ヒロアカ

【ヒロアカ】293話のネタバレ【爆豪のヒーロー名が大爆殺神ダイナマイトに決定】

ヒロアカ293話のネタバレを掲載しています。293話では、爆豪がジーニストにヒーロー名を大爆殺神ダイナマイトだと伝えていく。そして、雄英生たちがマキアに食らわせた麻酔がここで効き始める!?ヒロアカ293話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ293話のネタバレ

大爆殺神ダイナマイト

デクが「ルミリオン、何でここに」と言うと、ルミリオンは「山荘から連絡が入ってね」「透過の移動法ですっとんできた」「ナイトアイ事務所が担当した敵アジトわりかし近くでね」と答え、「たった半年の空白」「懐かしさすら感じない」と感じていた。

ルミリオンは相澤たちに「バブルガールから特別に教えて貰いました」「明日、全国規模の掃討作戦が行われるって」「俺も役に立ちたい」「ここ約二ヶ月、虫やトカゲを対象にエネルギーを小出しして訓練してきた」「成果はずっと横で見てきた」「エリちゃん、利用するような形ですまない」「俺に試してみくれないか!?巻き戻しを」と伝えており、エリから「あやまらないで、その為にくんれんしたんだもん」と言われていた。

ルミリオンは「つっても脳無をワンパンできる程パワァアがあるわけじゃないからー」「だっ誰かあ」と叫んでいく。

爆豪が死地での危機感によってこれまでとは違った粒立った、速く強い爆破を引き起こし脳無に攻撃していく。

ジーニストが「世界は見えたか?バクゴー」と聞くと、爆豪は「それは仮だ」「あんたに聞かせようと思ってた」「今日から俺はぁ、大爆殺神ダイナマイトだ」と叫ぶ。

ルミリオンが「良いヒーロー名だね、ユーモアがある」「「元気とユーモアのない社会に明るい未来はやって来ない」、失敬した俺のモットーなんだ」「さて、どうやら親玉も動けないみたいだ」「ここを抑えて総決算だ」と言う。





麻酔が効いてる

荼毘は焦凍を抱きかかえて炎を放ちながら「向こうは楽しそうだなァ」「可哀想になァ、おまえはこんなに辛いのに」と言う。

焦凍が「てめェこそ体が焦げて」と言うが、荼毘は「優しく育って嬉しいよ」「俺は大丈夫、今とても幸せだから」「見ろよあの顔」「最高傑作のお人形が失敗作の火力に負けて死にそうだってのに、グプっ、なァ見ろって」「壊れちまってるよ、はははは」と笑っていく。

荼毘はさらに火力を上げながら「焦凍、俺の炎でおまえが焼けたら、お父さんはどんな顔を見せてくれるかなァ!?」と言い放つ。

デクが黒鞭で乱入する。

デクは「ジーニストの方は皆が援護してくれた」「待ってて轟くん」「手足に力が入らなくたって」と、フロッピースタイルで黒鞭を使っていく。

が、荼毘は炎で鞭を防ぎ、「他所の家に首突っ込むなよ」と言う。デクは「突っ込む」「轟くんは大事な友だちだ」「エンデヴァーは僕を強くしてくれた恩師だ」「過去は消えない」「だから頑張ってる今のエンデヴァーを僕は見てる」「おまえはエンデヴァーじゃない」と返していく。

荼毘が「ははは、そんな事は誰でもわかる」「でも俺はかわいそうな人間だろ!?」「正義の味方が犯した罪、それが俺だ」「悪が栄えるんじゃねェ」「正義が瓦解するだけ」「俺はその責任の所在を感情豊かな皆々様に示しただけだ」「これから訪れる未来はきっと」「キレイ事など吹けば飛んでく混沌だろうぜ」と言うと、ギガントマキアがジーニストの繊維をぶち破る。

が、ギガントマキアはエンデヴァーに吹き飛ばされる。

マキアは「急に力が入らなくー」と感じていた。ルミリオンが「山荘からの連絡にあった」「効果は無かったって報告だった」「麻酔が効いてる」と言い放つ。

<<前の話 293話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    爆豪の漢字まちがってますよ

  2. 匿名 より:

    荼毘は巡り合わせが不幸だっただけで全然可哀想じゃないなw
    自分で選んだ道だもの。今度こそ灰になって欲しいけどならないんだろうな。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。