ヒロアカ

【ヒロアカ】252話のネタバレ【エンディングを拘束し夏雄を救出】

ヒロアカ252話のネタバレを掲載しています。252話では、成長したデクたちの活躍でエンディングを拘束し夏雄を救出していく。エンデヴァーは「本当に家族を想うのなら」と、別の場所に家を建て、自分だけ今の家に残ることを家族に伝えていく。ヒロアカ252話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ252話のネタバレ

償いたいんだ

エンデヴァーが「怪我は」と爆轟に確認を取ると、爆豪は「ねェよ、放せ」と返すが、エンデヴァーは夏雄と共に抱き締める。

爆豪が「白線野郎は!?」と確認すると、轟が「確保完了」と氷で拘束していた。

爆豪が「クソデク、モブはあ!?」と聞くと、デクは「知らない」「車に乗ってた皆さんなら大丈夫」「完全勝利だ」と伝える。

爆豪が「何だっけなァ、No.1」「「この冬」!?「一回でも」!?「俺より速く」!?ヴィランを退治してみせろ!?」と言い放つと、エンデヴァーは「ああ、見事だった」「俺のミスを、最速でカバーしてくれた」と言う。爆豪が「急にしおらしくなりやがって」と言うと、エンデヴァーは「夏雄」「悪かった」「一瞬考えてしまった」「俺が助けたら、この先おまえは俺に何も言えなくなってしなうのではないかと」「夏雄、信じなくてもいい」「俺はおまえたちと疎んでいたわけじゃない」「だが、責任をなすりつけ逃げた」「燈矢も、俺が殺したも同然だ」と伝える。夏雄が「疎んでたわけじゃない?」「だったらなに?」「俺はずっと燈矢兄から聞かされてきた」「俺が許す時なんて、来ないよ」「俺は焦凍みたいに優しくないから」と涙ぐみながら言うと、エンデヴァーは「それでも」「それでも顔を出してくれるのは、冬美と冷の為だろう?」「あの子は家族に強い憧れを持ってる」「俺が壊したからだ」「戻れる、やり直せると浮き足立つ姉さんの気持ちを酌もうと頑張っているんだろう」「おまえも優しいんだ」「だから、俺を許さなくていい」「許してほしいんじゃない、償いたいんだ」と告げていく。

夏雄が「体の良いこと、言うなよ」「姉ちゃんすごく嬉しそうでさぁ」「でもっ、あんたの顔を見ると思い出しちまう」「何でこっちが能動的に変わらなきゃいけねんだよ」「償うってあんたに何ができるんだよ」と言い放つと、エンデヴァーは「考えてる事がある」と話す。



彼らを本当に想うなら

エンディングが「あああああああ」「やめろォオオオオ、エンデヴァアアア」「何だ、その姿はぁああああ」「やめてくれぇ」「猛々しく傲慢な火、眩い光」「俺の希望がぁあ、やめろぉ」「消えちまうぅ」「違う、やめろぉおお」と叫んでいると、警察が駆けつけてくる。

警察から「白線塗料を操る個性をブースト剤で強化してた」「だいぶ減りはしたがまだ市場には出回ってる」と伝えられ、車田は「アンタも気をつけろよ」「この数日で二人に狙われてるじゃねェか」「まったく闇は消えねェな」と注意するが、エンデヴァーは「だが、光もまた消えることはない」とデクたちを見て言い放つ。

夏雄が「ありがとう、えっとヒーロー名」と爆轟に聞くと、デクが「バクゴーだよね」と言うが、爆豪は「違ぇ」と返す。デクが「え!?決めたの!?」とテンションを上げるが、爆豪は「言わねーよ、てめーにだけは教えねぇ、くたばれ」と返す。エンデヴァーは「ホークス、おまえはやはり良い目を持っているようだ」と考えていた。

エンデヴァーはその後、デクらを学校へ送った。

事情を聞いた冬美が「襲われたあ!?」「大丈夫だったの!!?」と驚愕していると、夏雄が「うん」「焦凍たちがたすけてくれたよ」と答える。

エンデヴァーは「いつも同じ夢を見る」「俺だけがいない家族の夢」「彼らを本当に想うなら」と考えながら「冬美、焦凍と夏雄には既に話したのだが、おまえは母さんが安定して帰れる家をつくろうとしてくれてる」「結局、おまえに頼りきりで頑張らせてしまった」「もう大丈夫だ」「二人の交通の便を考慮した土地に新しく家を建てる」「そこでお母さんを迎えてあげてくれ」と伝えると、冬美は「お父さんは」と返し、エンデヴァーは「ここに残る」と告げていく。

<<前の話 252話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。