ヒロアカ

【ヒロアカ】211話のネタバレ【デクの新たな個性が暴走を始める】

ヒロアカ211話のネタバレを掲載しています。211話では、デクに発現した新たな個性が暴走を始めていく。訓練どころではなくなったことでお茶子が心操に助けを求めていく。ヒロアカ211話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ211話のネタバレ

暴走

物間が「よく言われたよ、「その個性じゃスーパーヒーローにはなれないね」って」「一人では何も出来ない」「そんなヒーローがいてたまるかってさ」と言うと、心操は「何の話?」と聞いていく。

物間が「出来ない事を知ってるって話さ」「僕は本当に君を気に入ってるンだぜ」「清濁併せ呑まなきゃあ生き残れない、同じタイプだ」と伝えると、心操は「やだな」と返していく。物間が「でも事実さ」「体育祭で緑谷くんを洗脳した時、どうやって口を開かせたの?」と聞くと、心操は「どんな奴か知らなかったから、クラスメイトを貶した」と答え、物間は「僕らはヒーローになる為にヒーローらしからぬ立ち回りをしなきゃならない」「でなきゃ何でも出来る力には敵わない」「憧れとは似ても似つかない」「こんな感覚ない?」「幼い頃に描いた夢や希望が段々重荷になっていく、まるで呪いのように」と伝えていた。

デクが黒い鞭に苦しめられていた。

物間が「まーた知らない力か、嫌になる」と言うが、デクは「何で、何だよ、これ」「さっきまで何ともなかったのに」「逃げて」と伝え力が暴走していく。

デクが心操に「逃げて」「力が、抑えられない」「溢れる」と伝えていく。





止まれ、ワン・フォー・オール

デクから出る黒鞭が暴走し峰田たちにも襲いかかる。

異変に気づいたオールマイトが「相澤くん、ブラド」「止めた方がいい、おかしいぞ」と伝えていく。

デクが「何だよこれ」「何だよ、痛い」「痛い、痛い、何で」「オールマイトから譲渡してもらえて、大怪我しながらわかんないことだらけで、それでもようやくモノになってきて、これからだってのに」「もう、誰にも心配させたくないのに」「止まれ、ワン・フォー・オール」と力を抑え込もうとしていくと、お茶子がデクの元に駆けつけ「心操くん」と叫んでいく。

<<前の話 211話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。