ヒロアカ

【ヒロアカ】248話のネタバレ【エンデヴァーの本気の指導が始まる】

ヒロアカ248話のネタバレを掲載しています。248話では、デクたちがエンデヴァーとともにパトロールに出ることで、改めてNo.1ヒーローのすごさを実感していく。デクはエンデヴァーの言葉で自分の修行の方向性をつかんでいく。ヒロアカ248話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ248話のネタバレ

人の命だ

デクが「焦りがなかったわけじゃない」「僕は15歳で個性を授かった」「皆が「この手足でどこへ行こう」と考えている時、僕は手足の動かし方を学んでいた」「OFAの制御「フルカウル」を習得して、無意識下で使えるように体に覚えさせた」「早く身につけ備えなきゃ」と考えながら当て逃げ犯を追いかける。

が、デクと爆豪が駆けつけた頃にはすでにエンデヴァーが犯人を確保していた。

轟が「爆豪、気付いてるか?」と聞くと、爆豪は「てめーが気付いて俺が気付かねーことなんてねンだよ」「何がだ、言ってみろ」と返し、轟は「あいつ、ダッシュの度に足から炎を噴射してる」「おまえ見てたか知らねぇが、九州でやってた「ジェットバーン」、恐らくアレを圧縮して推進力にしてるんだ」と伝える。轟が「同じ個性を持つ身だからこそわかる」「あれ程の熱量まで持っていくと速度とそれをコントロールする繊細さ」と考えていると、爆豪は「俺の爆破のパクリだ」「つーかてめー、今気付いたんか」と返し、轟は「ああ、全く遠回りをした」と言う。

エンデヴァーが「もう一つ言わせてもらえば、あっちは大通りだ」と飛んでいくと、キドウが「ここは任せて」「あの人が焦凍くん以外にモノ教えようとするなんてレアだから」と伝える。

デクが「そうか」「火炎放射で逃走経路を絞りながら」と気づくと、エンデヴァーは「先の九州ではホークスに役割分担してもらったが、本来ヒーローとは一人でも何でも出来る存在でなければならないのだ」「ちなみにさっきのガラスヴィランの手下も俺は気付いていたからな?」と伝える。エンデヴァーが「バクゴー、何が出来ないかを知りたいと言ったな」「確かに、良い移動速度、申し分ない、ルーキーとしてはな」「しかし、今まさに俺を追い越す事が出来ないワケだ」「冬は準備が」「間に合わなくても同じ言い訳をするのか?」「ここは授業の場ではない」「間に合わなければ落ちるのは成績じゃない」「人の命だ」と通行人をトラックから救っていく。





最高の環境

エンデヴァーが「ショート、バクゴー、とりあえず貴様ら二人には同じ課題を与えよう」と言うと、爆豪は「何で毎度こいつとセットなんだよ」と轟が「それが赫灼の習得に繋がるんだな?」と返す。エンデヴァーが「溜めて放つ、力の凝縮だ」「最大出力を瞬時に引き出す事、力を点で放出する事」「まずはどちらか一つを無意識で行えるようになるまで反復しろ」と伝え、デクが「かっちゃん、A・P・ショットと同じ要領だ」と言う。

エンデヴァーが「ショートはどちらも途上」「まずは点での放出だ」「氷の形状をある程度コントロールできていたな」「あのイメージwp炎で実践してみろ」「デク、瞬時の引き上げが出来ている状態」と言うと、デクは「はい」と答える。エンデヴァーが「意識せずとも行えるか?」と聞くと、デクは「えと、フルカウルはできます」「エアフォースはまだ使う意識が」と答え、エンデヴァーが「ならばまずはエアフォースとやらを無意識でできるように、副次的な方は一旦忘れろ」と伝える。デクが「でも、並列に考えるんじゃ」と返すと、エンデヴァーは「そもそも誰しもが日常的に並列に物事を処理している、無意識下でな」「あくびしながら車の運転をしているあの男、奴も初めから運転できたわけじゃない」「ハンドル操作、アクセル・ブレーキ、前方・後方の確認」「一つ一つ段階を踏み、それらを無意識で行えるように教習されている」「まずは無意識下で二つの事をやれるように」「それが終わればまた一つ増やしていく」「どれ程強く激しい力であろうと、礎となるのは地道な積み重ねだ」「例外はいる」「しかし、そうでない者は積み重ねるしかない」「少なくとも俺はこのやり方しか知らん」「同じ反復でも学校と現場とでは経験値が全く違ったものになる」「学校で培った物をこの最高の環境で体になじませろ」と伝えていく。

エンデヴァーが「なに、安心して失敗しろ」「貴様ら3人如きの成否、このエンデヴァーの仕事に何ら影響することはない」と言い放つと、デクは「約一年半前、僕はオールマイトからあまりに多くのものを授かった」「雄英に入学してたくさんの経験をしてきた」「目まぐるしいスピードに翻弄されそうになるけれど、僕の出せる最大速度は、一つ一つ」と考えていた。

一週間後。冬美が「あ、もしもし?」「お父さん今焦凍とお仕事してるんだって?」「お友だちも一緒らしいじゃない」「何で教えてくれないの!?」「私なんかもう聞いた瞬間、ブワーってなっちゃって」「それでさ、もう学校も始まっちゃうでしょ」「そうなると時間とるのも難しくなるし」「今日よかったら皆も連れて来てよ」「お夕飯、ふんぱつしちゃうから」と電話でエンデヴァーに伝えていく。

<<前の話 248話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。