ヒロアカ

【ヒロアカ】42話のネタバレ【雄英体育祭の決勝爆豪VS轟が開幕】

ヒロアカ42話のネタバレを掲載しています。42話では、飯田の兄がヴィランにやられてしまったことが明らかになる。雄英体育祭の決勝、爆豪VS轟が開幕となる。ヒロアカ42話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ42話のネタバレ

「ヒーロー殺し」ステイン

爆豪が「うっぜえなぁあー、それ」と常闇のダークシャドウに爆破を放つ。

プレゼント・マイクが「爆豪対常闇、爆豪のラゥシュが止まんねえ」「常闇はここまで無敵に近い個性で勝ち上がってきたが、今回は防戦一辺倒、懐に入らせない」と実況していく。

芦戸が「常闇何でェ!?私たちんときは超攻撃してきたのに」と言い、八百万が「何かタネが?」と言う。お茶子が「爆発の光で攻撃に転じれん、相性最悪だ」と気づくが、デクは「僕らに明かしてくれた弱点かっちゃんにバレてなければ転機はあるよ」と言う。

常闇は「読みが甘かったか」「ダークシャドウの体力を補充する暇がない」「体力が尽きれば終わる」「疲弊を狙う気が、こいつますます機敏に」と考えていた。

常闇が「掴め、ダークシャドウ」とダークシャドウで爆豪を捕まえようとするが、爆豪は躱して裏を取りスタングレネードを放つ。

常闇が「知っていたのか」と言うと、爆豪は「数撃って暴いたんだバァカ」「まァ、相性が悪かったな、同情するぜ」「詰みだ」と言い、常闇が降参していく。

結晶が轟対爆豪に決まる。

試合を観戦する飯田のスマホに母親から電話が入り、「天哉、落ち着いて聞いて、天晴が」と兄がヴィランにやられたことを知らされる。

ヒーロー殺しが「おまえらは気付きもしない」「偽善と虚栄で覆われた歪な社会、ヒーローと呼ばれる者ども」「俺が気付かせてやる」と語っていると、黒霧が「探しましたよ、「ヒーロー殺し」ステイン」と声をかけてくる。

ステインが刀を向けると、黒霧は「落ち着いて下さい、我々は同類」「悪名高い貴方に、是非とも会いたかった」「お時間少々よろしいでしょうか」と共にワープしていく。



俺がトップだ

控え室で轟が「緑谷と戦うまで考えるなんて考えもしなかった」「お母さん、俺は」と考えていると、爆豪が間違えて入ってくる。

無反応の轟を見た爆豪が「部屋間違えたのは俺だけどよ、決勝相手にその態度はオイオイオイ、どこ見てんだよ半分野郎が」とブチギレる。

轟が「それ、緑谷にも言われたな」「あいつ、無茶苦茶やって他人が抱えてたもんブッ壊してきやがった」「幼馴染なんだってな、昔からあんななのか?緑谷は」と聞くと、爆豪は「あんなクソナード、どうでもいんだよ」「ウダウダとどうでもいんだよ」「てめェの家事情も気持ちも、どうでもいいから俺にも使ってこいや炎側」「そいつを上から捩じ伏せてやる」と言い部屋を去っていく。

爆豪が「そんで、俺がトップだ」と考えながら、決勝戦が始まっていく。

<<前の話 42話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。