ヒロアカ

【ヒロアカ】208話のネタバレ【第4セットをA組が圧倒的勝利を収める】

ヒロアカ208話のネタバレを掲載しています。208話では、A組が爆豪を中心に隙のない完璧なチームワークを見せていく。あっという間にB組を撃破していき、爆豪チームが完全勝利を収める。ヒロアカ208話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ208話のネタバレ

勝負は必ず完全勝利

爆豪が鎌切を爆破で迎撃していく。

耳郎は「それとだ」「てめェらが危ねェ時は俺が助ける、で」という爆豪の言葉を思い出していた。

爆豪は「防いだかよ」「虫は反射が速えー、なァ!?」と鎌切を追撃していく。

鎌切は「爆豪とは正面でやりあわずすぐ退く、だな!?」と爆豪から逃げていく。

観戦していた物間が「あっれぇ、僕の目が変なのかなァ?」「彼耳郎さんを庇ったように見えたなァ」と言うと、上鳴が「庇ってたな、足蹴で」「物間、大丈夫だ」「あいつは意外とそういう奴だ」と伝えていく。物間が「キャラを変えたっていうのか」と叫ぶと、切島が「うんまァ、身を挺すようなわかりやしーのは、確かに初めて見るかもな」と伝えていく。

耳郎が「ありがとー」と伝えると、爆豪は「うるせェ、逃げたぞ、探せ」「授業だろーが何だろーが関係ねェーんだよ」「決めてンだよ、俺ァ」「勝負は必ず完全勝利」「4ー0無傷」「これが、本当に強ェ奴の勝利だろ」と言い放つ。





完璧なチーム

取蔭は「まともに闘ったら絶対勝てない」「だから、捕え損なったら退こう」「何度も何度も待ち伏せるの」「優位を保ち続ける」「向こうは十中八九爆豪の行動・命令に他が合わせるワンマンチーム」「ストレス与えて爆豪のミスを誘発できれば向こうは後手後手のグダグダチームになり下がる」と事前に伝えていた。

耳郎が「うっさ、全体的に遠ざかってるよ」「邪魔されて捉え辛いけど、でも数減ってる」「集中すれば聞き分けられそ」と伝えると、爆豪は「仕切り直す気か、クソが」「なめやがって、行くぞ」と向かっていく。

爆豪が突っ込んでいくと、泡瀬が潜んでおり早業着工 ウェルドクラフトで溶接されていく。

瀬呂が「把握されすぎー」「やっぱ取蔭のやつか!?」「目見つけねーと」とテープを飛ばしていくが、泡瀬は「こんなごちゃついたとことでテープが当たるかよ」と簡単に躱していく。

佐藤のシュガーラッシュで爆豪の溶接をはがしていく。

爆豪が泡瀬を追うと、泡瀬は「次は顔面鉄骨に溶接てやる」と応じようとするが、爆豪は「任せるぞ」と先を急ぐ。爆豪は「俺が危ねェ時は、てめェらが俺を助けろ」と事前に伝えており、瀬呂と耳郎が泡瀬に対応していく。

爆豪が「やっとあったまってきた」と凡戸を爆破で攻撃し、泡瀬と共に確保していく。

取蔭は「爆豪が独断先行、他がそのフォロー」「そこに生じる僅かなラグ」「小さな隙をネチネチ拡げて崩壊させるハズ、だったのに」「何だこの完璧なチーム」と焦っていた。

瀬呂が「俺らの知る取蔭のしっぽ切り」「体を50に分割し意のままに動かす」「離れたパーツは一定時間で動かなくなり、欠けた部分が再生される」「で、こっから推測」「再生も無尽蔵ってわけじゃないと思うのよ」「八百万もそうじゃん?」「疲れちゃったら集中力も落ちるじゃん」「音出す為に目いっぱい分割してると思うんだけど、それって仕切り直しと相性悪いじゃん」と分析していると、爆豪がエクスカタパルトで鎌切を撃破していく。

瀬呂の「パーツのいくつかは本体に戻して時間リセットしてんじゃね?」「音数減ってんのはそういう事じゃねえ?」という分析通り取蔭はパーツの一部を本体に戻しており、それには爆豪が事前に渡していた小型の爆弾が付けられていた。

取蔭が爆弾を躱した隙に爆豪がゼロ距離スタン・グレネードを放ち、取蔭を気絶させていく。

<<前の話 208話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。