ヒロアカ

【ヒロアカ】206話のネタバレ【B組推薦入学者取蔭切奈が登場】

ヒロアカ206話のネタバレを掲載しています。206話では、対抗戦3セット目が角取の機転で引き分けに終わる。第4セット目はB組推薦入学者の一人である取蔭切奈が登場していく。ヒロアカ206話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ206話のネタバレ

引き分け

「一気に4名ダウン」「しかしまだ、牢に入るまではリタイアにはならないぞ」「どうなる」と実況されていく。

飯田は「痛っ」「左の手足が」「重い」「片足だけじゃパワーが足りん」「轟くん」「すまない、俺がもう一足、もう一足早く駆けつけられていれば」と考えていた。

ブラドキングが「飯田、意識はあるが動けないかー!?」「地味に回原の暴れが効いたと見ている、俺は」「投獄直前まで抵抗し、彼の足止めに尽力していた」「いいぞ回原、おまえがMVPだ、回原」と相変わらずの偏向実況をしていく。

芦戸が「でもでもォ、このまま皆ダウンしてたら1ー0でA組リードのままだよー」と煽ると、物間が「派手な方に気を取られて見てないんだ!?」「鉄哲たちが熱戦繰り広げてる間に、形勢は変化してるのさ」と障子と角取の戦いに意識を向けさせる。

芦戸が「障子とポニーちゃん」「尾白にグルグルされてそのままじゃなかったっけ!?」「尾白は!?」と言うと、尾白たちは骨抜の柔化に捕らえられていた。

骨抜が「這い出ようともがけば拘束がゆるくなる」と考えていると、尾白が尾拳・沼田打旋風で障子を拘束から抜け出させる。

骨抜が「弾かれただけでこの威力!?」と感じていると、角取は「先、行ってて下サイ、骨抜さん」と尾白の尾に角を突き刺していく。

角取が「緩まなくて大丈ブね」「このまま、4本パワーで牢まで直行でーす」と4本の角を刺して尾白を牢に運んでいく。

ブラドキングが「どんな状況でも投獄されるまでリタイアにはならない」「だが、どんな状況でも投獄されればリタイアだ」「拘束は解かねばならない」「状況は1ー1」と実況していく。

角取が「4人ダウン」「回原さんは!?捕まった!?だとしたら1ー1ね!?」「障子さんに拾われたらダメでーす」と状況を理解しようとしていく。

角取が「でもどうしよ!?」「操作角4本全部フリーで障子さんに勝ててないのに、攻撃に回せなきゃもっと勝てまセン」「轟さんプリズンできればリードだけど、3人持ったままでは遅くて牢に辿り着く前に捕まりマス」「私負けたら負け」「それなら、絶対届かない高さから機を窺うのデース」「勝てずとも絶対に負けはしない」と仲間たちを宙に浮かせていく。

20分が経過し第3セットが終了となり、1ー1の引き分けに終わっていく。



第4セットスタート

上鳴が「煮え切らねェ〜ズリィ」と悔しがると、宍田が「本番をふまえれば逃げて救援待ちは理に適った行動ですぞ」と伝えていく。

お茶子が「飯田くん、悔しいな」と言うと、デクは「でも、かっこよかった」と伝えていく。

轟が保健室で目を覚ます。

鉄哲が「轟、試合は引き分けだったが俺は負けたと思ってる」「ヤベェ熱さだった、また闘ろうぜ」と伝え保健室を出ていく。

飯田が「俺がもっと速ければ勝てた内容だった」「俺はまだまだ遅い」「骨抜くんの柔軟なスタイルに対応できなかった」と言うと、轟は「助けてくれただろ、朧げに覚えてる」と返していく。轟が「まず氷結で先手を取るのが癖になってる」「いや、体に染みついてる」と考えながら「おまえは速いよ、俺が遅いだけだ」「俺が遅いから心配かけさせちまった」「安心させられるようなヒーローになんなきゃな」と伝えると、飯田が「いや、君が頼りない等は決して、痛」「俺はいつでも誰の元へでも駆けつけるんだ」「インゲニウムを継ぐ者の信念だ」と返していく。

そこに、骨抜が顔を出し「炎の件とかレシプロとか正直俺も課題残ったままなんで、また相手してくれない?」と顔を出し、轟と飯田が「もちろん」と答えていく。

そして、第4セットが始まっていく。

物間が「あああ後がないよ」「AB互いに1勝ずつ」「負けか引き分けになれば勝てないよもう」「あー、僕この第4セット楽しみだったんだよねぇぇ」「なんたってあの取蔭がいるからねえ〜」「ねえ爆豪くん」「取蔭切奈、B組もう一人の推薦入学者」「彼女はとってもやらしいぞ」と言い放ち、爆豪は「見てろや、クソデク」と不敵な笑みを浮かべていく。

<<前の話 206話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。