ヒロアカ

【ヒロアカ】50話のネタバレ【飯田が仇敵ステインと会敵】

ヒロアカ50話のネタバレを掲載しています。50話では、グラントリノの元で修行に励むデクが、フェーズ2の職場体験に向かっていく。保須市では、死柄木が脳無を繰り出し、飯田は仇敵ステインと会敵する。ヒロアカ50話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ50話のネタバレ

フェーズ2

職場体験三日目。PM5:00。グラントリノが「これ以上同じ戦法の奴と戦うと変なクセがつくかもな」と言うと、デクが「クセとか以前にまだまだ慣れが足りないです、もっとお願いします」と返すが、グラントリノは「いや、充分だ」「フェーズ2へ行く、職場体験だ」「つーわけでいざヴィラン退治だ」と告げていく。

デクが「ええ〜、いきなりですか!!?」と驚くが、グラントリノは「だぁから、俺とばかり戦ってると全く違うタイプへの対応でつまずく」「次は様々なタイプと実況の経験を積むフェーズだ」と伝える。デクが「仰る事はごもっともですけど、こう突然だと心の準備が」と日和っていると、グラントリノは「ヴィランとの戦闘は既に経験してるんだろ?」「それにそんなでかいヤマには近付かんさ」「ちょっと遠出する」「ここいらは過疎化が進み犯罪率も低い」「都市部にヒーロー事務所が多いのはそれだけ犯罪が多いからだ」「人口密度が高けりゃそれだけトラブルも増える」「渋谷あたりは小さなイザコザ日常茶飯事なわけよ」と説明する。

デクが「渋谷ぁ!?まさかそんなハイカラの街にコスチュームで!?」と言うが、グラントリノは「ヒーロー同伴でなきゃ着られん服だろ!?最高の舞台で披露できるのを喜びんさい」と言う。デクが「てなると、甲府から新宿行き新幹線ですか?」と聞くと、グラントリノは「うん」と答え、デクは「保須市、横切るな」「飯田くん気になるな、あとで連絡してみよう」と考えていた。

ほぼ同時刻保須市。ヒーローが「今日も今日とてパトロール、ごめんな代わり映えなくてと言うと、飯田は「いえ、むしろ良いです」と返しながら辺りを見回していく。

ヒーローが「ねえ、聞きにくいんだけどさ、君ヒーロー殺し追ってるんだろ」「ウチに来る理由が他に思い当たらなくてね」「や、別に来てくれた事は嬉しいんだぜ!?」「ただ、私怨で動くはやめた方がいいよ」「我々ヒーローに逮捕や刑罰を行使する権限はない」「個性の規制化を進めていった中で、個性使用を許されてるわけだからヒーロー活動が私刑となってはいけない」「もしそう捉えられればソレはとても重い罪となる」「あ、いや、ヒーロー殺しに罪がないとかじゃなくてね」「君真面目そうだからさ、視野がガーッとなっちゃってそうで」「案じた」と伝えると、飯田は「ご忠告感謝します」「しかし、じゃあしかし、この気持ちをどうしたらいい!?」と拳を握り締めていた。





おまえを倒すヒーローの名だ

死柄木が「保須市って思いの外栄えてるな」とステインと共に保須市に現れる。

ステインが「この街を正す、それにはまだ犠牲が要る」と言うと、黒霧が「先程仰っていたやるべき事というやつですか?」と聞き、ステインは「おまえは話がわかる奴だな」「ヒーローとは偉業を成した者にのみ許される称号」「多すぎるんだよ、英雄気取りの拝金主義者が」「この世が自ら誤りに気付くまで、俺は現れ続ける」と街に繰り出していく。

死柄木が「あれだけ偉そうに語っといてやる事は草の根運動かよ」「健気で泣けちゃうね」と言うが、黒霧は「そう馬鹿にも出来ませんよ」「事実、今までに彼が現れた街は軒並み犯罪率が低下しています」「ある評論家が「ヒーロー達の意識向上に繋がっている」と分析しバッシングを受けたこともあります」と説明する。

死柄木が「それは素晴らしい、ヒーローが頑張って食いぶち減らすのか」「ヒーロー殺しはヒーローブリーダーでもあるんだな、回りくどい」「やっぱ合わないんだよ根本的に、ムカツクしな」「黒霧、脳無出せ」「俺に刃ァつき立ててただで済むかって話だ」「ブッ壊したいならブッ壊せばいいって話」「大暴れ競争だ」「あんたの面子と矜持、潰してやるぜ大先輩」と複数の脳無を繰り出していく。

新幹線に乗りながらデクが「着く頃には夜ですけどいいんですか?」と聞くと、グラントリノは「夜だから良い」「その方が小競り合いが増えて楽しいだろ」と伝え、デクは「楽しかないですけど納得です」と理解する。

デクは「既読なのに返事がない」「飯田くん、いつも既読後3分以内には返事くれるのに」と飯田とのLINEを確認していた。

「お客様、座席にお掴まり下さい」「緊急停止します」と車内アナウンスが流れると、脳無が電車を襲撃してくる。

「小僧座ってろ」とグラントリノが即座に脳無に対応する。

デクは「何が起きた!!?」「何だ今の!?この街保須だよな!?」「飯田くん」と飯田の身を案じていく。

ヒーローが「マジかよ、このご時世に馬鹿だな」「天哉くん、現場行く、走るよ」と言うが、飯田は何かを見つけて路地裏に走っていく。

ステインが「騒々しい、阿呆が出たか?」「後で始末してやる」「今は、俺が為すべき事を為す」とヒーローを捕らえていた。

ヒーローが「身体が、動かね」「クソやろうが、死ね」と吐き捨てると、ステインは「ヒーローを名乗るなら死際のセリフは選べ」ととどめを刺そうとするが、背後の飯田に気づき刀を振るう。

ステインが「スーツを着た子ども、何者だ」「消えろ、子どもの立ち入っていい領域じゃない」と言うと、ステインは「血のように紅い巻物と全身に携帯した刃物」「ヒーロー殺しステインだな、そうだな!?」「おまえを追ってきた、こんなに早く見つかるとはな」「僕は」と怒りを露わにすると、ステインは「その目は仇討ちか」「言葉には気を付けろ、場合によっては子どもでも標的になる」と刀を向ける。

飯田が「標的、ですらないと言っているのか」「では聞け、犯罪者」「僕は、おまえにやられたヒーローの弟だ」「最高に立派なヒーローの弟だ」「兄に代わりおまえを止めに来た」「僕の名を生涯忘れるな」「インゲニウム、おまえを倒すヒーローの名だ」と宣言し、ステインは「そうか、死ね」と返していく。

<<前の話 50話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。