ヒロアカ

【ヒロアカ】253話のネタバレ【黒霧の正体が元雄英生の白雲朧だと判明】

ヒロアカ253話のネタバレを掲載しています。253話では、相澤とプレゼントマイクがグラントリノらに呼ばれタルタロスに向かっていく。そこで、黒霧の正体がかつて死亡した雄英生である白雲朧である可能性が告げられる。ヒロアカ253話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ253話のネタバレ

残り3か月

冬休みはあっという間に過ぎ、始業。怒涛の1年次も気付けばもう残り3か月。

飯田が「明けましておめでとう、諸君」「今日の授業は実践報告会だ」「冬休みの間に得た成果・課題等を共有する」「さぁ皆、スーツを纏いグラウンドαへ」とクラスに指示していくと、相澤が入ってくる。

上鳴が「飯田が空回りしてねー」と言うと、飯田が「マニュアルさん(インターン先のヒーロー)が保須でチームを組んでリーダーしていてね」「一週ではあるが学んだのさ」「物腰の柔らかさをね」と伝えていく。

相澤は校内放送で職員室に呼ばれていた。

葉隠が「お茶子ちゃん、コスチューム変えたねえ、似合ってるねえ」と言うと、お茶子は「ホント?よかったああ」と返す。

芦戸が「こっちは何か」とお茶子のコスチュームを取り出すと、中から人形が落ちてくる。

芦戸がデクを思い浮かべながら「やはり」と嬉しそうな顔をすると、お茶子は「違うの、芦戸ちゃん」「本当に、違うんだ」「これはしまっとくの」と伝えていく。

切島が「暴走のものにした!?」「マジか、はえー」と言うと、デクは「て言っても、まだ一瞬しか出せなくて用途は限られるんだけど、強い」と答える。

すると、爆豪が「不快」と鋭利なものをデクの頭に突き刺す。

デクが「要は、体に馴染ませるってことなんだけど、速度感覚が違いすぎて考えながらじゃついていけないんだ」と説明しながらグラウンドに向かうと、「わ〜た〜が〜し〜機だ」とオールマイトが現れる。

「あれ?相澤先生は?」と聞かれると、オールマイトは「ヘイガイズ、私の渾身のギャグを受け流すこと水の如し」「相澤くんは本当今さっき、急用ができてしまってね」と伝えていく。



白雲朧

タクシーに乗る相澤が「もっとスピード出せないのか」と言うと、隣に乗るプレゼントマイクが「うるせーな、落ち着けよ」と苛立ちながら返す。

相澤も苛立ちながら「USJで戦った」「そんな素振り、微塵も」「趣味が悪いにも程がある」と言うと、プレゼントマイクは「俺ぁ、塚内さん達の勘違いに賭ける」と返す。

タルタロスに到着した二人は塚内から「二人も知っている通り、脳無は人の手によって身体を改造され、複数の個性に耐えられるようになった人間だ」「ただし、生きた人間じゃない」「脳みそから心臓に至るまでめちゃくちゃにされてる」「脳無とは正しく人形、意思持たぬ操り人形」と説明していくと、相澤が「グラントリノさん、こっちは授業トばして来てるんです」「簡潔にお願いします」とキレながら返す。

塚内が「相澤」「必要な話だよ」「順を追おう、気持ちの整理をつける為にも」と伝え、グラントリノが「こいつはヴィラン連合の中核」「口を割らせることが出来れば、一気に大元を叩けるんだが、いかんせん肝心な事は一切話そうとしない」「下らない話はするが、連合の不利になる情報については電源が落ちたかのようにストンと無反応になるんだ」「あまりに精巧でそれと気付くまでに時間がかかった」「複数の因子が結合され、一つの新たな個性になっていたんだ」「そして、そのベースになった因子、かつて雄英高校で君たちと苦楽を共にし、若くしてその命を落としたとされている男」「白雲朧のものと、極めて近い事がわかった」と告げていく。

<<前の話 253話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。