ヒロアカ

【ヒロアカ】281話のネタバレ【死柄木が反撃の一手を!?】

ヒロアカ281話のネタバレを掲載しています。281話では、ボロボロとなった死柄木の執念を見せられる。後一撃のところまで死柄木を追い詰めるが、死柄木の起死回生の一手が!?ヒロアカ281話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ281話のネタバレ

ヒーローと敵

ボロボロになりながらも立ち上がる死柄木。

「ヒーローは社会を守るフリをしてきた」「過去何世代も守れなかったモノを見ないフリして傷んだ上から蓋をして浅ましくも築き上げてきた」「結果中身は腐って蛆が湧いた」「小さな小さな積み重ねだ」「守られる事に慣れきったゴミ共」「そのゴミ共を生み出し庇護するマッチポンプ共」「これまで目にした全ておまえたちの築いてきた全てに否定されてきた」「だからこちらも否定する」「だから壊す」「だから力を手に入れる」「シンプルだろ?」「理解できなくていい」「できないからヒーローと敵だ」とおぞましい姿に死柄木が言い放つ。

「貴様ももう虫の息だろう」とエンデヴァーが死柄木に止めを刺そうとするが、ボロボロにも関わらず死柄木は攻撃を躱していく。

グラントリノは死柄木を抑えながら「轟の火力が下がっとる」「大技を打ち過ぎた反動か」と考えていた。限界を超越して動いていた死柄木はグラントリノを振り払う。死柄木は飛んで逃げようとするグラントリノの足を掴んで潰し、地面に叩きつける。死柄木の顔を見たグラントリノは「なんて顔だ、志村」と考える。

グラントリノは志村菜奈との会話を思い出していた。志村菜奈は「戸籍からも追えないように細工した」「弧太郎の存在に気付けば奴は必ず利用する」「私に子供はいなかった」「いなかったんだ」「空彦私に子供は」とグラントリノに言う。

そんな志村菜奈をグラントリノは抱き寄せる。

グラントリノは死柄木に潰されてしまう。

イレイザーヘッドの危機!?

グラントリノがやられたことで涙を流しながら死柄木に突っ込むデク。

が、死柄木は超スピードで躱しイレイザーヘッドを狙う。が、リューキューが死柄木を止める。

リューキューによって止められた死柄木を黒鞭で捕らえるデク。

デクが「お前だけは許さない」と言うと、死柄木は「俺は誰も許さない」と返す。デクは怒りを力に変え、黒鞭で絞めていく。デクが黒鞭で捕らえている間にエンデヴァーが力を振り絞り死柄木に一撃を食らわせようとする。

が、死柄木は個性抹消薬を手に取り、イレイザーヘッド目がけ投げつけようとしていた。

ヒロアカ281話の感想

死柄木の「理解できなくていい」「できないからヒーローと敵だ」は良いセリフでしたね。死柄木を追い詰めてはいますが、ラストの雰囲気的にイレイザーヘッドの個性を抹消して死柄木が個性を使えるようになりそうですね。そうなると形勢逆転してしまうと思うので、どうなってしまうのか非常に怖いところです。

<<前の話 281話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    ヒーローとヴィランが仲良くなれば良いのに、何故そうしないのか。

  2. 匿名 より:

    単純にシガラキの頭がおかしいだけ。なんで悪人が開き直ってんだか?自分の罪を認めて更生できないゴミが言い訳しようとして意味のわからないことをのたまってるだけでしかない。
    こつこつ善行を積み重ねる人たちがすごいのにな。ふさわしくないプライドで言い訳するキャラをつくるあたり作者は社会不適合の漫画家でしかないのか?ジャンプは全体的に自爆じみた勝手な絶望をこじらせた陰キャ漫画多すぎる。漫画家の歪んだ性格が反映されすぎ。学生時代のいじめがひどいからかな?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。