ヒロアカ

【ヒロアカ】295話のネタバレ【オール・フォー・ワンが死柄木の体を借りて完全復活】

ヒロアカ295話のネタバレを掲載しています。295話では、オール・フォー・ワンが死柄木の体を借りて復活を果たす展開となる。そして、デクはオール・フォー・ワンに飲み込まれそうな死柄木の顔が「救けを求めていたように見えた」と感じていた。ヒロアカ295話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ295話のネタバレ

オール・フォー・ワンの復活

「起きて」という声でデクが目覚める。

デクが「気を失ってた!?荼毘の熱風に押されて落ちて」「轟くんは!?」と焦凍の生存を確認していく。

デクが頭を刺すような感覚を感じ、「これは「危機感知」!?」「オールマイトの資料にあった、四代目の個性」「まだ習得訓練にも入ってない個性」「黒鞭の時のように溢れ出てしまったんだ」「頭が痛い、負荷がでかい、意識が」と感じていた。

コンプレスが「一世一代脱出ショウの開演だ」と宣言する。

が、ルミリオンの一撃を浴び、「は!?俺のケツ肉ぶちまけるくれェの時間はくれよ」「ここへ来た時向こうに大量の脳無が見えた」「脳無は死柄木の命令で動くから死柄木が起きてから動かしたんだ」「まだ意識が混濁して完全に起きちゃいねェ」「意識をハッキリ取り戻せば、脳無を使ってこの八方塞がりな状況を変えられる」「死柄木とスピナーに、時間を与える」「そう、マジックでも何でもねェ、プランは他人と運任せ」「ただの時間稼ぎと陽動だ」「荼毘はおまえのマフラーに忍ばせた」「頼むぜスピナー、おまえが一番死柄木を慕ってた」「俺は協力者、主役はおまえら二人だ」とスピナーに想いを託していく。

スピナーは「確信があったわけじゃねえ」「溶けて爛れたスーツの中に、焦げてひしゃげたそれを見た時、ただ思い出してくれたらと」と、死柄木がいつもつけていた腕を装着させていく。

その瞬間、ものすごい衝撃が走っていく。

死柄木の体を借りて復活したオール・フォー・ワンが「本当に良い仲間を持った」「心とは力だ」「彼の心が原点を強く抱けば抱く程、共生する僕の意識も強くなる」「憎しみを絶やすな弔」と言う。

助けを求めるように見えた

脳無が突如走り出していき、オール・フォー・ワンは「「電波」を上手く扱えば、脳無たちに具体的な信号を送る事も可能だ」「孵化したての弔にはまだ難しいだろうね」と言う。スピナーが「死柄木待てコンプレスが、マキアはどうする!?それにトガも」と言うが、オール・フォー・ワンは「いいんだ出口くん」「弔は負けた、OFAとエンデヴァーに」「その代償は潔く差し出そう」「全ては僕の為に」と返していく。

動けるヒーローたちがワン・フォー・オールたちを逃さないよう追いかけ、デクも黒鞭で追いついていく。

オール・フォー・ワンが「この体が仕上がったらまた会おう、出来損ないの緑谷出久」と言うと、デクは「おまえは黙ってろ、オール・フォー・ワン」と返すが、「また、会おう」と吹き飛ばされてしまう。

デクは吹き飛ばされながら「大勢殺した、皆を傷つけた」「許せるハズがない」「許せないけれど、あの時オール・フォー・ワンに飲み込まれたおまえが、あの時おまえが、おまえの顔が、救けを求めたように、見えた」と考えていた。

<<前の話 295話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。