ヒロアカ

【ヒロアカ】210話のネタバレ【突如デクに異変が!?】

ヒロアカ210話のネタバレを掲載しています。210話では、デクが物間に捕まり、その隙に他のメンバーがB組の連携に襲われていく。デクがデラウェアスマッシュを放とうとするが、突如異変が生じていく!?ヒロアカ210話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ210話のネタバレ

デクVS物間

オールマイトが電話越しに「早速のご連絡ありがとうございます」「ですが今授業中でして」と言うが、グラントリノはお構いましに「ワン・フォー・オールの夢にゆいて志村が何か話していたか」「聞かれてから思い出したんだがよ」「何ぶん老人の古い記憶だ、期待せずに聞け」と伝えていく。

デクが「会敵したら下手に会話を交わせない」「先に全員の位置を捕捉して有利に立ち回る」「ワン・フォー・オールの事も不安が全て消えたわけじゃない」「心操くんの洗脳には絶対かからないように」と考えながら先行していく。

飯田が「緑谷くん達のフォーメーション、第4セットの爆豪くんたちと似てるな」と言うと、瀬呂が「バランスも似てるからなー」ただ、「索敵係がいない分、俺らよりも慎重に動かないとすぐやられそう」と言い、耳郎も「そうだね、さっきみたいに誘い出して位置特定するンなら、緑谷が爆豪以上の働きをしなきゃだね」と言う。

デクが「まず僕が目立つことで標的になる」「一番スピードのある僕をB組は無視できないハズ」「B組に攻撃させて全員の居場所を割り出してから麗日さんたちと連携して捕らえる」「柳さんの、来た」と柳の個性を誘い出していくと、お茶子の悲鳴が聞こえてくる。

物間が現れ「あれ?見つかっちゃったか」「爆豪くんの活躍を見た後で、君を警戒しないわけがない」「君みたいに、動けて強い人間を警戒する」「クレバーな人間はそう考える」「その一方でクレバーな人間はこうも考える」「「さっきの彼の強さは他の3人によって引き出された」と、「先に潰すべきは3人だ」と」「わざわざ目立って居場所を教えてくれたね」「僕の仲間が今、早速3人を見つけたようだ」「3対4だぜ?」「大丈夫かな?心操くんもいる、密なコミュニケーションは取れない」「君はすぐにでも彼らの元へ駆けつけなきゃあ」「いや待て!?仮に今の「キャア」が「心操くんの声」だったら!?」「まだバレてない3人の居場所を君が教えることになってしまうぞ!?」「ハハハ、困ったな」「仲間の方を見向きもしないなんて、薄情だな」「心操くんとこんな話をしたよ」「恵まれた人間が世の中をブチ壊す」「彼の友人なら教えてよ、爆豪くんさ」「何故彼は平然と笑ってられるんだ?」「平和の象徴を終わらせた張本人がさァ」と煽っていくと、デクはデラウェアスマッシュを構えていく。





まだその時ではない

数秒前、「今の心操だ、近かったぞ」「あの気怠い顔で「キャア」っつってるとこ見たい」と峰田たちが話していた。

峰田が「なんかくっついた」とグレープに何かが付着したことを伝えていく。

芦戸が柳のポルターガイストをアシッドベールで防いでいく。

小大のサイズで小さくされた飛来物が突如大きくなり芦戸に襲いかかる。

お茶子が触れて飛来物を止めていく。

庄田が「ツインインパクト、ファイア」と言うと一度止まった飛来物が再び飛んでいく。

柳レイ子、個性「ポルターガイスト」。身近にあるものを操ることができる。しかし、動かせるのはヒト一人分ほどの重量。

小大唯、個性「サイズ」。触れたものの大きさを変えてしまう。生物には適用されない。

庄田二連撃、個性「ツインインパクト」。打撃を与えた箇所に任意のタイミングでもう一度打撃を発生させられる。二度目の打撃は数倍の威力になる。

お茶子が「びっくりした、今での場所バレたかも」「デクくんは」と言う。

グラントリノが「残念だがおまえがほしいような情報じゃねえ」と言うと、オールマイトは「お師匠は何と?」と返し、グラントリノは「あいつがOFAを受け継いですぐの頃だったと思う」「いつものように二人でパトロールしていた、軽い会話だ」と答えていく。

デクに突如異変が起こっていく。

<<前の話 210話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。