ヒロアカ

【ヒロアカ】41話のネタバレ【オールマイトが無個性だったことが判明|ヒーロー殺しが登場】

ヒロアカ41話のネタバレを掲載しています。41話では、オールマイトの口からデクと同様に無個性だったことが明かされる。雄英体育祭が進行していく中、町にはヒーロー殺しの異名を持つヴィランが暗躍していた。ヒロアカ41話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ41話のネタバレ

私も無個性だったんだぜ

リカバリーガールが治療を行い「とりあえず歩けるくらいには治癒を進めたよ」「それは短期間で酷使しまくった報いね」「その歪んじまった右手を戒めにするんだね」「こういう怪我は今後もう治癒しない」「こんな破滅的な方法じゃなくて、この子のやれる別の方法を模索しなさい」とデクとオールマイトに伝えていく。

オールマイトが「方法か」とつぶやくと、デクは「オールマイト」「雄英の先生になったのは元々後継を探す為だったんですよね?」「今回、雄英で全力で挑んで皆譲れない強い思いがあるのを肌で感じました」「それで僕」と言うと、オールマイトが「後継になるべき人間が他にいるんじゃ?って?」と察する。デクが「ハイ」と答えると、オールマイトは「確かにここは素晴らしいヒーローの卵たちばかりだ」「ワン・フォー・オールは力の結晶」「個性あるもの、例えば轟少年が引き継げば半冷半熱の上、超パワーを持ったスーパーヒーローとなるだろう」「けどな、私も無個性だったんぜ」「君の世代程じゃないが「珍しい」部類だったよ」「先代は個性持ちだったが、それでも私を信じ育て上げてくれた」と伝えていく。

デクが「そんな話一度も」と返すと、オールマイトは「聞かれなかったからね、聞かれると思ってたのに」「最初はかつての自分と重ねていたよ」「しかし、君は私の想像をもう何度も超えてきた」「君にしか導き出せないものがあると、私は思ってるぞ」「あと君、まだ体育祭終わってないぞ、しっかり見届けて来な」と伝えていく。



ヒーロー殺し

爆豪が切島にカウンターの爆破を放つが、切島は「効かねーっての、爆発さん太郎があ」と言い放つ。

デクが観戦席に戻ると「切島くんとかっちゃん」「ってことは飯田くん対塩崎さん、芦戸さん対常闇くんは」とすでに試合が終わってしまっていることに気づく。

飯田が「緑谷くん、手術無事成功したんだな」と声をかけると、デクは「うん、ありがとう」「それよりどうやって塩崎さんのイバラに勝ったの!?」と聞くと、飯田は「機動力に勝るモノなし」「開幕「レシプロバースト」で背を取り場外さ」「というか、見逃した分は後にVTRで確認できるぞ」「ベスト4まで来たよ」「君と轟くんの戦い、糧にさせてもらうぞ」と答える。デクが「うん」「飯田くんの活躍、インゲニウムも見てるかな」と言うと、飯田は「さっき電話したんだが仕事中だったよ」「でも逆に良かった、ここまで来たらNo.1で報告しないとな」と伝えていく。

爆豪の攻撃が切島に効いていく。

爆豪が「てめぇ、全身ガチガチに気張り続けてんだろ」「その状態で速攻仕掛けてちゃいずれどっか綻ぶわ」と爆破攻撃を連打していく。

爆豪が「まァ、俺と持久戦やらねえってのもわかるけどな」と切島をダウンさせ、三回戦進出を決める。

飯田と轟の対決が始まる。

開幕轟が氷結を放つと、飯田は「緑谷くんのような打ち消しは出来ん」「炎も使うようになったのなら択を迫られる」「ならば、レシプロバースト」「エンジンが止まるまでに約10秒ある」「その間に決める」と氷結を躱しながら轟を蹴りつける。

飯田が「あと8秒、行ける」「このまま場外へ投げ飛ば」と轟を場外に運ぼうとするが、排気筒が詰まって動きが止まってしまう。

飯田が「いつの間に」と驚くと、轟は「蹴りん時」「範囲攻撃ばかり見せてたからこういう小細工は頭から抜けてたよな」と飯田を凍らせていく。

轟が「警戒はしてたんだがレシプロ、避けられねえな、さすがに」と言いながらも飯田に勝利し、決勝進出を決める。

その頃、ヒーロー殺しの異名を持つヴィランが町で暗躍していた。

<<前の話 41話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。