ヒロアカ

【ヒロアカ】256話のネタバレ【A組生徒がインターンでパワーアップ】

ヒロアカ256話のネタバレを掲載しています。256話では、A組生徒たちがインターンでつけた力を披露していく。オールマイトはデクと爆豪を呼び出し、OFAについての話を進めていく。ヒロアカ256話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ256話のネタバレ

君はもう、私を振り返らないだろう

イレイザーヘッドとプレゼント・マイクが学校を飛び出した、その一方で。大量のマシーンを青山がネビルセーバーで片付けていた。

葉隠は「光の屈折をグイッと出来ちゃうんです」と青山のレーザーを曲げて攻撃していく。

芦戸がアシッドマンでマシーンを溶かしていく。

オールマイトが「素晴らしい、皆拍手だ」「芦戸少女たちは具足ヒーローヨロイムシャの下でインターンだったな」と褒めると、葉隠は「攻防一体の策が多くてついていく為にコンボや新技を開発しました」と語る。

芦戸が「あ、ねーねー、アシッドマンねー」「アンブレイカブルからパクった」と切島に伝えていく。

オールマイトが「この調子で各々インターンの経過を見せてくれ」と言うと、尾白と佐藤が手数と先読みの力を見せつける。

耳郎&障子は索敵強化中を見せつける。

上鳴&瀬呂&峰田は最短効率、チームプレイを。

飯田は物腰を。

口田は円滑なコミュニケーションを。

常闇は総合力向上。

切島はいかに早く戦意喪失させるかを。

お茶子と蛙吹は決定力。

八百万は予測と効率。

爆豪は底上げを。

轟はスピードを見せる。

デクが「経験値」と習得した黒鞭を披露すると、オールマイトは「あの頃が遠い昔のようだ」「君はもう、私を振り返らないだろう」「振り返らなくていい」「征け、少年」と感じていた。





次のステップへ

切島が「おいバクゴー、てめー冬を克服したのか」と言うと、爆豪は「するか、アホが、圧縮撃ちだ」と返す。葉隠が「轟くんついに速いイケメンになっちゃったねえ」と言うが、轟は「いや、まだエンデヴァーには追いつけねぇ」と返す。峰田が「緑谷使えてんじゃん」と言うと、デクが「うん、ご迷惑かけました」と返し、瀬呂は「おまえなァ、俺の個性がアレになっちゃうよ、おまえ」と伝える。

デクが「麗日さん、ちゃんと使えるようにしたよ」「あの時は本当にありがとう」とお礼を言うと、お茶子は「いつの話をしとるんだい」「あんね、あれがキッカケでこのワイヤー導入したの」「短いし瀬呂くんみたいな使い方はできんけど」「私はとっくに力に変えた、お互い向上したって事で」と拳を合わせていく。

オールマイトが「皆しっかり揉まれたようだね」「録画しといたから相澤くんに渡しておくよ、引き続きインターン頑張ってくれ」「更なる、向上を」と伝え解散となる。

相澤が「インターンの件といい、公安は何か掴んでる」と言うと、プレゼント・マイクは「だろな」と返す。

相澤が「脳無の製造元わかったら、おまえどうする」と聞くと、プレゼント・マイクは「飛んでってカラオケ大会してやるよ」「腑が煮えくりかえってモツ煮だ」「おまえは」と返し、そこにルミリオンらが現れる。

天喰が「イレイザー、エリちゃんが」と伝え、エリの元に向かうと「角が、ムズムズする」と言うが、相澤は「大丈夫、ここは雄英高校だ」と伝えていく。

仮眠室にて、オールマイトが「黒鞭おめでとう」「爆豪少年も君どこまで昇りつめるの!?って具合だ」とデクと爆豪に伝えていく。オールマイトは「結局、全てはわからなかった」「だが、進めねばならない、次のステップへ」と歴代継承者個性ノートを出していく。

<<前の話 256話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。