を分断する戦いになっていたかもしれんのだぞ」と焦りまくると、ヘルメスは「それも面白いかなぁと思ったんですけど、ゼウス様も楽しんでおられたみたいですし」と笑いながら返していく。アレスが「全くついてゆけんわ」「それにしても武闘派だったあのアダマス様を一撃だったとは」と呆れると、ヘルメスは「ポセイドン様の真の恐ろしさはそこではありませんよ」「アダマスが最初から存在していなかったと、ポセイドン様が言ったならそうなってしまうこと」「誰も異論を発せない、誰にも異論を許さない、そういうところなのでは?」と言い、アレスは「うむ、そうだな」「だからこそあの御方は、誰よりも神らしい」と納得していた。

ポセイドンの目を見た小次郎が「神様にゃ吾など視界にも入らんか」「さて、どうしたもんかねぇ」「よっこいしょ」と座り込み「死にたくねぇなあ」とつぶやく。

<<前の話 15話 次の話>>

【終末のワルキューレ】全話ネタバレ一覧終末のワルキューレのネタバレ記事をこちらにまとめています。終末のワルキューレの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 終...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。