ヒロアカ

【ヒロアカ】270話のネタバレ【死柄木が復活】

ヒロアカ270話のネタバレを掲載しています。270話では、殻木の話を聞いたプレゼント・マイクが「途轍もなく大きく、悍ましいモノの一端に触れている」と感じていく。心臓が停止していた死柄木だったが、ケーブルから漏れた電気の衝撃で覚醒していく!?ヒロアカ270話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ270話のネタバレ

途轍もなく大きく、悍ましいモノの一端

プレゼント・マイクが「脳無はてめェの指示で動いてんだろォ!?」「向こうで暴れてる奴ら止めろ」「ホレ、走るんだよ」「エクスレス、死柄木頼む」と伝え、殻木を抱えて走っていく。

エクスレスは「なんだ、あの機械」「チューブで緩衝されて無事だったのか」「壊しとこう」と考えていた。

プレゼント・マイクに抱えられる殻木が「70年前、世間はワシの論文を嘲笑した」「超常特異点は、根拠薄弱の暴論だとのォ」「奴らは目を背けたんじゃ」「荒みきった世を平和に戻さんと足掻く時代に、「瓦解する未来」を指し示す事などあってはならないと」と話していくと、プレゼント・マイクは「今は、個性特異点っつってカルト化してる」「その学者は発表後に失踪、数年後に亡くなった」「生きてりゃ120代の大台だ、なるほどな」と返していく。殻木が「追放され住む場所も失った」「そんなワシに、唯一彼だけが手を差し伸べてくれた」「圧倒的な存在感、仏の如き微笑み」「現人神とは彼の事じゃった」「ワシの個性、運動能力と引き換えに人の二倍の生命力を持つ「摂生」」「ワシはこの個性を彼に捧げた」「ワシの中に今ある個性はなァ、己自身の複製でのう」「君、黒霧の友人じゃろぉ」「あの時なァ、本当は「抹消」が欲しかったんじゃがのぅ」と言い放ち、プレゼント・マイクは「急に」「触りたくねえ」「嫌悪感が、怒りを凌駕しちまってる」「俺は今、途轍もなく大きく、悍ましいモノの一端に触れている」と感じていた。





もう、俺を否定するな

死柄木が精神世界で目覚める。

華ちゃんが「お父さんはああ言うけどねえ」「大丈夫だよ、私は転弧の事応援してるから」「ごめんね」「違うの、ひみつって言って見せたの私なのに、ごめん」と謝ると、死柄木は「あー」「いいんだ、その件は、もう」と返していく。

死柄木の母が「ねえ転弧、ヒーローまだなりたい?」「目の周りひどくなってきちゃったねえ」「掻くとまた痒くなっちゃうよ」と声をかけると、死柄木は「もう大丈夫だよ、お母さん」と返す。

弧太郎が「転弧、書斎に入ったな!?」と迫るが、死柄木は崩壊で砕いていく。

そこに、AFOが「弔、おいで」と現れる。

殻木は「敗北を予期した彼は後継に全てを託した」「己の個性を渡す事にしたのじゃよ」「ワシといっしょじゃ」「自身の複製個性を取り込み、オリジナルを死柄木弔に渡すことにしたんじゃ」と伝える。

死柄木がAFOの元に向かおうとすると、志村家の人間たちが止めようとする。

志村菜奈も現れ「忘れないでね」と言うが、死柄木は「もう、俺を否定するな」とAFOのほうに歩いていく。

ケーブルから微笑の電気がピリッと流れると、死柄木が躍動していく。

<<前の話 270話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。