ヒロアカ

【ヒロアカ】64話のネタバレ【轟&八百万が相澤を撃破】

ヒロアカ64話のネタバレを掲載しています。64話では、八百万のオペレーションによって相澤を拘束し、実技演習をクリアしていく。が、他の生徒たちは講師陣の圧倒的強さにまったく歯が立たずにいた。ヒロアカ64話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ64話のネタバレ

なんだかんだ甘い男だこと

轟が「とっておきのオペレーション?」と返すと、八百万は「ええ、私ほんとは考えてましたの、はじめから」と言う。

相澤は「後遺症」「発動時間の短縮とインターバルの増加」「まァ、気付いて突いてくるようなら上出来だ」と考えていた。

轟が炎で相澤の捕縛布に対抗しようとするが、相澤に抹消される。

八百万が「轟さん、隠れるんです、二人で」「先生の目、少し不安定になっているようです」と伝えると、轟が「USJの怪我か」「で!?それを利用すんのか」と返すと、八百万は「いえ、ともかく一旦視界から外れませんと」「時間さえあれば私たちの勝ちですわ」と告げる。轟が「時間」「先生の視界から外れるって!?」「出来るか?個性使えねんだぞ」と言うと、八百万は「今から話す通りに、常に氷結の発動確認を」と伝える。

相澤が「追いついちまうぞ」と捕縛布を放つと、轟は八百万に「「個性が使えない」は思い込みですわ、一瞬必ず隙が生じます」「瞬きし、再び視られるまでの一瞬」「轟さんはその一瞬で出せるでしょう!?」「体育祭で見せたあの大氷壁を」と言われた通り、大氷壁を繰り出していく。

相澤は「轟の最大出力、狙ってきたな」「痛いとこはそうだ、突いていけ」とつぶやいていく。

轟が「復活した瞬間に遮った、これで個性使える」「今のうちに全容を」と言うと、八百万は相澤が使う捕縛布を生成していた。

轟が「相澤先生の武器!?」と聞くと、八百万は「ええ」「素材や詳しい製造工程がわからないので全く同じモノは創れませんが、そのかわりある素材を織り込んだ私ver.ですわ」「住宅街である以上、被害はなるべくおさえなければいけません」「そして、あの捕縛武器による素早く捉え辛い動き」「私の考えはこうです」「これなら先生から逃げ切るよりも成功確率は高いハズです」「勝負は一瞬、よろしいですか?」と確認し、轟は「ああ、文句なしだ」と返していく。

相澤が「脱出ゲートは俺の背後」「なら下手に追撃するより出方をじっくり伺おう」と考えていると、布で姿を隠した二人が現れる。

相澤が「布かよ」「確かに見えなきゃ消せねえが、デメリットのがでかいだろソレ」と捕縛布で二人を捕まえるが、上半身だけマネキンだった。

八百万は「やることは、一つ」とカタパルトで先ほど生成した捕縛布を放つ。

さらに、八百万の指示で轟が地面に炎を放っていく。

相澤が「当てに来ない、一体何を」と考えていると、八百万は「先生相手に個性での攻撃を決め手にするのは極めて不安ですから」「ニチノール合金、ご存知ですか?」「加熱によって瞬時に元の形状を復元する形状記憶合金ですわ」と告げ相澤を拘束する。

相澤を捕らえ轟が「こんなすんなりいくか」と言うと、八百万は「いえしかし、カタパルトの発射で私ミスを犯しました」「先生は気付いた上で距離を取った、あの隙に防げたハズなのに」「先生は故意に策にのったよう見受けられました」と言うが、相澤は「隣の轟を警戒しただけだ、おまえは見えたが轟は布を被ってたからな、凍らされると考えた」「俺が最善手だと思い退いて、それがおまえの策略通りだったわけだ」と伝えていく。

試合を観ていたリカバリーガールは「なんだかんだあまい男だこと」とつぶやく。



それは今試験の前提だからね

一方、瀬呂がミッドナイトの個性によって眠らされ、ミッドナイトは「拘束力には長けていても、それだけじゃ私は捕えられないわよ?」と言い放つ。

プレゼント・マイクが叫んでいく。

耳郎が「口田、あんたの個性で鳥葬にでもしちゃえないの!?動物操れるんでしょ!?」と言うが、口田は「命令出したくてもプレゼント・マイクの声で動物たちが逃げてっちゃう」と返し、耳郎は「耳を塞いでても鼓膜破けそう」「格上どころじゃなかった、完っ全に上位互換、近付けもしない」と口にする。

オールマイトは「素晴らしいぞ、少年たち」「不本意ながら協力し敵に立ち向かう」「ただ二人共、それは今試験の前提だからねって話だぞ」とデクと爆豪を追い詰めていた。

<<前の話 64話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。