ヒロアカ

【ヒロアカ】215話のネタバレ【対抗戦第5セットが佳境に】

ヒロアカ215話のネタバレを掲載しています。215話では、物間がお茶子に捕まり牢に入れられるが、捕まる前にデクにとあることを仕掛けていたことを明かしていく。対抗戦最終セットである第5セットも、いよいよ佳境を迎えていく。ヒロアカ215話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ215話のネタバレ

脇役なりの最後っ屁

デクは「力に対する恐怖はもうなかった」「この力は味方」「オールマイトに言ってもらえた言葉、オールマイトと過ごした海浜公園」「心を制する事」「僕の原点」「思い出すだけでいつだって、何でも出来る気がしてくるんだ」と黒鞭を発現させていく。

ブラドキングが「出たぞ、黒いの」と言うが、オールマイトは「待って」と止める。相澤が「何故です」と聞くと、オールマイトは「さっきと明らかに違う」「麗日少女の個性に頼ったのは恐らく力に集中する為だ」「この数分の間に何があった、少年」とデクの変化を感じ取っていた。

心操が「っトに、何だよおまえは」「さっきの大暴れはブラフかよ、オレの気持ちを返してほしいね」と告げると、デクは痛みを感じ黒鞭が消えていく。

デクが「一瞬で消える」「内側から痺れるような痛み」「伸びた個性に身体が伴ってないんだ」「瞬間最大出力20%で扱える力じゃない、体感でわかる」「この力はもっと先に在る力だ」「完全にワン・フォー・オールを扱えるようになって初めて使える力」「心操くんが逃げる」「かと言ってブレが出やすいエア・フォースでまた暴発するのは渋い」「8%」と考えていると、心操は逃げながらも「この状況じゃ洗脳にはもう掛からない」「距離を取らなきゃ、物間すまない」「おまえがせかっく隙をつくってくれたのに」「このまま終わらせはしない」と考えていく。

お茶子が物間を連行しながら「戦い始めてからそろそろ5分経過する頃、物間くんのコピーは5分間」と言うと、物間が「5分の振りして実は10分間に延びててさ」「急襲しかけられたら君一人で僕に勝てるの?」と聞くと、お茶子は拳を握り返していく。

物間が「心操くんの洗脳も警戒済み」「ちゃっかりしてるよ」「ちなみに僕のコピー数は知ってるの?」と聞くと、お茶子は「柳さんの「ポルターガイスト」」「小大さんの「サイズ」は確定」「残りは戦法的に心操くん」と考えながら指で3と答えていく。

物間は「3つか」「ハハハ、時計が3つだから3つコピーだと?」「3つの振りして実は4つに伸びてたら、どうするの?」「コピーできる個性にも色々あってね」「僕、同時発動はできないんだけど効果が残るものもあるんだ」「人体に直接影響するもの以外は割と残るんだよ」「例えば、小大さんのサイズ」「ナットを大きくしてから他の個性を発動してもナットは大きいままなんだ」「ハハハハ、意味わかんないかな!?」「ファイヤーってことなんだけど」「脇役なりの最後っ屁」と伝えながら牢に入れられる。





絶対勝つから

物間の話を聞いたお茶子は「デクくんに何かした!?」「けど」とデクの元に急いでいく。

心操は「まともにやり合っては勝てない」「なら俺の得意に持ち込む」と考えていた。

観戦していた鱗が「心操、柳たちんとこに向かってる」「緑谷を巻き込む気だ」と言うと、宍田は「乱戦時における心操氏の圧は、鎖のように場を縛る」と言う。

デクがスピードを上げ心操を捕まえようとするが、ツインインパクトが発動し隙が生まれる。

心操は「あの時、瞬時に庄田の個性を」「物間」と考え、捕まった物間は「ツインインパクト、衝撃を与えた場所にもう一度更に強い衝撃を与える」「心操くん、先に捕まってごめんね」「隙できたかなァ」と呟いていく。

峰田が「慣れてしまえば捉え易い」「人は動ける恵体と僕を呼ぶ」と庄田に止められる。

柳が「よっしゃ、一人捕まえればあとは楽だ」とポルターガイストで攻撃する。

デクが「忘れるな」「常に、心に、原点を」と心操に突っ込んでいくと、心操は捕縛布で反撃するがデクは布の掴んでいく。

デクは「心操くんの懐に潜る」「麗日さんは物間くんを」「その後は二人の下へ」「僕の事は気にしないで、大丈夫」「絶対勝つから」と伝えており、お茶子は峰田たちのサポートに向かっていた。

<<前の話 215話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。