ヒロアカ

【ヒロアカ】289話のネタバレ【ついに最終局面に突入】

ヒロアカ289話のネタバレを掲載しています。289話では、お茶子とトガの戦いが決着を迎える。そして、死柄木との戦いの場についにギガントマキアが現れ、戦いは最終局面を迎えていく。ヒロアカ289話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ289話のネタバレ

飯田&波動が参戦

ギガントマキア阻止決定後すぐの頃、波動が飯田に「ねぇねぇインゲニウムくん、何でこっち来たの?」と聞くと、飯田は「規律を乱した罰ならいくらでも受けます」「クラスメイトが3人まだ帰って来てないんです」「内2人は、俺を正してくれた親友なんです」と答える。

落下するデクと爆豪を轟が受け止める。轟は「爆豪、緑谷、エンデヴァー、ああ、生きてる」「頑張れ、すぐ処置するから」と言うが、死柄木が立ち上がってくる。

そこに波動と飯田が駆けつける。

飯田が「大型敵がここに向かってる」「向こうで脳無と戦ってるヒーローにも伝えてある」と言うと、轟は「飯田、緑谷たちを運んでくれ」と伝える。が、デクは「僕は死柄木といなきゃ」「死柄木はまだ僕を狙ってる」「かっちゃんとエンデヴァーを」と言う。轟は「再生能力も牛歩、だいぶ弱ってる、波動先輩」と言う。

モヤモヤはもう晴れました

お茶子がトガを投げ飛ばし、「ごめんね、あの時より強くなってるから」と言う。

お茶子は「直に触れられれば」「でも血は取られちゃいけない、時間をかけられない」「なんとか」と考えていた。トガは「お茶子ちゃん私ね、大好きな人のことを考えるとその人そのものになりたくなるの」「その人の血が全部欲しくてたまらなくなるの」「キュンとする、私はそうなの」「でも皆はそうじゃない、とっても生きにくい」「この前ね、私の普通をカァイソウって言って殺そうとしてきた嫌ーな人がいたんだよ」「だからお茶子ちゃんの血と個性で高いとこから落としたの」「「好きな人の血」だと個性もその人になれた」「あの時とっても幸せだったよ」と言う。

トガはお茶子の攻撃を躱し、反撃していく。

吹き飛ばされたお茶子は「私は人を落として幸せを感じたりしない」「何が、さっきから何が言いたいの」と言うと、トガに人形を取られていることに気づく。

お茶子が「それは」と取り返そうとするが、トガは逃げていく。トガが「大事なもの」と言うと、お茶子は「そうだよ」と返す。トガは「私も仁くん大事なお兄ちゃんでした」「一緒だねぇ、お茶子ちゃん」「お茶子ちゃんの好きな人って出久くんだよねぇ」「そうかなって思ってたの、これ出久くんのだよねぇ!?」「私たち一緒だよねぇ!?」と言う。

お茶子は「これ以上時間を取られるわけにはいかない」「直線的に仕掛けても避けられる」と考え、ゼロ・サテライツを発動する。

トガが「私もずっと我慢した、小っちゃい頃にやめろって言われて」「でもだめだった、しまっとくと大きくなるの」と言うと、お茶子は「トガヒミコ、好きに生きて他人を脅かすなら、その責任は受け入れなきゃいけない」と返す。すると、トガは「うん、そうだね」「ありがとうね、ばいばい」と言い、ナイフで斬りかかろうとする。

そこに梅雨が現れ、お茶子を助けていく。

一瞬でトガの姿が消え、梅雨が「死角を突く気ね、背中合わせに」と言うが、お茶子は「ううん、逃げた」と返す。逃げるトガは「お茶子ちゃん、同じ人が好きな女の子」「もしかしたら恋の話もできるかなって」「戻るね連合、モヤモヤは晴れました」と考えていた。

ついに、ギガントマキアが死柄木たちが戦う場の近くまで来る。

戦いはついに最終局面に突入していく。

<<前の話 289話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。