ヒロアカ

【ヒロアカ】302話のネタバレ【轟家総出で荼毘を救いに行く胸熱展開に】

ヒロアカ302話のネタバレを掲載しています。302話では、エンデヴァーが焦凍に傾倒していった理由、燈矢焼失の詳細が明らかになる。共に過去を省みたことで、轟家総出で荼毘を救い出す展開となっていく。ヒロアカ302話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ302話のネタバレ

火が消えないんだよ

エンデヴァーが「今後は、焦凍を他の子らと一切近付けさせないことにする」「俺は仕事でずっと面倒を見るわけにはいかん」「その為の使用人を雇った」「おまえも燈矢から目を離すな」と言うと、冷が「あの子はあなたに見て欲しいんだよ」と伝えていく。エンデヴァーが「俺はヒーローの世界しか見せられない」と返すと、冷は「ヒーロー?」「逃げてるだけじゃないの?」と言い放つ。

5年後、エンデヴァーの子供たちは大きくなっていた。

焦凍が燈矢たちが遊んでいるのを窓から見ていると、エンデヴァーに「見るな」「アレらはおまえとは違うの世界の人間だ」と訓練に連れて行き、焦凍が「いっかいあdけでいいから、燈矢兄たちと遊ばせて」と言うが、エンデヴァーは「ダメだ、出力訓練だ」と言い放つ。

燈矢は寝ようとしている夏雄に「そりゃあ、あの時は俺が悪かったよ」「焦凍に罪はなかったもの」「でも、お父さんも悪かったんだよ」「俺たちは失敗作だから相手にされない」「すごいよな、要らない子をつくって、これが現代ヒーローなんだぜ」と言うと、夏雄は「たまには姉ちゃんとこで言ったら?」と返し、燈矢は「夏くんまで俺をたしなめるのか!?やめてくれ」「夏くんしか理解できないから話してるのに」「わかるだろ、家の女は皆だめだめなんだ」と言い放つ。

冷が外に出ようとする燈矢に「待って、またお山に行く気でしょ」「たまにはクラスメイトと遊んでみたり」と止めようとするが、燈矢は「友だちなんかいらない、世界が違う」と返していく。冷が「燈矢おまえ、本当にヒーローになりたいの?」「お母さんには、お父さんに縛られて苦しんでる様に見える」「燈矢、世界は沢山あって選択肢は無数にあるの」「お父さんだけじゃない、もっと外を見て」「その中で本当になりたい自分を見つけてほし」と伝えようとするが、燈矢は「お母さんが何を知ってんだよ!?」「啓発本でも読んだのかよ!?」「おばあちゃん達が貧乏してたからお母さんを売ったんだろ、お母さんはそうするしかなかったんだろ」「だから俺が生まれたんだろ!?」「お母さんも加担してんだよ」と言い放つ。

燈矢は13歳の冬、早生まれの小さな身体に漸く二次性徴が訪れ始める。身体の変化と共にその炎は、赤から蒼へと色を変えていた。





轟家のヒーロー

燈矢が「お父さん、今度の休み瀬古杜岳に来てよ」と言うと、エンデヴァーはすかさず燈矢の服をめくって火傷を確認し、「おまえまだ」と言い放つ。

燈矢が「すごい事になったんだ、必ず来て」「焦凍にあdって到達できるかどうか」「オールマイトにも負けないかもね」「お父さんもきっと認めざるをえなくなるかさ」「俺をつくって良かったって、思うから」と伝えていくが、エンデヴァーは冷に「何故止めなかったか」「頼んだはずだ」とブチギレていく。

焦凍が「お母さんいじめないで」「やめて、いじめないでよ」と泣き叫ぶが、エンデヴァーは「焦凍は出てろ、関係ない話だ」と言い、怒鳴り声が聞こえ冬美と夏雄も怯えていた。

冷が「選択肢は限られていたけれど、選んで進んだのは私の足で」「せめてその先では笑っていようと思っていたにに」と考えながら、「私じゃ止められない」と呟く。

冷が「そして、あなたは行かなかった」と言うと、エンデヴァーは「薪をくべてしまうだけだと」「いや、何と声を掛けたらいいのか、わからなかったんだ」と返し、冷は「私もそうだった」と言う。

荼毘は「あれは熱かったな」「ま、自業自得だよな」「火力の上げ方しか、教えてくれなかったもんなあ」と当時のことを振り返る。

エンデヴァーが「燈矢を殺してしまったことで後に引けなくなっていた、焦凍に傾倒する他なくなっていた」と言うと、冷は「燈矢が消えてエスカレートしていくあなたが悍ましくて、こどもたちにまで面影を見るようになってしまった」と伝えていく。冬美が「壊れてるのを知りながら怖くて踏み込めなかった」「上っ面で繕うことしかしてこなかった」と言い、夏雄は「全部あんたが始めた事であんたが原因だ」「でも、俺がぶん殴って燈矢兄と向かい合わせてやれてたら、荼毘は生まれてなくて焦凍に盛り蕎麦をご馳走してやれてたかもしれない」と伝えていく。

冷が「責任はあなただけのものじゃない」「今回の事は私たち全員の責任」「心が砕けても私たちが立たせます」「あなたは荼毘と戦うしかないの」と言うと、エンデヴァーが「おまえ、本当に冷か?」と返し、冷は「私たちよりよっぽど辛いハズの子が、恨んで当然の私を再びお母さんと呼んでくれた」「雄英高校でお友だちをつくって、私たちをつなぎとめてくれた」「焦凍が轟家のヒーローになってくれたのよ」と言い放つ。

焦凍が「ここに来る前、お母さんと話した」「おまえがもう戦えねェと思って、俺がやるしかねェって思ってた」「でも、違うみてえだ」「泣き終わったら立てよ、皆で燈矢兄を止めに行こう」とエンデヴァーに手を差し伸べていく。

<<前の話 302話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    復讐だろうが、破壊だろうが、神だろうが、クソは結局、クソしか生まないのさ。正義が絶対視される限度が、悪が生まれ出る。要するに、エンデヴァーの処刑状ってことだよ。要約、本心を現した性で、荼毘という化け物を生んでしまった。それだけじゃなく、ステインやヴィラン連合というサイコパス連中が現れたのも、その時からだった。終わりしたいのは、私の方だよ。どいつもこいつも、憎しみを抱くなとか、前を向けろとか、クズが全てだとか、馬鹿の一つ覚えだよ。エンデヴァーみたいないなければ、今まで、ステインやヴィラン連合とか、そんな大量殺人鬼が生まれて来なかったからな。地獄で、待っているからな。ヒーローも、ヴィランと共に、地獄に行って貰うからな。

  2. 匿名 より:

    世の中、誰の思い通りにもならない。エンデヴァーみたいに、私欲に満たして、そして、虐待を犯して、厳しさで念を眩ましている。そう言う人間には、思い通りに動かすことは出来ないんだよ。あるのは、報いを受けられるという失望のみなんだから。

  3. 匿名 より:

    エンデヴァーという男、クズという程、とんでもない頭の悪い奴だったな。ヒーローという連中は、頭の悪い奴ばかりだな。男って、頭の良い奴が少なさすぎるよな。共あれ、恐怖は、人の根絶から生まれるものなんだ。ヒーローが根絶し、全てを終わらせる。

  4. 匿名 より:

    エンデヴァーという大バカ野郎を殺さなきゃならないな。これからの時代に、バカは要らない。全ては、頭の良い人間だけの世の中にする。

  5. 匿名 より:

    中二病の方々には申し訳ないけど、どう贔屓目に見ても悪いのは自分の心を守る能力が低かったダビチンですよ。
    本来脳というのは宿主が生きやすいようにコントロールしてくれる便利なものなのに、それに流される能力なかったんだから。

  6. 匿名 より:

    痛いコメ多すぎだろどうなってるんだここは

  7. 匿名 より:

    此処で、特報です。対立が来てしまった性で、悪の根源であるヒーローとヴィランのボスを倒す為に、新たなスパイ組織を創設して、そして、底に入った凄腕スパイ、バカでクズで、まだ学生であり、まだ子供である少年が、世界最強の凄腕スパイになる為に、凡ゆるライバルや強い奴と戦っていき、様々なスパイ組織と戦っていき、若者達で、最高のスパイ組織を創設して、誰もが、スパイになって、腐ってる正義と悪を戦う世の中を創っていき、光と闇も存在しない、全てが見えない影で覆われる、夢が叶う世界を実現する為に、ライバルと共に、正義の軍団と悪の軍団を倒す、最高の神になるそんなストーリーを描いてほしいと思います。雪代縁やナルトや逆襲スパイXキャリバーみたいに、どんな小物や雑魚でも、戦って成長すれば、大物になっていく、そんなラスボスにしたいと思っております。これは、次の作品に、更なる展開を待ち望んでいることです。表主人公と裏主人公の中立主人公と言うくらい、交わらざる地平を悉く打ち崩す、そんなヤバい展開になってほしいです。デスノートLNWの次回作から、竜崎と紫苑の後継者となり得るものと戦い、新たなキラの心棒者が、エターナルスパイとなり、探偵と犯罪者の境界を打ち崩す、そんな展開となる感じ、三島の意思を継いだ、そんな奴が、世界を変える為に、多くの探偵や犯罪者やスパイと戦って、デスノートを集めて、キラの創る新世界を創る。だから、三つの総力戦となるストーリーになってほしいです。新たに、表主人公と裏主人公と中枢主人公の戦いになってほs

  8. 匿名 より:

    此処で特報です。表主人公と裏主人公の争いが生まれた事で、この世界は、どんどん荒れていってしまいました。光と闇の時代を終わらせ、神の時代を創るそんな流れになっておきたいです。雪代縁やナルトみたいに、死者の無念で散っていく、この世界が罪に等しいように、そのシステムを変える為に、最強のスパイ組織を創設して、光と闇の境界を崩す為に、そんな007を越える為に、異能を持った若者が、悪の栄えた社会を壊す為に、スパイとなり、世界最高の戦争を始める為に、各国に散らばった政府機関を集めて、最高の神様になる物語を創る。

  9. 匿名 より:

    次の作品にも、第三勢力が現れてほしいと思っています。二大勢力と崩壊する為に、新たな組織が創設された。雪代縁みたいなキャラが、最強のスパイ組織に入って、悪の根源であるヒーローとヴィランを崩す為に、異能を持っている人間や戦争を忌み嫌う者や人間を粛清する者達を、次々と仲間に引き込み、最高の一大兵団を組織するそんな展開になってほしいです。世界最高のスパイ組織を創設する為に、野心を強さに控える者を持ち、多くの者を仲間にして、個性的集団を組織する。これは、新たなナルトの物語でもある。

  10. 匿名 より:

    デスノートでも、新世界の神になるそんな事はいろいろあっていて、ニアを倒した時に、ゴールがあっていたからさ。デスノートLNWは、英雄と王と神というくらい、そんな神々の戦いが描かれていた。勇者Lと魔王メロと神ニアを倒してこそ、最後のストーリーが見られるそんな事でした。ヒーローとダークヒーローとシルバーヒーローの三色に分けられている。世界を救う者と世界を壊す者と世界を浄化する者がぶつかり合う、そんな戦いになっていくだろうな。それに、本当の新時代を築く為に、最後の敵は、ヒーローでも、ヴィランでもない、第三の種目が現れて来てほしいと思います。新しいナルトのストーリーが、遊戯王とワンピースの物語とぶつかり合って、栄光でも、自由でもない、恐怖に満ち溢れた世界を望んでいたものがいたので、そんな世界を創っていきたいと思うスパイ組織が現れてほしいです。名探偵コナンVSルパン三世VS007という新たな戦いになって貰いたいです。

  11. 匿名 より:

    ヒーローとヴィランの第三者が描く、第三のストーリーが描かれる作品になって貰いたいなと思います。

  12. 匿名 より:

    だが、気を着けろ。人間が、こんなにバカやクズばかりいる以上はな、この世に、正しい人間なんていないんだから。あの男のような奴は、これからも、現れ続ける。奴の正体は、怪物と同質だからな。

  13. 匿名 より:

    最初から、この世界に、善人も、悪人も、存在しないんだよ。あるのは、ただ人を見かけに寄らないこと。外見や性格や個性で見せかければ、正しい人間だと思い込んでるけど、そうするしか、生きる術を得ないからさ。しかし、世界の大半を占める力無き者にとっては、自らを肯定するに、外見や性格が嫌味な人間こそが、悉く正しい人間なんだよ。例えば、性格が歪んでいて、カリスマ性持っている人間やイケつかない人間などは、中身を見れば、正しい人間であると示されるから。

  14. 匿名 より:

    エンデヴァーが轟を弱くしてしまったからな。エンデヴァーが、とんでもない無能だったということだよね。

  15. 匿名 より:

    これ少数の精神病質者が連コメしてるなこのコメ欄

  16. 匿名 より:

    ここの厨二病拗らせたニートおじさんたち怖すぎ、まともに生きてきてなさそう

  17. 匿名 より:

    中学生が多い

  18. 匿名 より:

    コメントでポエム読んでる人、恥ずかしすぎるんですけど

  19. 匿名 より:

    コメ欄の厨二病の方、物語に入り込むのはいいが、自分の物差しで語り過ぎて痛いと思うのよ。

  20. 匿名 より:

    すげぇ痛いコメントばっかだけどこれ全部同じ人かな?
    流石に何人もいないで欲しいから1人であってからないかなぁ…

  21. 匿名 より:

    コメ欄かっけぇ、、、、

  22. 匿名 より:

    荼毘が生まれたのも、その時からだった。この世は所詮、弱肉強食。強ければ生き、弱ければ死ぬ。コンプレックスで、犯罪者になる世界とは、それだけ、恐ろしいものだな。この世界、本当にダメだな。ステインの思想に受け継いで、ヴィラン連合に入ったのも、それが、あの事件に、何か、関係して来ている。本当に、うんざりするな。ヴィランの連中も、荼毘と同じように、化け物になっちまった奴らであること。化け物システムを崩壊しねければならない。いつ終わるのか、待ってられられるのも、面倒だな。結局、ヴィランの時代、来ちまったからな。ダークヒーローというのは、化け物だってことなんだな。どうせ、デクでは、終わらせはしない。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。