東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】123話のネタバレ【エマの過去が明らかに】

東京卍リベンジャーズ123話のネタバレを掲載しています。123話では、エマの過去が明かされていく。そして、万次郎がマイキーを名乗ることになった理由も明かされる。東京卍リベンジャーズ123話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ123話のネタバレ

兄妹

エマの母親が「いい?エマ」「ママはこれからとっても遠くに行かなきゃいけないの」「だから、エマはじいじの家に行ってて頂戴」とエマをマイキーの祖父の元に預け、エマが「いつ迎えにくるの?」と聞くと、母親は「用事が終わったらね」と去っていった。

エマは「ねえママ、ウチ本当は知ってたんだ」「ママのキモチ」と考えていた。

佐野道場にて。マイキーの祖父が「よーし、みんな集まれー」「真一郎、万次郎、エマ、オマエらは今日から兄妹だ」と告げていく。

マイキーが「外人じゃねぇの?コイツ」「エマって変な名前」と口にすると、祖父に「仲良くしろよ、オマエら」とど突かれていく。

真一郎が「マンジローは女心がわかってねぇな」「よしエマ、兄ちゃんがどっか連れてってやる」「イケメンだからって惚れんなよ?」と声をかけるが、「変な髪型」と言われ、マイキーに「シンイチローは女心わかってねぇな」と笑われてしまう。

道場の稽古が終わると、真一郎が「圭介ぇ、オマエガキのくせに体幹ぶれねぇな」と場地に声をかける。

場地が「真一郎君」と大声を出すと、祖父が「真一郎」「ったく、アイツは悪さばっかして全然道場に顔を出さん」「圭介、オマエはああなるなよ」と念を押していく。

その傍らでマイキーが華麗な足さばきを見せていた。

場地が「先生、なんで万次郎はろくに練習しねぇのにあんなにスゲェの?」と聞くと、マイキーの祖父は「あれは天才」「なぜならワシの孫だから」とドヤっていた。



今日から俺マイキーになる

場地が「オイ佐野、ちょっと組手しろよ」と声をかけるが、マイキーは「え?ヤダよ」「汗かきたくねぇもん」と断っていく。場地が「じゃあ、なんで道場来てんだよ」と言うと、マイキーは「俺のすごさ見せつけて目立ちたいから」と伝えていく。

場地がエマの存在に気づき三人で話し、「へー、オマエらオフクロが違うんだ?」「外人みてぇな名前だな」と言うと、マイキーも「だろ?」と言い、エマは「脳みそのレベル一緒」と感じていた。

場地が「じゃあオレ、エドワードのエド」と言うと、マイキーは「オレ、マイケルのマイキー」と謎のノリで大盛り上がりする。

エマは「本当はわかってるんだ、ママのキモチ」「ママはウチの事嫌いだから」「だから捨てたって、わかってるんだ」「でも、言ったんだよ?」「用事がおわったら迎えにくるって」「言ったんだ」と急に泣き出してしまう。

祖父が「どうだ、エマは」「少しはウチに慣れたか?」と聞くと、真一郎は「普通にしようって振る舞ってる感じかなぁ」と答える。

真一郎が「笑わせてやりてぇな」と言うと、祖父も「そうだな」と伝えていた。

エマが一人で稽古に励んでいると、マイキーが「全然なってねぇ」「組手してやろうか?」と声をかけるが、エマは「ふん」とそっぽを向いてしまう。

マイキーが「今日から俺、マイキーになる」「兄貴の俺がマイキーだったら一緒だから変じゃねぇだろ?」「これからはずっとマイキーだ、エマ」と言うと、エマは「女心わかってないなぁ」「名前なんて気にしてないし」と言いながらも嬉しそうであった。

マイキーが「惚れんなよ?」と言うと、エマは「バーカ」「二人ともエマのタイプじゃありません」と返しながら「でも」「でも、あれからさみしいって思ったことは一度もないよ」と感じていた。

<<前の話 123話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。