ヒロアカ

【ヒロアカ】203話のネタバレ【飯田が新技「レシプロターボ」を発動】

ヒロアカ203話のネタバレを掲載しています。203話では、轟の氷結範囲攻撃でB組を攻めていくが、骨抜の柔化によって連携が絶たれ追い込まれていく。骨抜に身動きを封じられた飯田だったが、新技「レシプロターボ」で危機を打破していく!?ヒロアカ203話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ203話のネタバレ

柔軟

エンデヴァーのサイドキックが「チームアップの依頼と取材が立て込んでます」「いつも通りでいいですか?」と聞くと、エンデヴァーは「ああ、チームアップはリスト化しておけ」と答えていく。

エンデヴァーは「冬美の協力もあって遂に、遂に焦凍のアカウントを登録できた」「おまえに今一度伝えたい事があるのだ」「既読スルーするな、焦凍よ」「あの時とは違うのだ」「お前の意志を蔑ろにしていた」「なりたい己を目指し、歩み始めている今だからこそ父らしく、あの技を」「だから、既読スルーをやめろ焦凍」「焦凍ォオオオ」と叫んでいく。

焦凍がくしゃみをしていく。

角取が「鉄哲くん、相手が馬鹿ショージキに来テくれるハズナイデショ」「トラップと思うヨ」と言うが、骨抜は「いや、俺が向こうなら行くね」「障子で状況把握、轟を軸に攻めるのが一番強い」「一かたまりでこんな開けたとこいたら」と告げていくと、焦凍の氷結攻撃が飛んでくる。

峰田が「相変わらずぶっぱが強え、ズルイ」と言うと、お茶子は「でも、視界遮っちゃう氷塊じゃないよ、改良しとる」と言う。

飯田が「骨抜くんが地を柔化させていようとも、氷結で覆ってしまえば関係あるまい」「動きが鈍ったところを一網打尽だ」とレシプロバーストで突っ込んでいく。

骨抜は「氷結ぶっぱは安い手じゃん」「もっと非情に火攻めで来られたら打つ手なかったのに」と氷結を柔化させていく。

骨抜柔造、個性「柔化」。触れたものを柔らかくしてしまう。生物には効果なし。もう一度触れると解除。B組推薦枠の一人。



ずっとフルスロットルだ

尾白が「氷結で身動き取れなくなる前に発動した」「超反応じゃん」「一旦退」と退こうとするが、柔化した足場を踏んでしまい見つかってしまう。

回原旋、個性「旋回」。体中どこでもドリルのように回転する。回原が「尾白は俺が相手する」と向かっていく。

飯田が尾白を助けに行こうとするが、「踏みしめる土台あってこその脚力」「氷の下の地面も柔いぜ」「あんたはとても面倒だ、沈めて固めて放っとく」と骨抜に地面を柔化させられ身動きを封じられてしまう。

角取が「捜索役の障子クンは安全圏にいるとノケンカーイです」「そう、例えば轟クンのバックとカネ」と焦凍の背後にいる障子に角を飛ばして攻撃していく。

「これは、存外力強い」と障子が吹っ飛ばされていくと、氷の壁を破って鉄哲が突っ込んでくる。

切島が「鉄哲のヤロー、俺の反省点速攻クリアしやがった」と言うが、上鳴は「いや、考えてないっしょそこまで」「骨抜が流れつくったよ」と伝えていく。

骨抜が「レシプロって時限だろ?開幕使用は良くなくね?」「じゃ、俺鉄哲の加勢行くから」と言うが、飯田は「時限?いつの話だ、マッドマン」「インゲニウムはいつでもどこへでも駆けつける」「その為の脚」「俺はもうずっとフルスロットルだ」とニュースタイル「レシプロターボ」を発動していく。

<<前の話 203話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。