ヒロアカ

【ヒロアカ】301話のネタバレ【荼毘(燈矢)が狂ってしまった轟家の過去が明らかに】

ヒロアカ301話のネタバレを掲載しています。301話では、轟家の過去が描かれていく。燈矢が狂ってしまった原因が明らかになり、燈矢が幼き頃の焦凍に襲いかかっていく!?ヒロアカ301話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ301話のネタバレ

燈矢には超えられない

エンデヴァーと冷の馴れ初めが描かれる。

エンデヴァーは冷を「氷のような女だった」と感じていた。エンデヴァーは「個性婚である事も承知の上で、家の為に俺の妻になると言う」「強く、しかし触れれば溶けて消えてしまいそうな」と考えていた。

冷がエンデヴァーの元に現れる。

荼毘が「だいぶ焼けたな」「何も感じねぇ」と呟く。

荼毘が「あいつは俺の親父だ」「あの程度で死ねるようなタマじゃねえ」「例え死にたくても立場がそれを許さない」「そろそろ表に出てくる頃合いだ」と考えながら「早く惨めな面が見てぇ」「楽しみだ、ここまで長かった」「轟炎司、お母さん、冬美ちゃん、夏くん、焦凍、俺を見てくれ、地獄の底で」と呟いていく。

荼毘の幼少期が描かれる。

燈矢が「せっかく休みなんだから個性訓練付き合ってよ」「何で急にダメとか言うんだよ」と言うと、エンデヴァーは「何度も言ったろう、おまえの為なんだ」と返していく。

病院を訪れたエンデヴァーは医師から「珍しい例ですね」「炎の個性因子はより色濃く引き継がれているのですが、肉体はお母さんの方を強く引き継いでしまってるんです」「つまり、炎への耐性よりも氷結、寒さに適性のある身体なんです」「まァ、デザインじみた事はね」「この個性時代禁忌なんでやめといた方が」と説明を受けるが、「燈矢、おまえならオールマイトを超えられる」と考えていた。

燈矢が「冬美ちゃん」「ちょっと火傷するくらいなのにさ、全然がまんできるのにさ、俺の身体のことは俺が一番よくわかってるんだ」と言うと、冬美は「でも冬美も、燈矢兄ボロボロなの心配嫌っ」と心配していく。燈矢が冬美を睨み「冬美ちゃんにはわかんねーよ、女の子にはわかんねンだ」と返すと、冬美は「心配ちてんのに」と言うが、燈矢は「俺はもう「超えたい」って思ってるんだ」「火をつけたのはお父さんだ」と言い放つ。

冷が「それはあんまりだよ、残酷じゃない」「あなたが子どもに何を求めてるか燈矢はもう知ってる」と言うと、エンデヴァーは「どれだけ言っても毎日新しい火傷をつくってくる」「バカなところも俺に似た、諦めさせるにはそれしかない」「燈矢には超えられない」と返していく。





俺を見ろよ

そうして、焦凍が産まれた。

燈矢が「お父さん、俺も超えられるよ」「ほら、こんなに強い炎が出せるようになったんだ」「俺のこと見てよ」と一人で特訓していた。

エンデヴァーは「ダメだ、何故わからん」「そこまでの火傷を負って何故わからないんだ」「燈矢、おまえは外を見ろ」「冬美や夏雄と遊べ、学校で友達をつくれ」「ヒーロー以外にも沢山の世界がある、わかるだろう」「そうしていくうちに忘れる」と伝えていくが、燈矢は「学校の子は皆ヒーローになるってさ」「わかるはず、ないだろ」「俺はお父さんの子どもなんだから」と返していく。

燈矢が「お父さんが火をつけたんだ、消えないんだよ」「なかったことになんて、できないんだよ」「俺を見ろよ、エンデヴァー」「俺を、見ろよ」と焦凍に襲いかかっていく。

<<前の話 301話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    轟家は、元々、普通の家族であった。しかし、焦凍が生まれて、それは変わった。丸で、ヒーローが、そんな職って感じで、これが、どうにもなれない、そんなバランスが生まれてしまった。子供の時間を終わらなければ、そんな柔な事にはなってなかった。腐っている過ぎるくらい、とても、将来がない、そんな出来事を生んでしまった。とても、暗いことばかりで、どうも下手過ぎる。

  2. 匿名 より:

    話は終わりだ。今の現実社会は、価値観で争ってしまい、甘さに控えられ、全ての人間の考えを否定してしまった。人間が、腐った生き物だと知ってしまえば、もう誰も、信じないってこと確信するからだ。今の世界は、三つに分断された。三つの世界の中で、それぞれの次元が生まれたからさ。

  3. 匿名 より:

    荼毘が、あんなに

  4. 匿名 より:

    桃矢が、こんな事を始めたのは、そんな時だった。全ては、オールマイトやオール・フォー・ワンとの深い対立が原因で、その時から、何もかも、可笑しくなったと言うのか。遊戯王シリーズでも、今までそうだったし、勇者と魔王の戦いが、こんな悪い方向へと進められてしまった感じだったんだな。

  5. 匿名 より:

    コメント文かなり頭悪そうで好き

  6. 匿名 より:

    頭悪いというか精神疾患でももってるのでは?

  7. ドラテン冒険者 より:

    ヒロアカは、あと少しで終わるかな。呪術回戦は、いくら読んでもストーリー構成わけわからん。頭悪くてすまん

  8. 匿名 より:

    桃矢の過去を見れば、焦凍みたいには、上手くいかない。執着心がないのは、当然の事だ。桃矢が、父親の本質を見るまで、父親はオールマイトみたいになれないと言ったが、本当は、そんな奴ではない。あの事件が、エンデヴァーがあんな事をして、プロヒーローの連中が、エンデヴァーとグルなら、人として、黙ってる訳にはいかない。桃矢は、そんな子供ではない。完璧な人間を持つくらい、本当は、そんな子供ではない。桃矢は、情けない親に生まれて、桃矢が、子供ではいられない。夏が、焦凍の父親代わりにしておきたいんだろうな。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。