終末のワルキューレ

【終末のワルキューレ】10話のネタバレ【アダムと妻イヴの過去が明らかに】

終末のワルキューレ10話のネタバレを掲載しています。10話では、アダムと妻のイヴが楽園を追放された過去が明かされていく。ゼウスからラグナロクに参加した理由を聞かれると、アダムは「子供たちを守るのに、理由なんているのかい」と言い放つ。終末のワルキューレ10話の内容を知りたい方はご覧ください。

終末のワルキューレ10話のネタバレ

新しい楽園

後にアレス神は、眼の前で起きた事についてこう述懐した。アレスは「恥をさらすようだが、正直に語ろう」「自慢じゃないがオレは軍神、戦いのプロだ」「オヤジのメテオジャブも神の斧も、凡神には影さえ見えてなかっただろうが、オレはこの眼で捉えていた、ハッキリとだ」「だがいいか?「神」に誓って言うぞ?」「オレはあの時、一瞬も眼を離さなかった」「なのにだ、オヤジが拳を繰り出そうとした、そう思った、次の瞬間」「気がつけばオヤジの顔が後ろを向いていた」とゼウスとアダムの戦いを語っていく。

ゼウスが倒れている光景を見てアレスが「どういうことだ、いったい何が起きたんだ!?」「見ていたのに見えなかったぞ!?」と騒ぐと、ヘルメスは「どうやらあの人間の能力は我々の想像を超えているようですね」「あの時、ゼウス様が奥義を放つと同時、いやほぼ同時に何らかの方法で技をコピー」「そして、ゼウス様の拳を紙一重でかわし、そして、拳を合わせた」と解説する。

アレスが「ヘルメル、お前には見えていたと言うのか!?」「軍神の俺にも見えていなかったものが!?」とヘルメスを掴み上げると、ヘルメスは「いえ、ただそう感じただけですよ、アレスお兄さま」と睨みつける。

ビビったアレスがヘルメスを下ろすと「とにかく何が起きたかオレには全く訳がわからなかった」「ただひとつだけはっきりしていることがある」「オレはこの先1000年修行してもあの人間を倒せない」と感じていた。

アダムが「だから言ったのに、後悔するよ?って」と言い放つと、ヘイムダルが「ダウンダウンダウンダウンダウンダウン、ダウゥウウウウン」「信じられねぇが見てのとおりだ」「とにかくゼウス様がダウン、完膚無きまでにダウン」「俺達はいま、宇宙史上初の奇跡を目にしているー」と実況していく。

ゲルが「強い、強すぎるっスよ」「いくら神の技をコピーできたからってオリジナルを倒せるかどうかは別の話」「なんなんスか、あのアダムって人間は!?」と驚いていると、ブリュンヒルデは「言ったはずです」「あの強さの源泉は最凶の精神力」「そう、神々への憎しみ」と語っていく。

エデンの園にて。

アダムは動物たちと共に何不自由ない楽園生活を送っていた。その時までは。

天界裁判所にて。

アダムの妻イヴが「ち、違いますっ」「神に誓って私は善悪の実など食べておりません」と言うが、「いいえ、ワタシはこの目ではっきり見たのです」と神から禁じられた木の実をイヴが食べたと蛇神が告発していく。

だが事実は、蛇神がイヴを我がモノにしようとし、イヴがアダムへの操を貫いたが故の逆恨み。蛇神は「あのアマぁああ、俺サマをコケにしやがって」「どういう事になるか思い知らせてやる」と自分でかじったリンゴを証拠として突きつけていく。

全くの濡れ衣。しかし、政府は神、司法も神、検察も神。全権力を神が握るエデンで人が有罪になる確率は99.99999%。下された審判は「楽園追放」だった。

イヴが「そんな、それじゃあ私はアダムと離れ離れに?」と絶望していると、そこに大男が扉を開けて入ってくるが、その男は倒れてしまう。

そこにアダムが入ってくる。

アダムはリンゴでいっぱいになったかごを両手に持っており、神たちの前でそのリンゴにかじりつく。

そして、「すっぺ」とすぐに吐き出し、残りのリンゴもかじっては吐き出していく。

蛇神が「アダム、裁判を混乱させ妻を救おうとでも」と迫るが、アダムは無視して「イヴ、君が行くなら俺も行く」と手を差し伸べる。イヴは感動しながらアダムに抱きついていく。それを見た蛇神は「てめぇら、頭ん中まで楽園かァ!?」「ここまで神々を冒涜しておいてハッピーエンドはありえねえぜ」と正体を現していく。

アダムが「あのさ、小鳥たちに聞いたんだけど」「蛇がイヴを泣かしたって」と言うと、蛇神は「だったら何だよ、デクが」「夫婦仲良くコマ切れに切り裂いて土に還してやらあ」と襲いかかるが、アダムは神虚視で動きをコピーする。

アダムの神虚視で蛇神は八つ裂きにされていく。

イヴが「アダム、ごめんなさい、私のために」と謝るが、アダムは「さぁ行こう」「オレたちふたりで新しい楽園を作るんだ」と返し、イヴと共に地上へ去っていった。



子供たちを守るのに、理由なんているのかい

イヴがアダムを応援していた。

ゲルが「これで2戦目白星、イーブンっス、やったっス」と喜ぶと、ブリュンヒルデは「ゼウス登場には少々あせりましたが、相性は良かったようで結果オーライですね」「何より一番やっかいそうなあのジジイをいきなり潰せた事が重畳」と笑いを堪えきれなかった。

ヘイムダルが「さぁ、いいかげん宣言だ」「ラグナロク第二回戦はアダムの勝利で決ッちゃああ」と宣言しようとするが、ゼウスに止められていく。

ゼウスがへし折られた首を無理やり戻すと、アレスが「オヤジ復活ーッ」「俺にはわかっていたぞー」とテンションを上げるが、ヘルメスは「ですがあれは、効いてますよ」と感じていた。

アダムが「おじいちゃん、無理しないでね」と言うと、ゼウスは「わかったわかった、そういう軽口も伊達ではなかったという事じゃの」「おぬしを少し理解させられたわい」「ならばこのジジイにもうひとつ教えとくれや」「おぬしのその目には、神々への憎しみの炎は感じられぬ」「おぬし本当のところ、なぜ神々との闘いに出てきた?」と聞き、アダムは「ハァ、キミまでそんな事言う」「どいつもこいつも「憎しみ」?「復讐」?」「どれもいらない、「なぜ」はない」「子供たちを守るのに、理由なんているのかい」と言い放つ。

<<前の話 10話 次の話>>

【終末のワルキューレ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】終末のワルキューレのネタバレ記事をこちらにまとめています。終末のワルキューレの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 終...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。