ヒロアカ

【ヒロアカ】261話のネタバレ【殻木の危機にハイエンドが出現】

ヒロアカ261話のネタバレを掲載しています。261話では、ミルコが殻木を追い詰めるが、殻木がハイエンドたちを起動させていく。殻木とクラストはハイエンドたちと対峙していく。ヒロアカ261話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ261話のネタバレ

蹴りゃわかる

ジョンちゃんが潰され、殻木はジョンちゃんやAFOとの日々を思い出していた。

脳無が破壊されていき殻木が「やあああああ」と叫ぶと、ミルコが「皆、強そうな脳無とジジイいた」「知らね、蹴りゃわかる」と通信で連絡を取る。

エンデヴァーが「捕えろ」「すぐ向かうと言いたいところだが、少し待ってろ」と伝え、出現した脳無たちと交戦していく。

ロックロックが「雑魚が湧いて出て来る」「おいマンダレイ、院内の避難は!?」と聞くと、マンダレイは「丁度最後の一人が済んだとこ」と答える。

クラストが「成程、委細承知した」と返し「むむ、この小部屋一つ一つが格納庫」「むむむ、通路だ」「ここから表へ出たのだ、慰安室のみじゃなかったのか」「どれも雑兵、可哀想に」「悪いが倒すぞ」「この先にいる元凶を、捕える為に」と向かってくる脳無に挑んでいく。

ミルコが「本物か調べる」と殻木に襲いかかっていくと、殻木は「あああああ」「本物じゃ、ワシ本物じゃ」と泣き叫ぶが、ミルコは「蹴りゃわかる」と向かっていく。





愛しきハイエンドたち

殻木は「無ゥ理じゃよ」「他の子らはまだテスト段階に至っておらん」「荼毘がの〜、フードちゃんの回収を失敗しなければの〜」「AFOなき今、増産も難しい」と言ったことを思い出しながら「半日は欲しい」「フードちゃんは軌道から安定するまで10時間かかった」「スクランブルでは充分な力が」「しかし」と考えていると、蹴りかかろうとするミルコにモカという脳無が突っ込んでいく。

モカが殻木の分身体を生み出していくと、ミルコは「こいつが二倍持ちか」とモカを蹴り飛ばす。

殻木が「奇跡じゃ」「指示もなく個性を使用するなんて」「守ってくれたんじゃなァ、ワシを守って」「うぅうぅ、モカちゃんの勇気、無駄にはせんぞ」「忌々しいヒーロー共を蹂躙せよ、愛しきハイエンドたち」とハイエンドがミルコに襲いかかる。

ハイエンドが「君はNo.、知らなイけドクラスト」とクラストに襲いかかる。

殻木が「充分な時間を与えられずすまぬ」「頼むぞ、ハイエンドたち」と奥に逃げていくと、吹っ飛ばされて流血したミルコが「逃すかよ、ジジィイ」「いーぜ、丁度あったまってきたとこだ」と言い放つ。

<<前の話 261話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。