ヒロアカ

【ヒロアカ】62話のネタバレ【デク&爆豪がオールマイトに圧倒される】

ヒロアカ62話のネタバレを掲載しています。62話では、デクと爆豪がオールマイトの強さに圧倒されていく。死んでもデクと共闘する気がなかった爆豪だったが、デクの言葉で共闘することに決める。ヒロアカ62話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ62話のネタバレ

何だこの威圧感は

オールマイトが「街への被害などクソくらえだ」「試験だなんだと考えてると痛い目みるぞ」「私はヴィランだ、ヒーローよ」「真心込めてかかってこい」と告げると、デクと爆豪は同時に「何だこの威圧感は」と感じていた。

デクが「正面戦闘はマズイ、逃げよう」と言うが、爆豪は「俺に指図すんな」とスタングレネードで応戦する。

爆豪が「オールマイト、言われねぇでもハナから」と攻撃を仕掛けようとするとオールマイトに掴まえられるが、そのまま爆破で攻撃していく。

が、オールマイトは「フツー顔掴まれたら反射的に引き剥がそうとするもんだろ」「私をマジで倒す気しかないようだ」「そんな弱連打じゃちょい痛いだけだがな」と地面に叩きつけていく。

オールマイトが「君も君だ、緑谷少年」「チームを置いて逃げるのかい?」とデクの元に回り込むと、デクは「何でヒーロー殺しを思い出す!?」とフルカウルを発動して距離を取ろうとするが、突っ込んできた爆豪とぶつかってしまう。

観戦中のリカバリーガールは「片や打倒オールマイト、片や逃げの一手」「後者は憧れが強過ぎるせいだね、緑谷出久にとってオールマイトは神にも等しい」「一方、この子のことはよく知らないが、体育祭や成績だけ見れば素晴らしいセンスの持ち主」「なのに何を焦っているのかね」と感じていた。

デクが「だから、正面からぶつかって勝てるハズないだろ!?」と言うが、爆豪は「勝つんだよ、それがヒーローなんだから」と返していく。デクが「じゃあ、尚更ここでの戦闘は」と言うが、爆豪は「放せ、触ん」と返そうとするが、オールマイトは「とりあえず、逃げたい君にはこいつをプレゼントだ」とガードレールでデクの動きを封じていく。

さらに、オールマイトは爆豪を殴り飛ばす。

デクは幼少期の爆豪が「ホラ見ろ、見たか今の、オールマイトってやっぱカッケーよな」「4対1、絶対負けるって思うよな!?」「でも見ろ、ホラここ」「こー避けてパンチと見せかけて、ホラ、勝っちゃった」「どんだけピンチでも最後は絶対勝つんだよなあ」と言っていたのを思い出していた。





負けた方がマシだなんて、君が言うなよ

オールマイトが「わかるよ、緑谷少年の急成長だろ?」「でもさ、レベル1の力とレベル50の力、成長速度が同じなハズないだろう?」「もったいないんだ君は、わかるか!?わかってるんだろ!?」「君だってまだいくらでも成長出来るんだ、でもそれは力じゃない」と告げると、デクは「嫌な奴さ、でも、そうだ」「どんな事だろうと君は絶対、勝者であろうとするんだ」「僕が憧れた君は」と考えていき、爆豪は「黙れよオールマイト」「あのクソの力ぁ借りるくらいなら、負けた方がまだマシだ」と返していく。

オールマイトが「そっか」「後悔はないようにな」ととどめを刺そうとするが、デクが「負けた方がマシだなんて、君が言うなよ」と爆豪を殴り飛ばしていく。

デクが爆豪を連れ去りながら「僕にはオールマイトに勝つ算段も逃げ切れる算段もとても思いつかないんだ」「諦める前に僕を使うくらいしてみろよ、負けていいなんて言わないでよ」「勝つのを諦めないのが君じゃないか」と伝えていく。

デクは爆豪が小4二人と喧嘩して勝った時のことを思い出していた。

オールマイトが「あそこで緑谷少年が来るとは、油断した」「姿をくらませたということは出口ゲートに向かっているかな?」と二人を追っていると、「どこぉ見てんだあ!!?」と爆豪が奇襲を仕掛けてくる。

爆豪が「ムカツクんだよ、誰がてめェなんかと、てめェなんかと」と考えながらも「撃て」とデクに伝え、デクは爆豪の籠手を構えていく。

<<前の話 62話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。