ヒロアカ

【ヒロアカ】95話のネタバレ【オールマイトのワン・フォー・オール消滅で平和の象徴が崩壊】

ヒロアカ95話のネタバレを掲載しています。95話では、オールマイトのワン・フォー・オールが消滅したことで、平和の象徴が崩壊することとなった。オールマイトは事実上の引退でデクの育成に専念することを決める。ヒロアカ95話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ95話のネタバレ

平和の象徴は死にました

一夜明け、世間は騒然としていた。警視庁では「捕えた脳無はいずれもこれまでと同様、人間的な反応がなく新たな情報は得られそうにありません」「保管されていたという倉庫は消し飛ばされており、彼らの製造方法についても追って調査を進めるしかありません」という報告が入り、偉そうな男が「そもそもその倉庫というのもフェイクじゃねえのか?」「生体実験なぞ行える環境じゃねえし場も安易すぎる」「バーからも連中の個人情報はあがってねえんだろ?」と言い、「現在調査中です」と言われる。

別の男が「大元は捕えたものの、死柄木をはじめとした実行犯らは丸々捕り逃がした」「とびきり甘く採点したとして痛み分けといったところか」と言うが、偉そうな男は「馬鹿野郎、平和の象徴と引き換えだぞ」「オールマイトの弱体化が世間に晒され、もう今までの絶対に倒れない平和の象徴はいない」「国民にとってもヴィランにとってもな」「馬鹿も集まりゃここまで出来ると全員が知った」「俺は恐れているよ」「最初期のプロファイリングじゃ子どもの癇癪とまで言われていた主犯格死柄木弔の犯行計画は数を重ねるごとに回りくどく、世間への影響を見据えたものになっている」「死柄木は考え成長している」「そして、オールマイトが崩れ以前にも増して抑圧がなくなろうとしている状況」「連合は失敗する度力をつけていく」「こうも都合良く勢力拡大の余地が残っていくものかね?」と含みのある言い方をする。「手の内だと?結果論じゃないか?」「ネガティヴに捉えすぎでは?」と言われると、偉そうな男は「わからん」「ただ一つ確実に言えるのは奴等は必ず捕えなきゃならん」「我々警察もヴィラン受け取り係などと言われている場合じゃない、改革が必要だ」と決意していた。

入院中のオールマイトが「私の中の残り火は消えた、平和の象徴は死にました」「しかしまだやらねばならぬ事があります」と言うと、グラントリノが「死柄木弔、志村の孫か」と察していく。

塚内が「奴の発言だろ?根拠が薄くはないか?」「二人ともその先代の家族とは交流がなかったのか?」と口を挟むと、グラントリノは「ああ」「志村は夫を殺されていてな」「我が子をヒーロー世界から遠ざけるべく里子に出している」「俺は俊典には「私にもしもの事があってもあの子には関わらないでほしい」と」と伝えた。オールマイトが「お師匠がせめて平穏にと決別した血縁、私は死柄木を見つけなければ」「見つけて彼を」と口にするが、グラントリノが「だめだ」「見つけてどうする」「おまえはもう奴をヴィランとして見れてない、必ず迷う」「素性がどうであれ奴は犯罪者だ」「死柄木の捜索はこれから俺と塚内で行っていく」「おまえは雄英に残ってすべき事を全うしろ」「平和の象徴ではいられなくなったとしても、オールマイトはまだ生きてるんだ」と伝えていった。





事実上の引退だよ

デクが「あのあと僕らは轟くんたちと合流し、かっちゃんを警察に送り届けた」「かっちゃんは静かだった」「そして、半日以上をかけて僕らは家路を辿った」と振り返る。

轟が帰宅すると冬美が「ちょっと前に帰ってきてね、ずっとああなの」とエンデヴァーの様子を伝えていく。

轟が「オールマイトがもう前線に立てなくなったのならNo.1の地位は」と考えていると、エンデヴァーは「こんな形で、認めんぞ」「認めてたまるか、認めるわけにはいかんのだっ」と荒れまくっていた。

デクも帰宅すると「この先どうなるのか、僕の行動は本当にあれで良かったのか」「オールマイト」と考えながら眠りに入ってしまう。

デクがスマホのバイブで目を覚まし画面を見ると、大慌てでどこかに向かっていく。

デクが浜辺に向かうとそこにはオールマイトがおり、いきなりスマッシュをかまされる。

オールマイトが「君ってやつは本当に言われた事守らない」「全て無に帰るところだったんだぞ、全く誰に似たのやら」「緑谷少年私ね、事実上の引退だよ」「もう戦える体じゃなくなってしまった」と告げながらマッスルフォームに変身する。

が、すぐに変身が解けてしまい「ワン・フォー・オールの残り火は消えおまけにマッスルフォームもろくに維持出来なくなってしまった」「だと言うのに、君は毎度毎度何度言われても飛び出して行ってしまうし、何度言っても体を壊し続けるし」「だから今回、君が初めて怪我せず窮地を脱したことすごく嬉しい」「これから私は君の育成に専念していく、この調子で頑張ろうな」とオールマイトが抱き締めるとデクは大泣きしてしまう。

オールマイトが「君は本当に言われた事を守らないよ」「その泣き虫なおさないとって言ったろう」と伝えると、デクは「頬に残る弱々しい痛みが僕に、オールマイト時代の終幕をじんじんと告げていた」と感じていた。

<<前の話 95話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。