ヒロアカ

【ヒロアカ】283話のネタバレ【デクが志村の個性「浮遊」を使えるように】

ヒロアカ283話のネタバレを掲載しています。283話では、死柄木が個性を使えるようになったものの、突如体に異変が生じ始めていた。そして、デクが志村の個性である「浮遊」を使えるようになる!?ヒロアカ283話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ283話のネタバレ

ギガントマキアの暴威

雄英生たちはギガントマキアが通った跡を見ていた。

「私たちが無事だったのはただ敵とすら認識されなかっただけ」「ただそれだけ」と悔しがる八百万。暴威を振るうギガントマキア。雄英生たちはマジェスティックの個性で避難させられ、難を逃れていた。

麻酔が効く時間は過ぎていたが、ギガントマキアは一向に止まる気配がなかった。峰田は「俺たちの決断と行動は本当に正しかったのかな」「ヒーローたちの行動と決断は」「なァ、今回の全部こんなのただのヤブヘビじゃねえかよ」と言う。そして、死柄木の元に向かうギガントマキアによって町が破壊されていた。

デクが新個性に目覚める

殻木はギガントマキアが来ていることに興奮していた。「確かに完封じゃったよ」「だがただ一手、死柄木の目覚め」「この一手で全て覆った」「ギガントマキアは主の為に生き主の為に死ぬ厄災」「これを模し脳無という兵が生まれた」「王には兵が必要じゃろ!?強き兵が」「マキアが動いた以上破滅は免れんぞ」「死柄木がヒーロー飽和社会を崩壊させる」と言う。

轟はエンデヴァーを氷で冷やし、なんとか炎を使える状態にしようとしていた。ロックロックが相澤を治療しながらデクに「逃げろ」と言うが、デクは「嫌です」と答える。

個性を使えるようになった死柄木が臨戦態勢を取るが、突如上半身が裂けてしまう。

死柄木は「先刻までのはまだわかる」「肉体の限界を超えて動いた負荷」と言いながら、「だが今は「超回復」が機能している」「今の俺の体に限界なんて」と考えていたが、「今何月何日だ?」と口にする。デクは「グラントリノが言ってたオール・フォー・ワンの個性を移植されたって大き過ぎる力に体が間に合ってないんだ」と気づいていく。定着率75%で目覚めたことが影響していたのであった。

死柄木は「まあいい」「「超回復」は効いてる」と考えながら地面に触れ崩壊の個性を発動していく。デクは黒鞭で味方を捕まえながら、志村の個性である「浮遊」を使えるようになっていた。「空でお前を止める」「僕の出来る全てをかけて」と言い放つ。

<<前の話 283話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    デクと死柄木との戦いになっているが、死柄木は熱くなっているしな。デクも、熱くなりすぎだよ。恨み辛みで動いて、主人公らしさに感けば、敵側も主人公ムーブになりますよ。敵も、味方も、何方も主人公だから、主人公ムーブになるんですよ。ラスボスも、主人公ムーブした方が、存在感が高まると思うから。

  2. 匿名 より:

    デクが主人公ムーブになれば、敵キャラも、主人公ムーブになる。それぐらい、最近の敵キャラは、熱くなっているから。それぐらい、ラスボスが主人公ムーブするなには、いられない。ラスボスも、熱くなってほしいと思います。死柄木も、最近は熱い奴になっているから。デクが、こんなヒーロー活動を続けられるにも、もう充分認めていると思うけど、まだ主人公をやるなんて、待っているのも、面倒だ。もしも、2年生編をやるとしても、AFOが脱獄ではなく、また第三勢力が現れてほしいと思います。

  3. 匿名 より:

    最近の敵キャラは、みんな熱いからな。味方側も、強くなれば、敵キャラも熱くなるから。小物でも、舐めてかかれば、もっとレベルが上がるから。敵キャラも、熱い奴になって置かないとどうも、興奮しないんだよな。だから、デクも爆豪も死柄木も、もしも何方が勝つとわかったとしても、どうも、また小物ラスボスが現れてほしいと思うから、また熱い奴が現れてほしいと思うから。今のラスボスは魅力よりも、熱さが純情だと思う。

  4. 匿名 より:

    ヒーローもヴィランも、熱くなっている。この戦いに、勝ち負けがないように、この戦いに、どんな意味があるのか、ただそれだけのこと。例え、主人公デクでも、容赦しないから。完璧なキャラだと堕ちることはあるから、爆豪も、乱入して、爆破覚醒させておきたいと思う。ヒロアカ2年生編をやるとわかったとしても、やっぱり限界があると思うから。もうこれ以上、成長する事はないと思っているから。だから、主人公は最終的に、弱い奴の味方になるように、くだらない正義と悪の諍いをなくすべきだと思っているから。

  5. 匿名 より:

    最近の主人公が魅力なければ、ラスボスも、底底熱くなるから。最近の敵キャラは、熱い奴が多いからな。味方も、敵も、熱くなって、何か意味なんて求める事に、どうでもいいのさ。デクも死柄木も対決が来たから、爆豪もそろそろ覚醒した方が良いと思う。ヒロアカ2年生編を渡るなんて、色々とあるが、正直辛い。もう正義の味方の時間は終わっているんだ。この戦いに意味があるというのは、危い方向に進めるのを終わらせる為に、記されていること。だが、ヒーローもヴィランも、処がどっこい。ヒーローが勝って、新しいヴィランが現れる事が有れば、更に強大すぎる敵が現れてほしいし、ヴィランが勝てば、更に、新しいヒーローが現れて、強大すぎる敵が現れてほしい。なんか、何方も同じ方向へと進んでいるんじゃないか。ヒーローとヴィランのやっている事が、これ以上は、意味がないだけ、死柄木は、もっと熱い奴になってほしいし、爆豪ももっと熱い奴になってほしいし、爆豪も死柄木と同等の力を持ち歩いて起きたい。この戦いの末を終わらせる為に、ヒーローでも、ヴィランでもない、第三者が現れてほしい。そいつがラスボスではない、次の時代の主人公にしてほしいから。甘さなどなく、無意味な戦いを終わらせる。それだけのこと。なんか、そろそろヒーローとヴィランに代わる新しい勢力が来ると思うから。別に現れなくてもいいが、本当のラスボスは、ヒーローと超常解放戦線であること。本物のラスボスとは、敵キャラが全てではなく、敵キャラも、味方キャラも、勢力を拡大広げておけば、何方もラスボスであること。言えに、強大過ぎる力を持っている方が、ラスボスと呼ぶから。本当のラスボスに、主人公も、味方も、敵も、関係ないから、恐ろし過ぎれば、全てが平等。それは、真のラスボスのあるべき姿だから。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。