ヒロアカ

【ヒロアカ】308話のネタバレ【デクが歴代の個性を駆使しながらマスキュラーを一蹴】

ヒロアカ308話のネタバレを掲載しています。308話では、デクが歴代OFAの個性を駆使しながらマスキュラーと戦っていく。得意の分析力も発揮しながら、デクはマスキュラーを一蹴していく。ヒロアカ308話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ308話のネタバレ

忘れられるワケがねェ

デクを見たマスキュラーが「忘れられるワケがねェ」「おまえだろ!?なァ!?」「緑谷だ、逢いたかったぜ」「雑魚ばかりで物足りなかったよ、ずっとぉ」と言い放つ。

マスキュラーが「違うんだ、勘違いすんなよ?」「復讐だとかの立派な話じゃねェんだ」「俺はただ、この個性で好きに暴れられれば十分だと思ってたんだ」「けど、俺も人間なんだよなぁ」「あの時の愉しさを知っちまったら、もう戻れやしねェ」「全力でヤろうぜぇ、緑谷」とデクのいるビルを破壊していく。

デクが真堂を助け中瓶に預けていく。

デクが「間に合わなくてすみません、すぐ手当を」「建物の被害も大きくなってしまった」「こっからは被害ゼロにします」と伝えていくと、中瓶は「はい」と答えながら「煙で姿が見えない」「でも、どこかで聞いたことある声、誰!?」と感じていた。

デクが「多過ぎたかも」と考えていると、歴代ワン・フォー・オール継承者の一人が「ああ、制御域を超過してる」「「煙幕」出しすぎ」「逆手に取られたら元も子もないって言わなかったっけ」「OFAの影響で弁がバカになってるんだよ、何せ8代に渡って培われた力だ」「力の大きさ、扱いの難しさは当然9代目が最も被る」「だからこそ敢えて、肩の力を抜こう」「俺たちの個性は殆どがそれ単体では必殺にはなりえない」「君は個性を尊重しすぎてる」「道具だと考えよう、これらの道具で攻略の筋を組み立てるんだ」と伝えていく。





これも、僕の全力だ

デクが「マスキュラー、100%スマッシュにも耐え得る男、僕だって忘れられない」と考えながら「浮遊」で宙に浮いていく。

デクが「「煙幕」で視界を絞って誘導する」「さぁ僕、あの日の記憶を呼び起こせ」と誘い出すと、目論見通りマスキュラーが攻撃を仕掛け、デクは「「危機感知」で予測の補強」と攻撃を躱していく。

さらに、デクは「黒鞭」でマスキュラーを投げ飛ばしていく。

デクが「おまえを逃がした死柄木とAFOは今どこにいる」と聞くが、マスキュラーは「知らね、奴らがくれたの「好きにしろ」の一言だけだ」と答えていく。マスキュラーが「目移りすんなよなぁ、白けるぜ」「こんな小細工もつまんねぇよ」「あの日のようにぶつかろうぜェ!?全力でぇ」と言うと、デクは「何でそこまで暴れたいんだ」と返し、マスキュラーは「悔いのねェ人生を送る為さ」と答えていく。デクが「悔いって何だ」と聞くと、マスキュラーは「愉しみを存分に味わえねェ事だ」と答えていく。デクが「他に道はなかったのか、今筋強斗」と言うと、マスキュラーは「皆無だね」「俺に同情でもしてぇのか!?」「そういうのは他所でやんな」「俺の心に在るのは、血と闘争だけだ」と体を膨張させていく。

デクが「知っていたなら何か違っていたのかもしれない」「多くの人を傷つけ殺してきた人」「でもせめて、その心の奥底を」と考えながら「筋肉の張り足しの間隔」「力を消費した筋肉は剥がれる又は剥がす」「駆け引きを嫌う奴がわざわざ階下に飛んだ」「張り足しの感覚がズレてたんじゃないか?」「気付かない内に振動トレーニングでもしたか?」「これも、僕の全力だ」とマスキュラーを分析しながら一蹴していく。

<<前の話 308話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    これ以上、轟家と関わっても、エンデヴァー共に、任せても、あいつらの未来は見え透いている。それに、今のヒーローの構成員は、生徒や先生の人のみ。そんな感じだし、ハンターハンターでも、これ以上、クラピカに任せていたら、ゴン達の未来は見え透いていたから、クラピカには、退場させた。今の旅団は、盗賊集団じゃないし、ただのダークヒーロー共だってことだよ。そんな感じで、ヒーロー制度が崩壊した以上、もう、殺しに着き回されることはなくなったので、今のステインは、殺人鬼ではなくて、ただのダークヒーローってことであるから。

    • たまに来る度にあなたを見かけて嫌になりました より:

      構ってもらいたいからって、紡がれた作品・物語に押し付けないでください。
      構ってもらいたいわけじゃないなら、ここに書くべき事じゃないです。
      あなたの理想は、あなたの世界の中であなたのヒーローに押し付けてください。

      あなたは、周りの人を悲しませたり腹を立てさせたいのだと想像します。そう思われるコメントをあなたは、書き込んでいます。
      そういうつもりは無くても、傷つけています。
      たくさんの人が悲しいのは嫌なのでやめて下さい。
      ilkaっていう匿名アプリオススメですよ。
      あなたに幸せが訪れますように。

    • 匿名 より:

      句読点多すぎですよ…

  2. 匿名 より:

    今は、デクは、主人公から、除名された。それに、事が大きくなりたくないからさ。オールマイトの復活、AFOの復活、そして、オールマイトとAFOは、再び、激突する。ヒーローとヴィランの本当の戦いとなって来た。これ以上、エンデヴァー共に任せても、彼等の未来は見え透いているからな。そんなデクも、除名されてしまった。ヒーローは、再び、勢力を拡大する。バトスピ赫盟のガレットみたいに、第三の種族が現れた。そんな感じで、ドブネズミ共を増やしてしまったものだったからな。

  3. 匿名 より:

    今の主人公は、爆豪と死柄木になっているからな。デクとマスキュラーがぶつかったからな。主人公の表の顔だからな。ヒーローサイドの主役はデクと爆豪、ヴィランサイドの主役は、マスキュラーと死柄木だからな。エンデヴァー共と一緒にいるより、ヴィラン共と関わっていた方が、荒みきって来ないからな。

  4. 匿名 より:

    ステインは、ヒーローやヴィラン狩りをする事は、一切ない。仮面ライダーゼロワンでも、或人と滅との戦いは、最悪だったからな。そんな感じ、ヒーローとヴィランの戦いは、人間とヒューマギアや死神と破面の戦いに似ている。今の主人公は、デクじゃないから、マスキュラーでもない。

  5. 匿名 より:

    ヒーローとか、ヴィラン呼びするのも、空き地あって、組織改名してほしいと思います。死神と破面の戦いみたいだしな。人間と魔族との戦いみたいだしな。モーブが、人間と魔族の時代は終わるそんな感じになってて、絶対に阻止しなければならない。ヒーローとヴィランに続く、ブレイカー。繋がりは、連続される。ヒーローとヴィラン狩りが開始された。今度は、第三勢力が現れる程だろう。企業が、警察や政府と敵対していた事があったからな。そんな事で、モーブが、人間と魔族に敵対して、モーブの帝国を創り出そうとしていたからな。ヴィランは、新人類みたいなものだからな。

  6. 匿名 より:

    ヒーローは、古い種族で、ヴィランは、新しい種族だってこと。ヴィランは、新社会の職業であること。ダークヒーローは、新社会の職業であり、そんな人希望にもなっている。

  7. 匿名 より:

    ヒーローはホワイトヒーローで、ヴィランはダークヒーロー、ブレイカーはブラックヒーローってことだろう。Lはホワイトヒーローで、メロはダークヒーロー、ニアはブラックヒーローと呼ぶくらいだからな。護廷十三隊は、ホワイトヒーロー集団、十刃は、ダークヒーロー集団、星十字騎士団は、ブラックヒーローと呼ぶからな。

  8. 匿名 より:

    政府の連中が動き出してくる。軍事と経済の破壊を開始するからな。滅却師が、死神と破面を崩壊しようとしていた事があったから。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。