新テニスの王子様

【新テニスの王子様】341話のネタバレ【100%の平等院の強さが明らかに】

新テニスの王子様341話のネタバレを掲載しています。341話では、平等院が世界を渡り歩いて身につけた技を次々と繰り出していく。が、突如平等院に異変が生じボルクのカウンターを浴びてしまう。新テニスの王子様341話の内容を知りたい方はご覧ください。

新テニスの王子様341話のネタバレ

互角?

デュークが「お頭、次はどこへ向かいますかな?」と聞くと、平等院は「インド・アフリカ・中国の猛者を倒し、ヨーロッパにまた渡る」「そこに、今戦いたい奴が3人いる」「「戦場のカリスマ」スイスのアマデウスとの再戦」「カムバックを果たした「ヘニオエレへ」スペインのメダノレ」「そして、「フィローゾフツムズィーク」ドイツのボルク」「コイツらを倒し俺は異次元の力に磨きを掛ける」「さあ帆を上げろ、デューク」と答え、デュークは「まるで海賊ですなぁ」と返していく。

平等院が巨大化させた打球を放つ。

ボルクが返球すると、今度は「チョンゴーホーロンチャー」を繰り出す。

さらに、ロアーオブジアフリカンシンバを放つ。

徳川が「俺との試合はやはり6割制限だったようですね」と試合を観て理解すると、鬼が「これが本当の平等院だ」「仁王が見せたイリュージョンも奴を半分も再現出来てはいねぇよ」と伝えていく。

2-2となり観客たちが「凄ぇぞこの試合」「まさに世界最高峰の一戦だ」「ボルクプロ相手に互角で戦えるなんて」と騒いでいくが、当の本人の平等院は「互角?」「いや、奴はまだ何もしていない」「猛獣が狩りをする前に餌を品定めしている様だぜ」と感じていた。





まずは挨拶代わりだ

レンドールが「ユルゲンのあの瞳を見るのは今年2回目」「ドイツオープン決勝での世界No.1のノバク・ブリンナー戦以来だ」「それだけ、あの日本の主将は危険なんだね」と平等院の強さを感じていた。

ゲーム4-4となる。

種ヶ島が「勝負はこっからやな」「1Pのミスが世界を分ける世界や」と言うと、平等院は「まずは挨拶代わりだ」「我が日本の技、エキゾチックオブJAPAN」と1ポイント目と同じセリフを口にし、ボルクはカウンターでポイントを決めていく。

<<前の話 341話 次の話>>

【新テニスの王子様】全話ネタバレ一覧【最新話あり】新テニスの王子様のネタバレ記事をこちらにまとめております。新テニスの王子様の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。