ヒロアカ

【ヒロアカ】31話のネタバレ【轟の壮絶な過去が明らかに】

ヒロアカ31話のネタバレを掲載しています。31話では、轟から自身の壮絶な過去を明かされる。そして、次の種目がトーナメント形式の一対一のガチバトルであることが判明する。ヒロアカ31話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ31話のネタバレ

誰かに救けられてここにいる

デクが「あの、話って何?」「早くしないと食堂すごい混みそうだし」と言うが、轟はただ睨みつけてくる。

デクが「かっちゃんとはまた違う冷たい威圧感」と感じていると、デクは「気圧された、自分の誓約を破っちまう程によ」「飯田も上鳴も八百万も常闇も麗日も感じてなかった」「最後の場面、あの場で俺だけが気圧された」「本気のオールマイトを身近で経験した俺だけ」と話していく、デクが「それ、つまりどういう」と聞くと、轟は「おまえに同様の何かを感じたってことだ」「なァ、オールマイトの隠し子か何かか?」と問いただす。

デクが「な、なるほど、そうなるのか」と感じながら「違うよ、それは」「って言ってももし本当にそれ、隠し子だったら違うって言うに決まってるから納得しないと思うけど、とにかくそんなんじゃなくて」「そもそも、その逆に聞くけどなんで僕なんかにそんな」と焦りながら説明していくと、轟は「「そんなんじゃなくて」って言い方は、少なくとも何かしら言えない繋がりがあるってことだな」「俺の親父はエンデヴァー、知ってるだろ」「万年No.2のヒーローだ、おまえがNo.1ヒーローの何かを持ってるなら俺は、尚更勝たなきゃいけねぇ」と言い放つ。

オールマイトが「超久し振り、10年前の対談振りかな!?」「見かけたから挨拶しとこうと思ってね」と声をかけると、エンデヴァーは「そうか、ならもう済んだろう、去れ」「茶など冗談じゃない、便所だ、うせろ」とそっけなく返すが、オールマイトは「つれないこと言うなよー」とオールマイトが回り込む。

オールマイトが「君の息子さん焦凍少年、力の半分も使わず素晴らしい成績だ、教育が良いのかな」と言うと、エンデヴァーは「何が言いたい」と返す。オールマイトが「いや、マジで聞きたくてさ、次代を育てるハウツーってのを」と返すと、エンデヴァーは「?」「貴様に俺が教えると思うか?」「相変わらずそのあっけらかんとした態度が癪に障る」「これだけは覚えとけ、アレはいずれ貴様をも超えるヒーローにする」「そうするべくつくった仔だ」「今は下らん反抗期だが、必ず超えるぞ、超えさせる」と言い放つ。

轟が「親父は極めて上昇志向の強い奴だ」「ヒーローとして破竹の勢いで名を馳せたが、それだけに生ける伝説オールマイトが目障りで仕方なかったらしい」「自分ではオールマイトを超えられねぇ親父は次の策に出た」と語り出すと、デクは「何の話だよ、轟くん」「僕に何を言いたいんだ」と言い、轟は「個性婚、知ってるよな」「超常が起きてから第二〜第三世代間で問題になったやつ」「自身の個性をより強化して継がせる為だけに配偶者を選び結婚を強いる」「倫理観の欠落した前時代的発想」「実績と金だけはある男だ」「親父は母の親族を丸め込み、母の個性を手に入れた」「俺をオールマイト以上のヒーローに育て上げることで自身の欲求を満たそうったこった」「うっとうしい、そんな屑の道具にはならねえ」「記憶の中の母はいつも泣いている」「「おまえの左側が醜い」と母は俺に煮え湯を浴びせた」「ざっと話したが、俺がおまえにつっかかんのは見返す為だ」「クソ親父の個性なんざなくたって、いや、使わず一番になることで奴を完全否定する」と言い放つ。

それを爆豪は陰から聞いていた。

デクが「あまりに違う世界の話で正直ビビった」「目指す場所は同じでもこうも違うのかって」と考えていると、轟は「言えねえなら別にいい」「おまえがオールマイトの何であろうと、俺は右だけでおまえの上に行く」「時間とらせたな」と去っていくと、デクは「コミックだったら主人公だ、それ程の背景」「それに対し僕が言えることなんて」と考えながらも「僕は、ずうっと助けられてきた」「さっきだってそうだ、僕は誰かに救けられてここにいる」「オールマイト、彼のようになりたい」「その為には1番になるくらい強くならなきゃいけない」「君に比べたらささいな動機かもしれない」「でも、僕だって負けらんない」「僕を救けてくれた人たちに応える為にも」「さっき受けた宣戦布告、改めて僕からも僕も君に勝つ」と伝えていく。





一対一のガチバトル

プレゼント・マイクが「あくまで体育祭」「ちゃんと全員参加のレクリエーション種目も用意してんのさ」「本場アメリカからチアリーダーも呼んで一層盛り上げ」「ん?アリャ?」「どーしたA組」とA組がチアダンスの格好をしていることに気づく。

八百万が「峰田さん、上鳴さん、騙しましたわね!?」と怒鳴る。峰田は事前に「午後は女子全員ああやって応援合戦しなきゃいけねえんだって」と伝え、上鳴も「信じねぇのも勝手だけどよ、相澤先生からの言伝だからな」と伝えていた。

プレゼント・マイクは「さァさァ皆楽しく競えよ、レクリエーション」「それが終われば最終種目、進出4チーム総勢16名からなるトーナメント形式」「一対一のガチバトルだ」と次の種目を発表していく。

<<前の話 31話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。