ワンピース

【ワンピース】1052話のネタバレ【緑牛が登場|新たな海の皇帝の誕生が確定!!!】

ワンピース1052話の要約と注目ポイントをまとめています。1052話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、ワンピースの内容を振り返りたい方はご活用ください。

ワンピース1052話のネタバレ

聖地マリージョアにて。五老星が四皇二名と同時にニカが登場したという危機に焦りを見せていた。ゾウが霧の中へ消えたという情報を聞き「ワノ国の開国はない」と察すると、「ニコ・ロビンくらいは連れて帰るんだろうな?」とCP0に尋ねる。CP0が「必ず」と焦りながら返すと、「お前らよォ、そこで待ってろ、おれがそっち行くから」と謎の声の主から妨害念波を受ける。

ワノ国は20年の悪政から解放され、光月家の勝利に沸いていた。鬼ヶ島城内では、ホーキンスはドレークの元を訪れていた。

ドレークが「カイドウを裏切らなきゃあ安全だと占いで出たんじゃないのか」と聞くと、ホーキンスは「おれは怪物を目の前に死を悟りカイドウの手下になった、かたやキッド達は死をも覚悟し抵抗を続けた」「もし奴らの勝利が見えていたとして、なぜおれが今更キッドにしっぽを振れる」と返し、ある男が明日まで生きてる確率が1%と占った正体が自分のことだと明かした。

決着より7日目の花の都。カイドウ・オロチを倒した話が伝説として至る所で語られていた。河松と錦えもんはおでんや康イエらをはじめとした国のために戦った大名たちを祀るお堂の建造を計画していた。そこに死んでしまったアシュラとイゾウも祀られるようだ。

ルフィとゾロが目覚めていく。

大人になったモモの助のスケベっぷりは相変わらずだった。

ゾロは「決着の後、もしおれが正気じゃなかったらお前がおれを殺せ」とサンジが言っていたのを思い出すが、サンジは「アレはもう解決した」と無事だった様子。麦わらの一味が温泉に浸かっていく。

キッドが「おれ達はもう「四皇」に代わる者として狙われるんだ」と警戒を強めていると、ローも「その通り、鎖国は外から中が見えねェ分こっちから敵の動きも見えねェ」と警戒していた。そこにアプーが現れ懸賞金額と新しく「海の皇帝」と呼ばれる者たちの名が書かれた新聞を渡してきた。

その頃、緑牛がワノ国上空に来ていた。

<<前の話 1052話 次の話>>

【ワンピース】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】ワンピースのネタバレ記事をこちらにまとめています。ワンピースの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 ワンピースの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。