ヒロアカ

【ヒロアカ】241話のネタバレ【A組がヒーローインタビューの練習に】

ヒロアカ241話のネタバレを掲載しています。241話では、Mt.レディの指導の元、A組一同がヒーローインタビューの練習を受けていく。そして、根津校長の口からインターンを再開させることが明かされる。ヒロアカ241話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ241話のネタバレ

メディア演習

「仮免取得から僅か30分後にプロ顔負けの活躍」「普段から仲良く訓練されてるんでしょうか!?」と取材されると、爆豪は「そう見えンなら眼科か脳外科行った方がいいぜ」と答え、轟は「仲は良いです」とチグハグなやり取りを見せる。

爆豪が「ハァ!?」「テキトーこいてんンじゃねーぞ」「いつ仲良くなったんだ、コラ」とブチギレると、轟は「仮免補講で二人一緒にいる事多かったろ」と返し、爆豪は「何だそのシステムは」「時間と親交は比例しねェンだよ」とキレる。

12月下旬。終業まであと数日。爆豪が丸々カットされたインタビュー動画を見ながら上鳴らが爆笑していく。

デクが「オールマイトから遠ざかってない?」と言うと、爆豪は「聞こえてんぞ、クソデクで玉ァ」とブチギレる。

「初々しくも頼もしい仮免ヒーローでした」「彼らには一刻も早くプロとして活動してほしいですね」「泥花市の悲劇を繰り返さない為にも」「事件から今日で9日」「たった20人の暴動、約50分程で泥花市は壊滅に追い込まれたのです」とニュースが続く。飯田が「被害規模は神野以上らしいが、地方だった為死傷者数は抑えられたようだ」と言うと、「ヒーローの失墜を狙った計画的犯行と見られていますが街の声は」とニュースで街の声が紹介される。

ヒーロー評論家が「以前ですとこういったヒーローがハメられた事件に関してはヒーローへの非難一色だったわけですが、しかしまさに今時代の節目と言いましょうか」「「非難」が「叱咤激励」への変化してきているんですよね」と語ると、お茶子が「「見ろや君」からなんか違うよね」と言い、芦戸も「エンデヴァーが頑張ったからかな」と言う。

が、そこに「楽観しないで」「良い風向きに思えるけれど裏を返せばそこにあるのは、危機に対する切迫感」「勝利を約束された者への声援は果たして勝利を願う祈りだったのでしょうか!?」「ショービズ色濃くなっていたヒーローに今、真の意味が求められている」とMt.レディとミッドナイトが現れる。

相澤が「特別講師として招いたんだ、おまえら露出も増えてきたしな」と伝えると、Mt.レディは「今日行うは「メディア演習」」「現役美麗注目株がヒーローの立ち振る舞いを享受します」と告げていく。切島が「何するかわかんねェが」「みんなぁ、プルスウルトラで乗り越えるぜ」と気合いを入れるが、想像よりも緩い演習に拍子抜けしてしまう。

轟が「凄いご活躍でしたね、ショートさん」とインタビューを受けると、轟は「何の話ですか?」とクソ真面目に返答する。

「ショートさんはどのようなヒーローを目指しているのでしょう!?」と聞かれると、轟は「俺が来て皆が安心できるような」と答える。「素晴らしい」「あなたみたいなイケメンが助けに来てくれたら私逆に心臓バクバクよ」と言うと、轟は「心臓悪いんですか」と天然な返しをする。Mt.レディが「カワイイ、ほしい」と考えながら「どのような必殺技をお持ちで?」と聞くと、轟は「穿天氷壁」「広域制圧や足止め・足場づくり等幅広く使えます」「あとはもう少し手荒な膨冷熱波」と技を披露していく。

耳郎が「あれ?B組との対抗戦で使ってたヤツは?」と聞くと、轟は「は、親父の技だ」「俺はまだあいつに及ばない」と返していく。

Mt.レディが「パーソナルなとこまで否定しないけど、安心させたいなら笑顔をつくれると良いかもね」「あなたの微笑みなんて見たら女性はイチコロよ」と伝えると、轟は「俺が笑うと死ぬ!?」と相変わらずの天然っぷりを見せる。

常闇が「技も披露するのか?インタビューでは?」と聞くと、Mt.レディは「あらら、ヤだわ雄英生」「皆があなた達のこと知ってるワケじゃありません」「必殺技は己の象徴、何が出来るのかは技で知ってもらうの」「即時チームアップ連携、ヴィラン犯罪への警鐘、命を委ねてもらう為の信頼」「ヒーローが技名を叫ぶのには大きな意味がある」と説明する。峰田が「ちょっと前までカメラ映りしか考えてなかったハズだぜ、あの女」と言うと、相澤が「Mt.レディだけじゃないよ」「今ヒーローたち皆引っ張られてるんだ、No.1ヒーローに」と伝える。

A組メンバーがメディア演習を受けていく。

爆豪が「俺ァテキトーな事ァ言わねェ、黙ってついて来い」と答えると、Mt.レディは「一人だとまだマシね」「わかった、ソリが合わないのね、人類と」と評していく。

「デクくんでしたっけ!?活躍見ました」と聞かれると、デクは「それは、良かった、良かったです」と緊張しまくりに答えていく。

「あなたの技はオールマイトリスペクトが多いように思いましたがやっぱり憧れてる?」と聞かれると、デクは「はい」と超大きな声で答える。

デクは「でも、それだけじゃダメだと思って、自分なりにオールマイトの技をカスタマイズしてみたりもしてます」「例えば、「デラウェアスマッシュ」はオールマイトのレパートリーには無い州名からつけた技名で、最近では訓練の一環をそのまま技にした」と語り出し、「ボソボソ長ェ」とツッコまれる。

ミッドナイトが「そういえば例の暴走、進展があったと聞いたけど大丈夫なの?」と聞くと、デクは「あれから三週間」「毎日イメージの構築と練習をしてきた」「消えたんじゃない、あの人は言っていた、力を使いこなせ」「先に在る力だと鍵をかけてしまっただけでそこに在るんだ」「鍵を掛けたってことは力の出し入れを選択できるってことだ」「出さないフェーズはもう過ぎた」「次は、ワン・フォー・オールの%をコントロールできたように、あの力も今の僕に扱えるだけの出力で」とピョロっと黒鞭を出してみせる。

デクが「よっしゃ」「今はピョロっとですが、コントロールの第一歩です」「ゆくゆくこれも」とテンション上げてしゃべっていくと、爆豪は「ピョロで喜んでんじゃねェ」と考えていた。

根津校長が「まだ寝てないのか」とオールマイトに声をかけると、オールマイトは「いえいえ、寝てますよ、お気遣いなさらず」と返し、根津校長は「報告があってね」「近々、インターンを再開させる」と伝えていく。

<<前の話 241話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。