ヒロアカ

【ヒロアカ】227話のネタバレ【死柄木の崩壊も覚醒!?】

ヒロアカ227話のネタバレを掲載しています。227話では、寝不足で体に異常が起こる死柄木だったが、崩壊が触れていない相手にも伝播するという個性の覚醒が起こっていく。荼毘の前に氷の異能使いの解放戦士が遅いかかる。ヒロアカ227話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ227話のネタバレ

本気

トガが「力が入らない」「手が上がらない」「血が抜けてく、色が消えてく」「こういう感覚だったのね」「また、近付くね」と考えながら物置きに身を隠し眠っていく。

リ・デストロが「渡我被身子の世界には他者がいない」「そんな彼女を異常だ、ヴィランだと人は言う」「彼女がそうなったのは誰の所為だ」「おかしな話だよ、いつまでも古い型に当て嵌めて」「型ズレした者を排斥するんだ」「人には最早型などないのに」「キュリオスは彼女を通して伝えたかったのだ、真実を」と言うと、近属が「あんな前線に出なくてもよかったのに」「キュリオスは貴重な人材だ」と現れる。

リ・デストロが「キュリオスだけではない」「戦士一人一人が未来を想いその身をながうっている」「人は、斯くも尊い」と涙を流すと、近属が「まァ、キュリオスの映像は使えませんね」「主旨にそぐわない」「どのみちトガは、悲劇のヒロイン枠なんで使わないんですが」と言う。義爛が「映像?」と言うと、近属が「なんだ?わからないのか?」「それは質問か、教えてほしいのか?」「ならなぜ「どういう事ですか?」と言い切らない?プライドか?」「おまえは1と聞いたら「1ィ?」とオウム返しするタイプだ」「連想ができない想像がつかない、ニューロンがつながってないんだ」「1から10まで言われなきゃ把握できないくせいに楽しようとするな」「町中の監視カメラが戦いを録画している」「ヒーロー不在の町をヴィランの魔の手から守る市民など、いくらでも使い方が想像できるだろう」と伝えていく。

義爛が「本気で変わると思ってんのか?」「おまえら狂ってるよ」と言うと、リ・デストロは「我々以外が狂っているのだ」「君はやはり少し想像が足りないようだ」「本気でなければ他人の心など動かせないのだよ」と言い放つ。



眠い

スピナーが「起床まであとどんくらいだ!?」と聞くと、コンプレスは「1時間20分」と答える。

スピナーが「倒しても倒しても湧いて来やがる」と言うと、荼毘が「おまえ一人も倒してねェだろ」とツッコミ、トゥワイスは「トガちゃんがいねェ、どこ行った」と慌てていく。

花畑が「皆さん、大変悲しいお知らせがございます」「キュリオス氏が倒れました」「彼女は解放にその身を捧げたのであります」と選挙カーに乗りながら話していく。

解放戦士が「最高指導者はなんと!?」と聞くと、花畑は「無駄にするな」と伝え、解放戦士たちは士気を高め死柄木に襲いかかっていく。

死柄木は「眠い」「眠いとアレだなぁ、動いてないモンが動いて見えたり、聞こえない音が聞こえたり、不必要な情報が押し寄せてくる感覚」「体がバグってるのがよくわかる」と感じていた。

死柄木は「なんだ?」「またフラュシュバックだ」「何だっけ?」「記憶に無いのに、感情だけは憶えてる」「この時、胸のすく思いがしたんだ」「あァ、何でだっけ」「見せるなら全部見せてくれよ」「まるで壊れたレコーダーだ」「あァもう」「最高に気分が悪い」と幼少期を思い出しながら崩壊で解放戦士たちを一網打尽にしていく。

スピナーは「見間違いか?」「今、触れてない人間にまで崩壊が伝播してなかったか!?」と感じていた。

荼毘が「リーダーがやってんなら俺もいいよな」「元より殺さず温存なんざ向いて」と言うと、氷の異能使いが襲いかかってくる。

<<前の話 227話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。