ワンピース

【ワンピース】1058話のネタバレ【クロコダイル・ミホークの新懸賞金がやばいwwwww】

ワンピース1058話の要約と注目ポイントをまとめています。1058話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、ワンピースの内容を振り返りたい方はご活用ください。

ワンピース1058話のネタバレ

大幹部たちの懸賞金

ワノ国を出航したルフィたち。そこに新聞が届き、麦わら大船団の大船長ルフィおよび大幹部たちの懸賞金が明らかになる。ついに「大幹部」と呼ばれるように。四皇になった感グッと出ますね。

  • チョッパー:1000ベリー
  • ナミ:3億6600万ベリー
  • ブルック:3億8300万ベリー
  • フランキー:3億9400万ベリー
  • ウソップ:5億ベリー
  • ロビン;9億3000万ベリー
  • サンジ:10億3200万ベリー
  • ジンベエ:11億ベリー
  • ゾロ:11億1100万ベリー
  • ルフィ:30億ベリー

懸賞金なのでなんとも言えませんが、ゾロ>ジンベエ>サンジという序列なのですね。

クロスギルドの真相

新世界カライバリ島にて。バギーがクロコダイルとミホークに捕まっていた。クロスギルドは元々クロコダイルとミホークで設立する組織だったとのこと。

クロコダイルが七武海の特権を失ったミホークに連絡を取っていた。そんなミホークをクロコダイルが「こっちに来い」と組織を組むことを提案していた。ミホークはかつて「海兵狩り」と呼ばれていたらしい。

バギーはクロコダイルに金を借りており、クロコダイルはその取り立てにバギーの元に来ていた。相変らずクロコダイルはビジネスに長けているようですね、そういうところがかっこいい。

バギーズデリバリーは順調のように見えて人数が多く食費がすごいらしく、稼ぎ頭の巨人たちがいなくなったことで資金不足に陥っていたらしい。「貸した金が返せねェならケジメつけろ」とクロコダイルが言い、バギーはクロコダイルの新事業に一枚噛むことになったのだ。

バギーがクロスギルドの社長と報じられたのは、バギーを尊敬しすぎる部下が勝手にやっただけとのこと。

クロコダイルたちの新懸賞金も明らかになる。

  • クロコダイル:19億6千500万ベリー
  • ミホーク:35億9千万ベリー
  • バギー:31億8千900万ベリー

ミホーク、四皇レベルやんw

ミホークは「考え様によってはこいつを祭り上げておくのも悪くない」とバギーをそのままクロスギルドのトップに据えることにし、クロコダイルも了承した。

おれだ

ドラゴンが「本当にコブラ王を殺していたら、いかなる理由があれどおれは許さん」とサボに触れる。コアラがデンデン虫を取ると、サボから通信が届く。

<<前の話 1058話 次の話>>

【ワンピース】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】ワンピースのネタバレ記事をこちらにまとめています。ワンピースの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 ワンピースの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。