ヒロアカ

【ヒロアカ】269話のネタバレ【死柄木の覚醒が阻止される!?】

ヒロアカ269話のネタバレを掲載しています。269話では、プレゼント・マイクのラウドヴォイスで死柄木のカプセルが完全に破壊されていく。死柄木の心臓が停止されているのが確認され、殻木は「魔王の夢が終わってしまう」と嘆く。ヒロアカ269話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ269話のネタバレ

起きろ、死柄木弔ァ

ボロボロのミルコにエンデヴァーが「傷を焼く、耐えろ」と応急処置をしていく。

ボロボロのミルコを見たエンデヴァーは「報告から5分足らず」「複数の喋る脳無を一人で相手していたのか」と考えながら「九州に続き借りができた、死ぬなよ」と声をかけ、ミルコは「っ〜」「何かっ、貸したっっっけ!?」と返していく。

そこに、「No.1だ」「もっト、キモチ良くサセてくれソうっ」とハイエンドが現れる。

ミルコがインカムで「皆聞け、死柄木はカプセルに入ってる」「カプセルは恐らく起動装置だ」「そいつら電気が走って動き始めた」「死柄木を起こすな」「あれはもう只の小悪党じゃねェ」と伝えていく。

ハイエンドは「まダ身体が目覚めきってナイ」「マズい」「個性が使エなイ」「ハイエンドになっテ得た強ミを、一笑に付スかの如キ無理無体」と相澤の個性の驚異さを感じていた。

相澤が「数秒後には増援が来る」「が、その数秒が問題ってことだな、ミルコ」「「抹消」が解除された脳無は恐らくエンデヴァーと戦闘を始めた」「俺に見られないようにしている」「行って個性を消したいが、瞬きを挟まなくては」「こっち三体を解除するわけにはいかない」「俺は奥へは進めない」と考えながら「エクスレス、マイク、行ってくれ」と指示していく。

ハイエンドが「思い通りにイくとデも」と行く手を阻むが、クラストがシュートシールドで道をこじ開ける。

殻木が「機器はイカレとるがデータは、よしっ」「これ以上溶液が抜ける前に起こさねば」「こんな、くそぅ、半端な形はまことに不本意じゃがっ」「ワシとオール・フォー・ワンの夢の結晶、ああ畜生」「起きろ、死柄木弔ァ」と死柄木を起動させようとするが、プレゼント・マイクのラウドヴォイスを繰り出していく。





魔王の、夢が

ラウドヴォイスで死柄木のカプセルが粉砕される。

プレゼント・マイクは相澤、白雲とのやり取りを思い出しながら「真贋確認」「それと友だち泣かしたぶん」とD・Jパンチを殻木に繰り出していく。

エクスレスが死柄木の状態を確認すると「?息が無い」「心臓が止まってる」と言う。

殻木は「仮死状態にして定着の負担を軽減させるんじゃ」「その容器には定着促進・維持・蘇生装置」「死柄木の為に生きてきた」「終わる、終わってしまう」「魔王の、夢が」と嘆いていく。

<<前の話 269話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。